澤田瞳子の一覧

「澤田瞳子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/12/04更新

ユーザーレビュー

  • 火定
    舞台が奈良時代の都なので、正倉院宝物や平城京の様子を思い浮かべながら読むのが楽しい。コロナの時代を予見していたかのような物語で、面白かった。
    それにしても、マンガや小説だと光明皇后のことが全くよく描かれてなくてびっくり。
  • 火定
    本作を敢えて一言で言えば「奈良時代を背景にした“時代モノ”の小説」ということにしかならないと思う。が、その「一言」に収まらないような、「憑かれる」かのように嵌ってしまうような側面も在る。
    余り経験も無いことであるが、本作に関しては「憑かれる」かのように夢中で読み進め、ふと顔を上げて、作中で展開してい...続きを読む
  • 日輪の賦
    「7世紀の終わり頃から8世紀に切り替わるような頃」というのは、日本史では「持統天皇から文武天皇の時代」というようなことになる。現在の奈良市に在った平城京に遷都する前の、現在の橿原市に在った藤原京、読んだばかりの小説では推定される当時の呼称の新益京(あらましのみやこ)が築かれて日が浅い頃のことである。...続きを読む
  • 龍華記【電子特典付き】
    「興福寺」と言えば、現在でもよく知られている奈良の有名な寺だ。近鉄奈良駅に程近く、奈良を訪れる多くの人達が立ち寄る場所だ。
    本作は、<源平合戦>という情勢へ踏み込んで行くような時代を背景とし、興福寺の僧が主人公となっている物語だ。
    奈良に関して、作中の時代には寧ろ「南都」と呼ばれていた。この南都には...続きを読む
  • 孤鷹(こよう)の天 上
    (Yodobashi.com電子書籍版)
    基本的な歴史を知っているので若干つらいものはあるが、途中からはぐいぐい引き込まれた。さて、下巻は?