夏目漱石の一覧

「夏目漱石」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:夏目漱石(ナツメソウセキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1867年2月9日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

帝国大学(後の東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒。代表作は『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『倫敦塔』などがある。

無料作品コーナー

作品一覧

2021/12/16更新

草枕
無料あり
行人
無料あり
それから
無料あり
イズムの功過
無料あり
一夜
無料あり
元日
無料あり
教育と文芸
無料あり
京に着ける夕
無料あり
虚子君へ
無料あり
「心」広告文
無料あり
「心」自序
無料あり
「心」予告
無料あり
琴のそら音
無料あり
作物の批評
無料あり

ユーザーレビュー

  • 吾輩は猫である
    読書中ながら感想文です。【内容】主人・苦沙味先生の友人に迷亭という人物がいます。迷亭はあたかもあったことのあるが如く嘘を言ったりする法螺吹きで、明るい性格で、暗い性格はありません。その迷亭が蕎麦の食い方が面白かったです。まずは蕎麦を一気に掬(すく)い上げて、麺汁(めんつゆ)に下の方だけつける。そして...続きを読む
  • こころ
    心があっての人なんだと思えた。
    喜怒哀楽、恨みや憎しみ、心から湧き上がってくる感情で人間は動かされている。
    悲しい話と思いたくない。
    題名にある心がずっと離れずに読んでいた。
  • 坊っちゃん
    "坊っちゃん"て書いてあるから、おとなしい性格の子の話かと思っていたら違った。
    活発な少年が主人公だった。
    最後まで動き回っていたような気がする。
  • 吾輩は猫である
    長いけれど読めてしまった。
    ねこが語る小説だとは思はなかった。
    猫目線でおもしろいです。
    でも猫は人間を信用してないなと思った。
  • 文鳥・夢十夜・永日小品
    『夢十夜:ファンタジーホラーの原点!?』

    文豪 夏目漱石の短編集。エッセイ風の「京に着ける夕」「文鳥」「永日小品」「倫敦消息」「自転車日記」、幻想小説的な「夢十夜」。特に「夢十夜」は、恒川光太郎のファンタジーホラーを読んでいるよう。意外でした。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!