三宅陽一郎のレビュー一覧

  • ゲームAI技術入門 ──広大な人工知能の世界を体系的に学ぶ
    ゲーム開発で使われているAI(人工知能)技術について、AI技術の発展の歴史を含めてわかりやすく解説されています。技術的な背景を通してゲームAIを理解したい人にオススメします!
  • マンガでわかる人工知能(池田書店)
    そもそも人工知能とは何なのか、という定義から入って、AIが機械学習するイメージから最近動向、将来の活用まで、ざっくりと分かりやすく解説してくれる。
    深くはないんだけれど、基礎がしっかり分かるようになっていて素晴らしい。
  • なぜ人工知能は人と会話ができるのか
    ゲームAI開発者の視点から、主に言語コミュニケーションの分野における人工知能の基礎的な技術について解説した本。幅広い分野の人工知能製品の実例と、それらで使用された技術の概要が記載されておりわかりやすい。

    非プログラマーだが、人工知能の原理に興味がある人向け。たぶん。
  • マンガでわかる人工知能(池田書店)
    内容的には一般的な入門レベル。文章のほうが多めだけど、ストーリー仕立てのマンガ付きで読みやすい。このくらいの感じだとしたら、池田書店の他の「マンガでわかる」シリーズも読んでみたい。
  • 人工知能の作り方 ―「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか
    過去から現在、そしてこれからの未来に至るゲームAIの主要な技術がとてもよくわかる書籍です。AI技術について哲学的、生物学的に解説されている点がとても興味深いことや具体的なゲームタイトルを挙げてどのように使われているのかが図も交えてわかりやすく書かれている点が好印象でした。とても面白かったのでもう1周...続きを読む
  • C++のためのAPIデザイン
    C++のAPI設計時の参考に購入しました。
    設計だけでなく、バージョン管理、ドキュメント、テストからスクリプトバインディング、ライブラリまで、至れり尽くせりの内容です。
    explictキーワード等、コンパイラの非明示的な動作を制御する方法についても記述されており、一読しておけば試験時の手戻りを軽減で...続きを読む
  • 人工知能の作り方 ―「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか
    最近のゲームをしていて、プレイヤーとは別で完全にオートモードでプレイヤーの周りを動く仲間たちが、一体どんな風にモノを考えているのか気になって本屋に行ったら本書を見つけ読んでみた。

    AIの歴史も追えて、どんな考え方をしてプレイヤーと寄り添って動いているのか、優しい言葉で分かりやすかった。
    最初から最...続きを読む
  • C++のためのAPIデザイン
    オブジェクト指向、イディオム、デザインパターン、コーディング技法、パフォーマンス、バージョン管理、ドキュメント技法、テスティング、スクリプトバインディング、などなどを概念と具体的なコードを交えて、
    くまなく丁寧にピクサーのノウハウを詰め込んだ、APIというかソフトウェア開発の本です。
    人並みにC++...続きを読む
  • C++のためのAPIデザイン
    C++の文法をひと通り学んだ後に読むべき(読みたかった)本。
    ソフトウェア部品やフレームワークを作る上でインターフェイスに関して留意すべき点がまとまっている。
    内容は設計、テスト、文書化など幅広く網羅している。
    個人的には互換性に関する分類が勉強になった。
  • 人工知能のための哲学塾
    2020年の夏休み図書として購入。
    2017年から社会人として博士後期課程に進学したことがきっかけで哲学的思考に興味を持ち始め、自身の研究を進める傍ら様々な西洋哲学の入門書も読み進んでいくなかで偶然本書を知ることとなった。

    著者は国内におけるゲームAI開発者の第一人者ともいえる三宅陽一郎氏であるが...続きを読む
  • 人工知能のための哲学塾
    AIが本物のAIになるための必要な要素のひとつとして著者が考える、哲学を解説してある、と思ってたら大間違いだった。

    哲学塾とあるものの、実際は心理学や生物学も含めた幅広い分野をAIに絡めつつ、AIに主観を持るためには何が必要なのかを認知を中心として解説していくように自分には読めた。
    本書の素晴らし...続きを読む
  • 絵でわかる人工知能 明日使いたくなるキーワード68
    最近何かと話題になっている人工知能について知りたいと思って手に取った一冊(最初と最後にシンギュラリティを紹介している辺りが)。68のキーワードを紹介していくタイプで,その単語についてイラスト入りで分かりやすく説明されている。帯に糸井重里さんのメッセージがあるとおり,別に前提知識は共有されないので一般...続きを読む
  • C++のためのAPIデザイン
    言語に関係なくAPIデザインにとって重要なことから、それをC++でどう実現するかの実装イディオムまでつなげて書かれている。切り口も互換性/拡張/言語バインディング/テスティング/パフォーマンスなど多様で、ヘビーではあるけど読む価値はある一冊だと思います。

    ただ、C++そのものについてそれなりに習熟...続きを読む
  • 人工知能の作り方 ―「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか
    『人工知能の作り方 ―「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか』を読み終わった。知能ってなんだろうというところから掘り下げて、ゲームAIの観点で人工知能の概念や周辺領域を渉猟する本。環境と知能、身体と知能の関わりなどを実例を交えて語るのでわかりやすい。

    認知科学や生物学なんかもさらっと動員され...続きを読む
  • C++のためのAPIデザイン
    基本的にはAPI開発のための本なのだが、APIを高品質なソフトウェア部品と捉えると、当然全てのソフトウェアにも適用できるものと捉えることができるので、API向けと書きながらこの本は全てのソフトウェア開発者向けの本ということになる。実際、厚めの本であり、取り扱う内容は、多岐に渡っている。CodeCom...続きを読む
  • 絵でわかる人工知能 明日使いたくなるキーワード68
    ニューラルネットワークは卒論でやった。20年も前に。
    しかしかなり進化しているようだ。

    最近、ネットを利用していて思うことは、データ分析して出てくる広告が偏りすぎてつまらないということ。
    youtubeでも出てくるおすすめがいつも一緒で面白みがない。
    こういうのがお好みのようですけど、あなたの性格...続きを読む
  • 人工知能のための哲学塾 東洋哲学篇
    ゲームAIに「強いAI」を実装するにはどうすればよいか、哲学の知見から考察する内容で本書は特に東洋哲学からのアプローチについて書かれています。本書の前に刊行された西洋哲学篇と対比して東洋哲学の特徴を浮き彫りにしています。西洋と東洋で考え方が真逆なのがとても興味深い。読み物として大変面白かったです。
  • 人工知能のための哲学塾
    現象学の考え方が人工知能研究で大きな意味を持ちうるという事を初めて知りました。
    分野横断的に人工知能に関わり得る思想を取り上げているので、哲学や人工知能の各分野の本を読むだけではなかなか触れ合うことのない考えに触れられた気がします。
  • 人工知能のための哲学塾 東洋哲学篇
    東洋編は、よかったねえ。縁起とか、東洋的な時間とか。最後の方はどちらかというと思いが強くなりすぎちゃってわかりにくい上に東洋だからいいのかもしれないけど「大事なことだから二度言います」方式になっちゃうけど、それも含めてかなり面白いです。そして、最後の方の補足説明も非常にわかりやすくて、体験ってのと分...続きを読む
  • yom yom vol.50(2018年6月号)[雑誌]

    レトロゲームファクトリー

    意外に早く最終回になり、少し物足りなさを感じましたが、ハッピーエンドで気持ちよく読み終える事ができました。私は、論理的に説明されないと心が動かない方ですが、三段論法で人の心は動かないと言うのも確かです。(しかし、昨今のおれおれ詐欺は、人の感情に訴えかける犯罪ですから、また厄介です。) 最終回は、...続きを読む