「夏目漱石」おすすめ作品一覧

  • 作者名:夏目漱石(ナツメソウセキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1867年2月9日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

帝国大学(後の東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒。代表作は『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『倫敦塔』などがある。

作品一覧

2017/01/13更新

無料
吾輩は猫である
0円(税込)
無料
こころ
0円(税込)
無料
草枕
0円(税込)
無料
坊っちゃん
0円(税込)
無料
三四郎
0円(税込)
無料
それから
0円(税込)
無料
虞美人草
0円(税込)
無料
坑夫
0円(税込)
無料
二百十日
0円(税込)
無料
野分
0円(税込)
無料
道草
0円(税込)
無料
明暗
0円(税込)
無料
夢十夜
0円(税込)
無料
一夜
0円(税込)
無料
永日小品
0円(税込)
無料
現代日本の開化
0円(税込)
無料
人生
0円(税込)
無料
手紙
0円(税込)
無料
猫の広告文
0円(税込)
無料
門
0円(税込)
無料
余と万年筆
0円(税込)
無料
落第
0円(税込)

ユーザーレビュー

  • それから

    「自然」でありたいと希望し、近代の論理に抗って三千代を選ぶ代助。しかし、後半の代助の心の動きは「自然」ではないように感じるところがある。柄谷行人はそれは姦通を扱ったから、無意識の発露であるからという。漱石は「拙」であっても「自然」であることを目指していたが、むしろ「自然」であるためには「拙」になって...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 明暗

    日常の中で、登場人物それぞれが、それぞれのプライド、自尊心をはからずも覗かせてしまう。主人公が自身のプライドを固持するように取り繕うも瓦解していく様子が滑稽に思えつつ、自分を思い返すとどきっとする一作。

    Posted by ブクログ

  • それから

    ふらふらしている高等遊民の主人公の生活を淡々と描いていた中盤までから一転、終盤では各人の感情がぶつかり合う。
    その落差が見事。
    「あんまりだわ」には心臓を鷲掴みされた。
    これは私の恋愛の台詞ベストに入りそう…。
    容赦のない結末も良い。
    「三四郎」に続く初期三部作の一作だけれど、個人的には「三四郎」よ...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集