スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック

スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック

作者名 :
通常価格 1,870円 (1,700円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

世界20カ国語以上で出版! 感動と驚きのベストセラー
貧困と家庭崩壊から少年が「理想の未来」を取り戻すまでの物語。
「マインドフルネス」があなたの人生を変える!

◆あらすじ◆
さびれた町の貧困家庭に生まれたジム。
壊れた家族の面倒を見ながら一生を終えるはずだった少年は、ある夏の日、
ふらりと入った手品用品店で人生を変えるマジックを知っているという女性、ルースに出会う。
彼女は少年のすさんだ心を癒やし、閉ざされた未来の扉を開いた。
そのマジックで成功を手にしたジムを待ち受けていたのは……。

【著者紹介】
ジェームズ・ドゥティ
スタンフォード大学医学部臨床神経外科教授。
スタンフォード大学共感と利他精神研究教育センター(CCARE)の創設者兼所長。ダライ・ラマ基金理事長。
カリフォルニア大学アーバイン校からテュレーン大学医学部へ進み、
ウォルター・リード陸軍病院、フィラデルフィア小児病院などに勤務。
米陸軍では9年間軍医として勤務した。最近の研究対象は、放射線、ロボット、視覚誘導技術を使った脳および脊髄の固形腫瘍治療。
CCAREでは共感・利他精神が脳機能に及ぼす影響、共感の訓練が免疫をはじめとする健康への影響などの研究に携わっている。
起業家、慈善事業家としても幅広く活動。

【目次より】
◆Part1 人生の扉を開くマジック
◆Part2 脳の不思議
◆Part3 心の秘密

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
プレジデント社
ページ数
296ページ
電子版発売日
2016年11月15日
サイズ(目安)
1MB

スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年11月22日

    マインドフルネスのほかの本を読んだことないのでわからないのですが、すごくよかった。
    グサッとくる部分、悲しさや、情けなさ、でもなぜか、本が寄り添ってくれる感覚。

    わたしは物語調で教えてもらったほうが、箇条書きの項目よりすっと入ってきてよかった。

    なんども読んで、みにつけたい人生で大切な本の一つに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月20日

    ジャンル分けが難しい。
    雰囲気手には自己啓発系の入門書のような雰囲気。
    しかも、スタンフォードとかマインドフルネスとか今風の言葉が並ぶが・・・

    内容は、マインドフルネスをそれとは知らず、幼少期に学んだ主人公がその半生を振り返った物語。
    なので、当然、感動の成長物語としても読める。

    が、他の自己啓...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月24日

    マインドフルネスは心を穏やかにして幸せを感じる方法だと認識をしていたが、今までちゃんと本を読んだことがなかった。
    何度かマインドフルネスの本を読んでみたこともあったが、途中で飽きてしまって最後まで読めなかった。
    この本は、本当に実話なのかと思うほど壮絶な人生を歩んだ著者がリアルな体験談であったので、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月17日

    本当に実話なのだろうか?と思うほど、ドラマチックなストーリーで感動しました。
    いわゆる成功法則で言われている、自分の欲しいもの、望むことをできるだけリアルに思い浮かべ続けると実現するというもの。目新しくはないですが、それを実証した著者のストーリーは、あまりにも奇跡的であり、神や宇宙(宗教的なものでは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月15日

    脳神経外科医の自叙伝的な話ですが、中身は物語形式の自己啓発✖︎心理学✖︎トラウマ除去的な本。自分はこれを読んで気分が高揚しましたが、未だに実行できてはいないので、不断の努力する工夫が必要です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月10日

    装丁とタイトルが怪しい感じ満載なんだけど、中身は素晴らしく面白い本だった。これからの若者はタフな未来に備えてこういう考え方を大切にしていった方が絶対に生きやすいと思う。もちろん自分も。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月01日

    ただの意識高い系本、自己啓発本かと思っていたら実話だそうだで驚いた。
    『一隅を照らす』、とか『おのが身はかへりみずして人のため つくすぞ人のつとめなりける』に通じるものがあると思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月11日

    自己啓発的な話で進む。マジックと言ってるのは、①からだを緩める②頭の中の声を止める③心を開く④なりたい自分を描くという4つの手法のこと。

    筆者はこれを幼少期に教わり、そこから人生が変わったらしい。

    マインドフルネスに興味を待つきっかけの1つにはなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月03日

    タイトルを変えた方がいいという意見に賛成。いかにもなこのタイトルにしたことで、インパクトはあるけれど、色がついてしまい、読者を限定してしまった気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月24日

    最初は結構のめりこめたけど、だんだんちょっと違うかなあって。もちろん立派な先生だと思うよ、人生の失敗もしたみたいだけど。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています