生きている会社、死んでいる会社―「創造的新陳代謝」を生み出す10の基本原則
  • 値引き

生きている会社、死んでいる会社―「創造的新陳代謝」を生み出す10の基本原則

作者名 :
値引き価格 1,188円 (1,080円+税) 4月30日まで
通常価格 1,980円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【ついに出た!累計30万部の大ベストセラー『現場力を鍛える』『見える化』の遠藤功氏、「経営コンサルタント30年の集大成」が1冊に!】
【読めば「働き方」が変わる!全く「新しい組織論」が、「渾身の書き下ろし」でついに登場! 】
【こんな本が欲しかった!「会社&組織研究の全エッセンス」が1冊に凝縮!】
【ビジネスパーソンなら、誰が読んでも面白い!「働く会社」が違って見える!「自分自身の働き方」も「人との接し方」も劇的に変わる!】

★「30年の経営コンサルタントの結論」として、最も書きたかったことは何だったのか?
★「見た目の数字」や「業績」よりも「組織が生きていること」が重要な理由とは?
★アマゾン、アップル、フェイスブック、トヨタ、マザーハウス……世界中で「生きている会社」は、どんな工夫をしているのか?
★「組織の熱」「仕事のやりがい」はどう作り出せばいいか?
★組織を「新陳代謝」する秘訣は何なのか?「デーワン(1日目)」の活力を保つ方法は?
★具体的に、「何を」「どう」すればいいのか?
★まずやるべき「10の基本原則」は?

【本書の5大特色】
【1】代謝なくして創造なし!「創造的新陳代謝」を初めて完全体系化
【2】「事業」「業務」「組織」「人」4つを新陳代謝する秘訣がわかる
【3】「生きている会社」の条件?「熱+理+情=利」の高め方を紹介
【4】実践すべき「10の基本原則」をわかりすく具体的に解説
【5】課長、部長、経営者?それぞれ「何をすべきか」を徹底解説

経営コンサルタント30年の「知識」と「実例」を完全公開!
「企業の実践例」も具体的に、わかりやすく紹介!

この1冊を読んで、「人」と「組織」、そして「働き方」を劇的に変えよう!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
東洋経済新報社
ページ数
394ページ
電子版発売日
2018年02月23日
紙の本の発売
2018年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

生きている会社、死んでいる会社―「創造的新陳代謝」を生み出す10の基本原則 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月06日

    企業を生き物と捉えてみると、実態をつかみやすい。自らの個性を生かして、社会に影響を与えている生き物は、新陳代謝を繰り返し生存し続ける。
    生きている会社は、創造性を発揮しつつ、健全な新陳代謝を繰り返し行っているのである。
    生きている会社の素晴らしい実例を紹介しつつ、変化の激しい時代の会社のあるべき姿を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月14日

    耳が痛い表現がたくさん。新陳代謝をどのように動かし、生かしつづけるか。当たり前のことばかりではあるが、凡事徹底。非凡なレベルまで高めることの大切さを改めて知った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月03日

    下っ端社員が読む本かどうかは置いといて、良い。 『会社はいらないものだらけだ。常に身軽でいるように全員が心がけなければならない。』

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月23日

    当たり前のことをきっちりまとめてくれている。代謝のためには、やめることが大事、という、なかなか自分の職場で実施できない点を明快に言われると、さて、どうするか、という思いに捉われるが、できるところから進めていくしかないな。ただ、やはり経営者がしっかり意識してくれないとスピード感という観点ではどうしても...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月14日

    会社という組織で働いている大人なら、当たり前に気づいている、「こんな組織はだめだ」という内容が「死んでいる」という例えで、わかりやすくはっきりと書かれている。
    この本にある「生きている会社」はほとんど見たことがないが、「死んでいる会社」は取引先や現在、過去在籍していた会社含め、多数心当たりがある。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月04日

    会社の最大の敵は、「安住」・「傲慢」という老廃物が溜まること
    安住…現状維持でいい・あえてリスクに挑戦しなくても、なんとかなる…
    傲慢…うちの会社が潰れるはずがないという慢心と驕り

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月12日

    今までは古いものを捨てずに事業の幅を広げてこれた。
    しかし今現在、すでに現場が収拾つかないくらい混乱している。
    まずは整理して捨てないと!
    捨てることで「事業縮小」の印象があるが、そうじゃない。
    人員だって、新しい人が入らないと、代謝は生まれない。
    新しい人を入れるには、今の人員を整理する必要もある...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月01日

    新聞広告で目について購入。
    んー、あまり新しい発見はなかったかな。著者ご自身が社外取締役に勤めている会社の取り組みなどが、細切れに紹介されて、各テーマを補強する構成。
    むしろ、デフォルトスタディ的に、うまくいかなかった会社との対比などで深掘りしていってほしかった。
    全体として総花的な印象はあるものの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年06月10日

    本当に大切なのは創造ではなく代謝。
    新しいものは衝突から生まれる。
    会社は
     経済体・共同体・生命体・・・人をど真ん中に置く

    「熱」・・・老化とともに失う
      共有から共感へ
      原点に戻る
      新たな理想
    「理」戦略レベルと実行レベル
    「情」一人一人の心

    三菱電機:強いものを強く
    中外製薬:中...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています