「関美和」おすすめ作品一覧

「関美和」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:関美和(セキミワ)
  • 出身地:日本

慶應義塾大学文学部卒。ベビーシッター会社のメイ・コーポレーション代表取締役。翻訳者としても活躍中。クリス・アンダーソン著の『MAKERS―21世紀の産業革命が始まる』や『スターバックスを世界一にするために守り続けてきた大切な原則』の翻訳を手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/05/19更新

ユーザーレビュー

  • Airbnb Story
    経営チーム全員で読んで共通認識を得るのに良さそうな本。チームの視座を高めるのに非常に良さそう。チェスキーが勉強の鬼だったエピソードが個人的に非常に感銘を受けた。
  • ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか
    「優秀な学生が、コンサルタントや弁護士、投資銀行などのキャリアについて、曖昧な楽観主義に基づいた小さな成功(選択肢が広がるだけである)しか手にせず、社会を大きく進化させる力を持たないことを批判する。むしろ、積極的な計画、あるべきものを提示することで社会を動かし、自分の人生のコントロールを取り戻す試み...続きを読む
  • ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか
    『クリエイティブな独占環境では、社会に役立つ新製品が開発され、クリエイターに持続的な利益がもたらされる。競争環境では、誰も得をせず、たいした差別化も生まれず、みんなが生き残りに苦しむことになる。

    それなら、なぜ人は競争を健全だと思い込んでいるのだろう?

    それは、競争が単なる経済概念でもなければ、...続きを読む
  • 誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち
    CDからmp3へ、とか、アルバムからライブへ、とか音楽業界のビジネスモデルは縄文時代から弥生時代へ、ぐらいに変化した、と聞いていますが、音楽の縄文と弥生の間の革命の物語。革命と言っても勇ましいものはなくてぐちゃぐちゃしてて当事者としても何が何だか解らぬうちに進行していく、今と地続きの10年ぐらい前の...続きを読む
  • ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか
    読んでいて一理あるなあと思う。
    確かに、小さい市場を独占してどんどん広げていったほうがリターンは大きい。
    とはいってもそれは、ものすごく難しい。
    それに今私は起業する予定はない。
    ラストにもあるけど、自分の頭で考えること。
    それから今目の前にあるチャンスに飛び込んで新しいことは始まるのが一番いいし、...続きを読む

特集