最高の集い方――記憶に残る体験をデザインする

最高の集い方――記憶に残る体験をデザインする

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【内容紹介】

誕生パーティから大規模フェス、ダボス会議まで「盛り上げる」ための全秘訣が一冊に

これを知っていればあなたも「神イベント」が開ける!

アマゾン、フィナンシャル・タイムズ「2018ベスト・ビジネスブック・オブ・ザ・イヤー」

【著者紹介】

[著]プリヤ・パーカー(Priya Parker)

プロフェッショナルファシリテーター。戦略アドバイザー。MITで組織デザイン、ハーバード大学ケネディスクールで公共政策、バージニア大学で政治・社会思想を学ぶ。15 年以上、人種問題や紛争解決など複雑な対話のファシリテーションを行ってきた。著書『最高の集い方(The Art of Gathering)』は、2018年にアマゾン、フィナンシャルタイムズなどでベストビジネスブックオブザイヤーに選ばれた。世界経済フォーラムのグローバルアジェンダ委員会のメンバー。TEDメインステージのスピーカー。ニューヨーク在住。



[訳]関 美和

翻訳家。杏林大学外国語学部准教授。アジア女子大学支援財団理事。慶應義塾大学文学部・法学部卒業。電通、スミス・バーニー勤務の後、ハーバード・ビジネス・スクールでMBA取得。モルガン・スタンレー投資銀行を経てクレイ・フィンレイ投資顧問東京支店長を務める。

【目次抜粋】

イントロダクション

第1章 なぜ集まるのかを深く考えよう

第2章 あえて門戸を閉ざす

第3章 裏方に徹しない

第4章 別世界をつくり出す

第5章 イベントは準備が九割

第6章 自慢や宣伝を排除する

第7章 白熱する議論

第8章 最高のクロージング

原注

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
プレジデント社
ページ数
344ページ
電子版発売日
2019年10月11日
紙の本の発売
2019年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

最高の集い方――記憶に残る体験をデザインする のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月04日

    準備が9割、開会前の時間も貴重なイベントに意識を向かわせることに使える時間。
    マナーとルール。小さな制約が大きな自由度をもたらす。
    ほか、どれもこれもいちいち、わかることで、よい振り返りになった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月17日

    イベント成功のために。
    目的があって、手段がある。
    とりあえずイベント開催して失敗しないために。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月11日

    場作りをする人は必読の本。
    どうやって人が集う場を作るか、どのような手立てをうてばよりよい人が集う場になるのかをこの本の中では紹介している。

    一貫して、人が集う場をデザインする上で重要なのは、
    「この場をつくる目的は何なのか?」
    つまり「何のために場をつくるのか。」
    ということ。ファシリテーターが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月13日

    めちゃくちゃおもしろかった。
    集まりということでイベント企画する仕事や、パーティー大好きな人にももちろんおすすめだけど、日常をちょっと素敵に変えたい人、いつもとちがった体験をしたい人にもおすすめ。

    著者はファシリテーターのスペシャリスト。企業の課題解決から、国と国との扮装解決の話し合い、ちょっとし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月25日

    斜め読み。
    目的」を深掘り、本質をえぐり出すこと。
    誰でもウェルカム」は「誰もウェルカムしない」ということ。
    「知らない人」の重要性。
    「クロージング」もしっかりと。(ずるずるしないで切る。事務的にやらない。)

    このコロナ禍で「場所」や「人数」「距離」など制限がある中で、さらにポイントになることも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月10日

    エピソードは面白いけど、そのせいで手法が漫然として見える。
    海外の論文調かな。ゆっくり読むなら良いけど、論点拾いたいならレビューだけで良さそう。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています