痴人の愛

痴人の愛

作者名 :
通常価格 737円 (670円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

きまじめなサラリーマンの河合譲治は、カフェでみそめて育てあげた美少女ナオミを妻にした。河合が独占していたナオミの周辺に、いつしか不良学生たちが群がる。成熟するにつれて妖艶さを増すナオミの肉体に河合は悩まされ、ついには愛欲地獄の底へと落ちていく。性の倫理も恥じらいもない大胆な小悪魔が、生きるために身につけた超ショッキングなエロチシズムの世界。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年08月09日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

痴人の愛 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年06月23日

    初谷崎文学

    うーーむ
    面白い!この時代では考えれないような恋愛価値
    亭主関白とういうイメージが私には強かったので
    この本を読み終えた時には、あっ昔もこんなマゾニズムな恋があったのかと驚きました。
    現代では恋愛なんてものは自由と言ってますが
    (いい時代)
    谷崎潤一郎がよっぽど女性という魅力的なものに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月02日

    面白かった。谷崎潤一郎は初めて読んだが、文章があまりにも綺麗で完成されていた。非常に読みやすい。小説、かくあるべしという感じの文章、読んでいるだけで愉快。おおよそ百年も前の作品であるにも関わらず、その人物の微に入り細に入ったような心理描写は方睥睨的にも同情的にも訴えかける。そして何より、物語として面...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月11日

    描写が綺麗すぎる
    その分、話の流れとかで面白いってよりは
    綺麗に頭の中に投影されるから
    容易に想像できて悔しいぐらい心情も伝わってきた

    文豪にチャレンジした一冊目
    次も楽しみ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月03日

    初めて読んだのは中学の時。当時の私には衝撃的で、未だに忘れられない小説です。最近読み返したのですが、年をとったおかげで分かるようになったことが沢山ありましたし、改めて面白い小説だなと感じました。
    絶妙に気持ち悪いところが最高な小説だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年07月28日

    起承転結が激しい作品ではないので、物語そのものの面白さと言うよりも文章やそこに現れる思想の味わい深さが評価できる。

     まず、私自身明治~昭和初期あたりの純文学は名作でもやはり読みづらく、今まで手を出す気になれなかったが谷崎潤一郎の文章はその類の中ではかなり読み易く、その時代ながらの言葉遣いが癖にな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年07月20日

    ほとんど記憶はないけど10年ほど前に一度読んでたのかな?思い出したようにもう一度読んでみた

    100年近く前の文章だけど読みやすくてすらすら読めた、それでもって話が面白い!どうしようもない話ではあるがぐいぐい読めた〜譲治もナオミもどうしようもないけど、ううん彼らは彼らなりに幸せなんだろうなあ、、、譲...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年07月18日

    主人公目線であるが故にどうしようもない、ナオミの魅力というのが伝わる。

    本当にこういった女性はいるのだろうと思わせるストーリーと非常に読みやすい文体、構成から成されるこの物語は、どうも読者を惹き付ける。

    譲治のナオミを崇拝する愛情もナオミの譲治を奴隷のように扱うのもまた愛情からなのだろうか。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月01日

    読み終わった直後の印象は、不完全燃焼。これほど救いようのない惚れ方をした男と救いようのない傲慢さと自己中心的な考えに陥った女が一体どうやって再び夫婦として暮らしていったのか。到底理解できそうにない。男の惚れ方は読んでいて気味が悪いし滑稽で呆れるほどであったが、現実世界にこのような人間が存在するのであ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月22日

    15年ぶりくらいにこの人を読んだが、思ってたより読みやすかった。
    鎌倉から通勤するのは楽しそう。歳を取っていく描写がちょっと面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月21日

    魔性の女とは何かがよくわかった。
    私はどうやら似たようなところがあるのかもしれない。
    天性の魅力でここまで男を誑しこめられるナオミはすごいと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング