水滸伝 十三 白虎の章

歴史・時代10位

水滸伝 十三 白虎の章

作者名 :
通常価格 463円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

官は十万以上の兵で、梁山泊への進攻を開始した。流花寨(りゅうかさい)には趙安(ちょうあん)の軍が押し寄せ、呼延灼(こえんしゃく)、関勝(かんしょう)、穆弘(ぼくこう)がそれを迎え撃つ。呉用(ごよう)は流花寨の防衛に執心するが、官の狙いは別の所にあった。董万(とうまん)の大軍が息を潜め、急襲の秋(とき)を待っている。一方、孔明(こうめい)と童猛(どうもう)は官の造船所の襲撃を計画した。強固な防備の中、百名の寡兵で潜入を試みる。そして、ついに董万が疾風の如く動き出した。北方水滸、決死の十三巻。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
400ページ
電子版発売日
2011年08月26日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2018年10月15日

やはりこの巻でも、主要人物がどんどん戦死していく。もう「太陽に吠えろ」の殉職シーンを総集編で観ているよう。しかし朱仝の凄絶な死に様を、呉用へ「死んでからまだ数刻、生きて戦った」と林沖がしつこく主張するシーンは、なんとなく心ゆさぶられる。これこそ北方水滸伝。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月20日

二人の将校の死に不覚にも涙をした。
それだけ、入り込んでいた。

かなり、良い戦いをしたと思われる宋軍の将軍に対しても、”勝とうとしていない”として評価はいまいち。難しいものだし、世の中の物事の見方・評価の仕方として学ぶべきものが多くあった。何か、恐怖も感じた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月08日

原点の水滸伝と比べて、大幅な改訂が加えられているそうですが、原点を読んでいない俺にとってはどうでもええ事やな。
原点ら読んでなくても充分楽しめる!めちゃめちゃおもろい!!
原点では妖術とかの要素もあるらしいんやけど、北方版ではそれも省かれたあた。
俺は小説でそんな魔法とかファンタジー的な要素が入った...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年08月16日

まずは恒例の各章のサブタイトルとその星が表す豪傑の名前の列挙からです。

天剣の星: 立地太歳・阮小二
地祐の星: 賽仁貴・郭盛
地僻の星: 打虎将・李忠
地飛の星: 八臂哪吒・項充
地退の星: 翻江蜃・童猛

前巻の Review で KiKi は

お互いの「譲れないもの」と「国家のありようはこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月13日

前半の梁山泊と青蓮寺(宋)の本気の戦いがかなり読みごたえがあります。梁山泊が力を削られながらもじわじわと盛り返して大きくなろうとしている一方、青蓮寺のメンバーも頼もしい人員を増やし頭を使いに使って梁山泊を潰しにきている、双頭山攻めはそんな戦でした。戦があれば、また死んでいく人がいる。朱仝が、双頭山を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています