誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち

誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち

作者名 :
通常価格 935円 (850円+税)
紙の本 [参考] 2,530円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「自分がなにをやってのけたのか、わかってる? 音楽産業を殺したんだよ!」田舎の工場で発売前のCDを盗んでいた労働者、mp3を発明したオタク技術者、業界を牛耳る大手レコード会社のCEO。CDが売れない時代を作った張本人たちの強欲と悪知恵、才能と友情の物語がいま明らかになる。

ジャンル
出版社
早川書房
ページ数
368ページ
電子版発売日
2016年09月30日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

Posted by ブクログ 2018年04月22日

めちゃくちゃにCDを買い漁っていた僕としては、圧縮音楽なんぼのもんじゃい!と思っていましたし、今も思っている節はありますが、世界規模で見れば、配信や海賊版の音楽の需要がCDなんかよりずっとずっと多いのでしょう。

CDケースで棺桶を作って、お坊さんに怒られたい願望がある僕は、配信音楽を蹴飛ばしてCD...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「ノンフィクション」ランキング