「関美和」おすすめ作品一覧

  • 作者名:関美和(セキミワ)
  • 出身地:日本

慶應義塾大学文学部卒。ベビーシッター会社のメイ・コーポレーション代表取締役。翻訳者としても活躍中。クリス・アンダーソン著の『MAKERS―21世紀の産業革命が始まる』や『スターバックスを世界一にするために守り続けてきた大切な原則』の翻訳を手がける。

作品一覧

2017/03/14更新

ユーザーレビュー

  • 誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち

    大企業フィリップスの政治力の前に標準化に敗れ、mp3をWebに無料で公開した、失意のドイツ人技術者(特許は取得していたので、その後はライセンスで巨万の富を築く)
    アメリカの片田舎のCD工場よりCDを盗み出し、全世界に拡散さることになった黒人労働者(実刑判決を受ける)
    世間の非難を浴びるラップを売り込...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち

    夢中になって読んでしまった。
    本当に映画のようなノンフィクション。
    mp3の誕生からそれがどのように拡大していったのか、既存のCDというパッケージの商売をしていた業界がどのように変わっていったのかをこんなにもドラマチックに描けるのは本当にすごいと思った。
    企業と海賊達が繰り広げていた争いのピークの時...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち

    mp3という技術とそれを無料でシェアする海賊盤サービスが音楽産業を破壊する経緯を個人のストーリーに光を当てて語った本。mp3の技術者、音楽ビジネスで働く人、音楽を盗む人、シェアする人それぞれの話が並行して進み、中盤からそのドラマが交錯する辺からかなり惹き込まれました。
    未だにCDを買い続け自分でも作...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集