「古沢嘉通」おすすめ作品一覧

「古沢嘉通」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/06/09更新

ユーザーレビュー

  • 紙の動物園
    先月にテッド・チャンを読んで非常によかったのだが、他に邦訳がないので、同系列のケン・リュウを読んでみた。
    中国系の登場人物や舞台、文化をベースにしていて、他に読んだことがないテイストのSF短編集。
    SFというよりファンタジーかというのもある。
    一部、難しくてよくわからない話もあるが、総じておもしろい...続きを読む
  • 紙の動物園
    ケン・リュウの評判は聞いていたが、この短編集良いぞ。
    表題作を読んで「これのどこがSF?ファンタジーやん」と思ったのはともかくとして(笑、ミニマル小説の一つの完成形ではないだろうかと思う。そぎ落とすべきとこを、そぎ落とし、引き算で作り上げた小説。澄み切った出汁の味わいのような余韻が素晴らしい。

    ...続きを読む
  • 母の記憶に
    素晴らしきケン・リュウ!
    表題作もいいが、ヒーロー好きとしては、スーパーなあの方と『三国志』きっての英雄をテーマにした作品がハートに刺さる。後者の主人公は「老関」と呼ばれ英語にすると〝ローガン“にもなるという…
  • 紙の動物園
    目次
    ・紙の動物園
    ・もののあはれ
    ・月へ
    ・結縄
    ・太平洋横断海底トンネル小史
    ・潮汐
    ・選抜宇宙種族の本づくり習性
    ・心智五行
    ・どこかまったく別な場所でトナカイの大群が
    ・円弧(アーク)
    ・波
    ・1ビットのエラー
    ・愛のアルゴリズム
    ・文字占い師
    ・良い狩りを

    この短編集は、よい。

    昨日寝...続きを読む
  • ブラックボックス(下)
    マイクル・コナリー『ブラックボックス(下)』講談社文庫。

    2012年に刊行されたハリー・ボッシュ・シリーズの邦訳。マイクル・コナリーのデビュー、そしてハリー・ボッシュ誕生から早くも20年。我らがハリーは未だに健在であり、期待を裏切らない。今回も現代最高峰のハードボイルド小説を十二分に堪能した。

    ...続きを読む

特集