TRUST 世界最先端の企業はいかに〈信頼〉を攻略したか

TRUST 世界最先端の企業はいかに〈信頼〉を攻略したか

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

新しい「信頼」がビジネス、経済、社会を動かす!

政府や企業、マスコミへの不信感がこれほど強いのに、他人の口コミで宿泊先やレストランを選び、知らない人が運転する車を頻繁に利用するのはなぜだろうか?

前作『シェア』で共有型経済を提唱した著者が、急激なパラダイムシフトのなかで企業・個人がデジタル時代の「信頼」を攻略する仕組みを解説。

ウーバー、アリババ、エアビーアンドビー…
成功者は「信頼の壁」を打ち破る!

これまでとは違うやり方で何かをするときに「信頼の飛躍」が起きる。それによって人々は「信頼の壁」を飛び越え、新しい可能性が生まれる。アイデアやミームを意外な形で混ぜ合わせ、新しい市場を開き、これまで想像もできなかった新しいつながりや協力が可能になるのだ。
(本書より抜粋)

「信頼の3原則」でビジネスチャンスをつかむ

・馴染みのないものを身近に感じさせる「カリフォルニアロールの原則」
・自分の得になることを知らせる「メリットの原則」
・独自の影響力をもつ人を味方につける「インフルエンサーの原則」

ジャンル
出版社
日経BP
ページ数
432ページ
電子版発売日
2018年07月21日
紙の本の発売
2018年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

    Posted by ブクログ 2019年04月27日

    人と人の信頼から制度的な信頼、さらに分散化された信頼に移行していくという整理の下、豊富な事例が紹介される。情報通信関連で久しぶりに通読した書。あまり話題にならなかった本だが、内容は濃く面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月20日

    信頼を様々なangleから考察、分析し、今後デジタル時代における「信頼」を得、維持するためのメカニズムの構築がkey となることを示唆する圧巻の書

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月03日

    ダークサイドのディラーが顧客の信頼を損ねないために、品質や配達やサービスにはるかに気を使う。には驚きました。良く考えてみると、犯罪者であれ普通のビジネスであれ継続的に果実を得て成功するにはやはり顧客からの信頼を得ないと成り立たないことがわかります。こうした信頼の過程を本書では1つ目ローカルの信頼とし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月04日

    新しい“信頼”のモデルが登場している。太古は、家族や地域の人々の間で構築される「ローカルな信頼」だけだったものが、警察や政府を通じた信頼関係である「制度への信頼」、そして現代のインターネット時代の信頼関係である「分散した信頼」というモデルまできた。分散した信頼では、デートアプリで会ったこともない人に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年10月07日

    久々にいい本。

    人が新しいものを信頼する3つの原則=アイデアを受け入れる3原則。
    それは何? 自分にどういう得が? 他に誰がやってる?
    人間は本当に新しいものは欲しがらない。馴染みのあるものがこれまでとちょっと違うやり方で提供されると欲しい。アップルのデザイナーの目標は「はじめてなのに見慣れたもの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています