芥川龍之介の一覧

「芥川龍之介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料作品コーナー

無料
日光小品
0円(税込)
無料
松江印象記
0円(税込)
無料
河童(旧仮名)
0円(税込)
無料
仙人5
0円(税込)
無料
仙人4
0円(税込)

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/05/14更新

無料あり
地獄変
  • ブラウザ試し読み

無料あり
羅生門
  • ブラウザ試し読み

無料あり
河童
  • ブラウザ試し読み

無料あり
蜘蛛の糸
  • ブラウザ試し読み

無料あり
杜子春
  • ブラウザ試し読み

無料あり
鼻
  • ブラウザ試し読み

無料あり
蜃気楼
  • ブラウザ試し読み

無料あり
夢
  • ブラウザ試し読み

無料あり
遺書
  • ブラウザ試し読み

無料あり
河童(旧仮名)
  • ブラウザ試し読み

無料あり
仙人
  • ブラウザ試し読み

無料あり
仙人
  • ブラウザ試し読み

無料あり
大導寺信輔の半生 ―或精神的風景画―
  • ブラウザ試し読み

無料あり
蜜柑
  • ブラウザ試し読み

無料あり
羅生門
  • ブラウザ試し読み

無料あり
秋
  • ブラウザ試し読み

無料あり
アグニの神
  • ブラウザ試し読み

無料あり
兄貴のような心持
  • ブラウザ試し読み

無料あり
或阿呆の一生
  • ブラウザ試し読み

無料あり
芋粥
  • ブラウザ試し読み

無料あり
大川の水
  • ブラウザ試し読み

無料あり
開化の殺人
  • ブラウザ試し読み

無料あり
貝殻
  • ブラウザ試し読み

無料あり
久米正雄氏の事
  • ブラウザ試し読み

無料あり
クラリモンド
  • ブラウザ試し読み

無料あり
軍艦金剛航海記
  • ブラウザ試し読み

無料あり
袈裟と盛遠
  • ブラウザ試し読み

無料あり
結婚難並びに恋愛難
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「ケルトの薄明」より
  • ブラウザ試し読み

無料あり
芸術その他
  • ブラウザ試し読み

無料あり
戯作三昧
  • ブラウザ試し読み

無料あり
玄鶴山房
  • ブラウザ試し読み

無料あり
後世
  • ブラウザ試し読み

無料あり
校正後に
  • ブラウザ試し読み

無料あり
小杉未醒氏
  • ブラウザ試し読み

無料あり
湖南の扇
  • ブラウザ試し読み

無料あり
近藤浩一路氏
  • ブラウザ試し読み

無料あり
金春会の「隅田川」
  • ブラウザ試し読み

無料あり
合理的、同時に多量の人間味
  • ブラウザ試し読み

無料あり
猿
  • ブラウザ試し読み

無料あり
島木赤彦氏
  • ブラウザ試し読み

無料あり
霜夜
  • ブラウザ試し読み

無料あり
秋山図
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「侏儒の言葉」の序
  • ブラウザ試し読み

無料あり
出帆
  • ブラウザ試し読み

無料あり
しるこ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
新緑の庭
  • ブラウザ試し読み

無料あり
十本の針
  • ブラウザ試し読み

無料あり
仙人
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 蜘蛛の糸・杜子春
    久しぶりに純文学に分類される本を読んだが、面白い。
    どの話も読みやすく、すぐに読み終わってしまった。
    芥川はなかなか読まないが、たまに読むと深々と人の欲の有様を実感させられる。
  • リライトノベル 邪宗門
    よく見かけるような異なる時代へのタイムトラベルもの。これぞ王道ラノベ? ストーリーは分かりやすいし、時代物ながらとても読みやすくて好印象。原作をまったく知らないのでどこまでが原作通りでどこからが追加されたストーリーなのか分からない。ぜひ原作も読んでみなくては。摩利信乃法師の行動原理、背景がもう少し詳...続きを読む
  • 杜子春
    杜子春 芥川龍之介 角川文庫

    久々の杜子春
    きれいな日本語にホッとしながら
    さっぱりとした物語に
    いっとき素の自分になれたように
    世間のシガラミを忘れることができた

    改めて考えれば
    素に嘘なく暮らすことができれば
    何よりだということを想うが
    それこそが永遠にありえない道のりだとも知る
    芥川龍之介...続きを読む
  • 杜子春

    教訓になる

    蜘蛛の糸と同じような匂いがした。利己主義の人はいつか痛い目を見るだろうし、優しい人は巡り巡って幸せになれるのだろう。芥川龍之介さんのが作品は、起承転結がはっきりしていて分かりやすいのが評価されている理由だと思った。
  • 蜘蛛の糸

    良い教本

    勧善懲悪がテーマとなっている作品です。現世のうちに徳を積み重ねていると、天国へ行けるかもしれません。情けは人の為ならずの精神を大事にしたいと思いました。