遠藤功の一覧

「遠藤功」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/12/02更新

ユーザーレビュー

  • 現場論―「非凡な現場」をつくる論理と実践
     いままでモヤモヤしていた現場の問題が言語化されていて、なるほど!と手を打った。

     現場には二つの主体がある。

    ①業務遂行主体
    ②人材育成主体

     しかし、①と②にはリスクがある。
     
     ①の業務遂行主体には刹那的な達成感というリスクがある。
     たいていの現場は本当に毎日同じ仕事の繰り返しではな...続きを読む
  • ガリガリ君の秘密 赤城乳業・躍進を支える「言える化」
    抜群に面白かったです。根強い人気でロングセラーとなった「ガリガリ君」で有名な赤城乳業成長の秘密を紐解くノンフィクションのビジネス書。著書は『見える化』で知られるベテランの経営コンサルタント遠藤功さん。その遠藤さんが、赤城乳業の前社長・井上秀樹さんの言葉「言える化」にこそ同社躍進の核心と考え、タイトル...続きを読む
  • ビジネス新・教養講座 企業経営の教科書
    経営のフレームワークや最近の経営のトピックスに関して網羅的、シンプル、そしてわかりやすく書かれている。まさに名前の通り教科書、参考書的に使える書籍。一方で所々に現場力が企業の競争力の源泉であるとの著者の思想も垣間見れて、同様の信念をもつ自分としては、読みやすく納得感があった。
    経営に関して調べものを...続きを読む
  • 現場力の教科書
    私は「現場支援をする事務方」だけど、どの様に支援するか考える時に、現場を想像する力も必要だし、何なら支援するという行為だってどんどん変わらなきゃいけない。私だってある意味現場にいるのだと思って読み進めてみた所、よい刺激を受けた。業務に活かしたい。
  • 生きている会社、死んでいる会社―「創造的新陳代謝」を生み出す10の基本原則
    企業を生き物と捉えてみると、実態をつかみやすい。自らの個性を生かして、社会に影響を与えている生き物は、新陳代謝を繰り返し生存し続ける。
    生きている会社は、創造性を発揮しつつ、健全な新陳代謝を繰り返し行っているのである。
    生きている会社の素晴らしい実例を紹介しつつ、変化の激しい時代の会社のあるべき姿を...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!