「夏目漱石」おすすめ作品一覧

「夏目漱石」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:夏目漱石(ナツメソウセキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1867年2月9日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

帝国大学(後の東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒。代表作は『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『倫敦塔』などがある。

無料・値引き作品コーナー

無料
高浜虚子著『鶏頭』序
無料
木下杢太郎『唐草表紙』序
無料
変な音
0円(税込)
無料
手紙
0円(税込)
無料
岡本一平著並画『探訪画趣』序
無料
薤露行
0円(税込)

作品一覧

2018/06/08更新

無料あり
坊っちゃん
  • ブラウザ試し読み

無料あり
教育と文芸
  • ブラウザ試し読み

無料あり
虞美人草
  • ブラウザ試し読み

無料あり
行人
  • ブラウザ試し読み

無料あり
吾輩ハ猫デアル
  • ブラウザ試し読み

無料あり
草枕
  • ブラウザ試し読み

無料あり
三四郎
  • ブラウザ試し読み

無料あり
それから
  • ブラウザ試し読み

無料あり
艇長の遺書と中佐の詩
  • ブラウザ試し読み

無料あり
手紙
  • ブラウザ試し読み

無料あり
文芸と道徳
  • ブラウザ試し読み

無料あり
道草
  • ブラウザ試し読み

無料あり
門
  • ブラウザ試し読み

無料あり
夢十夜
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「吾輩は猫である」中篇自序
  • ブラウザ試し読み

無料あり
イズムの功過
  • ブラウザ試し読み

無料あり
一夜
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 樋口一葉 たけくらべ/夏目漱石/森鴎外
    いやはや、これは。
    はぁぁあ。
    なんとも。

    いいっ!

    カーソン・マッカラーズの「結婚式のメンバー」のあとがきで、「たけくらべ」を思い出した。だなんて村上さんが書いてたもんだから、気になって気になって文庫をペラペラとめくってみたんですが、原文はもとより、口語訳でさえなんだかちんぷんかんぷんと思って...続きを読む
  • こころ
    中学か高校のときに読んだはずですが、そのときにこの作品の魅力を十分に味わえたようには思えません。
    内向的な男たちの扶助や裏切りが展開される、わけのわからない陰鬱な話、という風にしか感じられなかったように思います。
    年齢を重ねて、彼らのように学び、考え、感じ、悩み、経験してきたことの蓄積によって、やっ...続きを読む
  • こころ
    一番好きな文学作品。この作品のテーマ恋愛でも友情でもなく"孤独"であると感じました。孤独を突き詰めて突き詰た。ここまで人間の心の底まで入り込む作品には出会ったことはありません。
  • 坊っちゃん
    マンガのように、気持ちがいいくらい典型的なキャラクター達が鮮やかに描かれている。人間模様はシンプルで、悪いやつは悪い。良いやつは良い。ある意味、想像通りに物語は進む。しかし決して退屈ではなく、読んでいて気持ちが良い。変に読者を裏切らない。

    日和見主義のたぬき、食えない悪者の赤シャツ、長いものに巻か...続きを読む
  • 吾輩は猫である
    人間社会についての評論を猫に語らせた漱石の処女作(1905年ホトトギスに発表)。「吾輩」の主人で中学校の英語教師苦沙弥の書斎には、ホラ話が趣味で金縁眼鏡の自称美学者迷亭、元教え子の理学士寒月、その友人の新体詩人東風、禅語を振りかざす哲学者独仙など「太平の逸民」が集い、理知的ではあるが滑稽なやりとりを...続きを読む

特集