ガリガリ君の秘密 赤城乳業・躍進を支える「言える化」

ガリガリ君の秘密 赤城乳業・躍進を支える「言える化」

作者名 :
通常価格 825円 (750円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

年間販売数4億本超!
日本でいちばん売れているアイスを生んだ
「強小カンパニー」の秘密に迫る

社員数380名で売上高454億円。12期連続増収を達成。
異端であること、遊び心があることを何よりも重視する。
埼玉県の北端に拠点をもつ「ユニークな地方企業」が赤城乳業だ。

失敗を恐れず、とがった社員を集めて、
なんでも「言える」仕組みをつくり現場を活性化させる。
そんな現場力の秘密を、遠藤功氏が解き明かすのが本書だ。

-大ヒット「コーンポタージュ味」をつくった若手たち
-ガリガリ君の「異色コラボ」が次々誕生した理由
-会社なのに「秘密基地」で商談する大人たち
-キャッチフレーズ「あそびましょ。」に込めた願い
-新入社員であっても、役員にものが言える風土づくり
-常識的なアイデアは、まったく評価されない
-入社2~3年目から大仕事を任せ、責任を自覚させて成長させる
-「社長は、社員の七光」
-売上200億円当時に100億円をかけて、食品基準ではなく医薬品基準の新工場を設立

日本企業から失われつつある「現場力」を高めるための知恵が、
本書には詰まっている。

*本書は潮出版より2013年10月に刊行された『言える化――「ガリガリ君」の赤城乳業が躍進する秘密』を
改題、文庫化したものです。単行本刊行後以降の話題を追加いたしました。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
日経BP
掲載誌・レーベル
日本経済新聞出版
ページ数
256ページ
電子版発売日
2019年06月21日
紙の本の発売
2019年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
19MB

ガリガリ君の秘密 赤城乳業・躍進を支える「言える化」 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年09月19日

    「見える化」「現場力」の遠藤功が「言える化」をキーワードにガリガリ君の赤城乳業を紐解いた一冊。
    日本にいる時は冷凍庫に必ず4~5本はガリガリ君が入っているほどのファンなので、表紙のイラストを見てジャケ買いした一冊ではあるものの、「強小カンパニー」である赤城乳業って面白い会社だなとも思った。
    あのコン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月17日

    これは企業の、経営術を学ぶにはとても良い本
    どうしたら風通しの良い会社にできるのか、経営者とはどうあるべきか、などなどの具体例が散りばめられてます
    言える化や遊び心のある社風は一朝一夕に作れるものではありません
    口で言うだけでは伝わりません 社員に、特に若手に責任を持たせて何をさせるかで成長を促す
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月04日

    ガリガリくん(赤城乳業)は若手に責任を与えてしっかり成長させていく会社であるとわかった。
    4Sではなく5S、もう一つのSは礼儀正しさやモラルといった「しつけ」のS
    失敗に罰を与えることで引きづらずに次に進ませる
    「ゆるさ」は決して「甘さ」ではない。挑戦や失敗には寛容だが、手抜きや物真似は許さない。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月06日

    【再読】久しぶりに再読してみた、社内教育のしくみや組織構築の考え方がITベンチャーに似ていると再認識。赤城乳業のサイトをチラっと見たらコロナ渦の今年も、ガリガリ君のコラボがズラっと並んでいて、勢いはまだまだ止まらなさそうに思えた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月29日

    おすすめ。面白い。綿密にかつ長期的に取材して書いているせいか、わかりやすい形でビジネス成功事例を表現している。真似できないから公開していると言える独特の経営手腕が惜しみなく書かれている。さらに興味をもつことになる。(食べたくはならなかった。)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月16日

    社員1人1人が自分のために働いている、でもそのように教えることが結果的に会社の為に働きたいと思う心に繋がっている。素敵な会社、理想的である。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月01日

    言わずと知れた「ガリガリ君」の会社だが、はじめの数ページを読んだ限りにおいては、古くからの日本的な企業という感じがした。

    だが読み進めていくと、マーケティング・リサーチはきっちりやっているし、工場の品質管理は製薬会社並であるという。

    さらに、何事にも挑戦していく姿勢は、さながらアメリカのベンチャ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月31日

    ガリガリ君の会社?と少し気になり購入。
    読みやすく一気に読み切ったものの、何ヵ所かツッコミたくなる内容でした。
    若手が役員にももの言える環境とあったが、会議では結局発言しやすいように役員が退席していたり、巻末には実際言えない部分も残っており、本書で言える化が明確に書かれた事で目指すところとして定着し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月29日

    ガリガリ君でお馴染みの赤城乳業について、色々な角度から会社の躍進の秘密を取材したものを本にまとめた的なやつ。
    社員の上下関係関係なく、仕事を色々任せてみたり、ジョブローテーションで経験や責任を持って仕事に取り組んでもらったり、社長自らが朝早く起きて社員へあいさつ運動している…と言うような内容も見られ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月23日

    中小企業ではなく、強小企業を目指す赤城乳業に根付いた風土について説明している書籍。縦割り組織だけではない横串組織としての委員会制度、その委員長含めて若いものに権限委譲して任せる人材配置、若いものでも言える化ができている土壌など、参考にすべき点は多い。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています