「関美和」おすすめ作品一覧

「関美和」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:関美和(セキミワ)
  • 出身地:日本

慶應義塾大学文学部卒。ベビーシッター会社のメイ・コーポレーション代表取締役。翻訳者としても活躍中。クリス・アンダーソン著の『MAKERS―21世紀の産業革命が始まる』や『スターバックスを世界一にするために守り続けてきた大切な原則』の翻訳を手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/07/21更新

ユーザーレビュー

  • なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?
    私のようなMBAコンプレックスのあるものからしたらタイトルだけでその本を手に取る理由になる。いわゆるハウツー本とは異なり冗長でポイントはつかめないが、「外国人の営業もまあ日本のそれと大差はない」「今まで経験した営業経験は人類が何千年と行ってきた営業の営みからするとごく一部」ということはわかるのではな...続きを読む
  • Airbnb Story
    ・「崖から飛び降りて、落ちながら飛行機を組み立てるようなものだ」
    チェスキーのこの言葉はいいねぇ。こうありたい!

    ・創業者3人は自分たちの会社が「別荘」の「貸出」と関係するとは思ってもみなかった。
    ⇒周りの人に意見もらってビジネスアイディアは変わっていくもんなんだよね。
     でも、この瞬間プロダクト...続きを読む
  • ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか
    記念すべき1000冊目が五つ星だったことを嬉しく思う。競争ではなく独占を目指す。世界はべき乗数でできている。隠れた真実を探す。文体がソリッドで思考に深みがあり知識人としての品格が感じられる。訳がよいのもあるのだろうが、こういう文書が書けるようになりたい。
  • 世界を変えた14の密約
    アラブの春は、アメリカの4台食品会社が世界の小麦の9割を支配していることからおきた。それはADM、バンジ、ァ^ギル、ルイ・ドレフス。ニクソン大統領は共産主義に勝つため、彼らにソ連むけとうもろこしを値上げるよう指示したが、彼らは拒否し、ニクソンは引き下がった。2010年、オバマ大統領はサルコジやイギリ...続きを読む
  • ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか
    ピーター・ティールという名前は聞いたことがあったけど、どんな人かを知らずに読むこととなった1冊。この本すっごいよかった。特に「賛成する人がほとんどいない、大切な真実はなんだろう?」という質問。こういう試行錯誤は自分もいろいろしてきたから、答えたい答えがある。きっとこの人と意見交換できたら楽しそうだ、...続きを読む

特集