谷崎潤一郎の一覧

「谷崎潤一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/09/19更新

ユーザーレビュー

  • 刺青・秘密
    久しぶりの谷崎潤一郎、解説を読むと一番初期の作品とのこと。「谷崎は聴覚型の作家」と解説に書かれていたが、「母を恋うる記」など日本語の美しさを実感する。
  • 春琴抄
    純愛、、、。

    解説が印象的だった。
    「『春琴抄』において人物の心理が書けていない、との批評もしくは非難に対して、どうして心理など書く必要があるか、あれはあれで分かるではないか、と居直ったような格好であるが、それよりも、この作者の確固たる文学観を表明したものと見られなくもない。」

    「思考と官能がぴ...続きを読む
  • 痴人の愛
    いい意味で後味悪い。
    読後の「美味しそうな、でも苦い果実を食べてしまった」感半端ない

    これアレなんだろうな…
    当事者じゃないから「譲治いい加減目覚ませよ」って思うんだけど

    これ実際自分の立場でおかれてたら、ナオミに抗えないんだろうな。

    読んでて嗚咽したよ…

    しかも元々譲治はマゾヒストではなく...続きを読む
  • 春琴抄
    ページ数が少ないと思いきや、改行が少なくぎっしりと文章が詰まっている。文語調の美しい文体で春琴と佐助の物語は語られる。前半〜中盤はこれといった波乱はなく淡々とした話と思いきや、終盤は佐助の春琴への愛情の切実さ、尊さがこの上なく伝わって来るこれ以上無いと思えるような展開だった。この二人でしかあり得ない...続きを読む
  • 痴人の愛
    友だちに勧められて。
    谷崎潤一郎は刺青を読んでその艶っぽい短編に惚れ惚れして以降、この著者の話はまた読まないといけないと思っていました。

    痴人の愛、これもまた友だちに勧められて読みました。
    前情報からも、タイトルから察せられる雰囲気からも、何かいやらしいものだと思っておりました。
    しかし想像してい...続きを読む