「夏目漱石」おすすめ作品一覧

「夏目漱石」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:夏目漱石(ナツメソウセキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1867年2月9日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

帝国大学(後の東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒。代表作は『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『倫敦塔』などがある。

無料・値引き作品コーナー

無料
高浜虚子著『鶏頭』序
無料
木下杢太郎『唐草表紙』序
無料
変な音
0円(税込)
無料
手紙
0円(税込)
無料
岡本一平著並画『探訪画趣』序
無料
薤露行
0円(税込)

作品一覧

2018/10/24更新

無料あり
坊っちゃん
  • ブラウザ試し読み

無料あり
吾輩は猫である
  • ブラウザ試し読み

無料あり
三四郎
  • ブラウザ試し読み

無料あり
それから
  • ブラウザ試し読み

無料あり
夢十夜
  • ブラウザ試し読み

無料あり
吾輩ハ猫デアル
  • ブラウザ試し読み

無料あり
草枕
  • ブラウザ試し読み

無料あり
自転車日記
  • ブラウザ試し読み

無料あり
永日小品
  • ブラウザ試し読み

無料あり
虞美人草
  • ブラウザ試し読み

無料あり
変な音
  • ブラウザ試し読み

無料あり
満韓ところどころ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
道草
  • ブラウザ試し読み

無料あり
門
  • ブラウザ試し読み

無料あり
倫敦消息
  • ブラウザ試し読み

無料あり
倫敦塔
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「吾輩は猫である」下篇自序
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「吾輩は猫である」上篇自序
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • こころ
    題材は今読んでも新しいと感じ、非常に考えさせられる作品。当時の生活の様子も知ることが出来、その点でも興味深い。
  • 私の個人主義
    私が夏目漱石を好きになるきっかけになった本。
    講演集であり毎回前置きが入る。その前置きがまた面白い。講演内容を考えることを先延ばしにし、ついに今日になってしまい困っているだとか、田舎で人がいないと思ってが、講演が始まるとどこからともなく人が集まってきたなど書かれている。また漱石自身も学者という顔を持...続きを読む
  • 坊っちゃん
    はい、実は読んだことありませんでした。
    「死ぬまでに読まねばリスト」に着手中。

    ***
    「親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている」
    子供の時からまっすぐな気性の“坊ちゃん”は、その気性で周りとも衝突することが多いが、唯一の理解者…というか盲目的に可愛がってくれる相手はばあやさんの清。坊ちゃん...続きを読む
  • 吾輩は猫である
    登場人物がみんな個性的で楽しい!
    適当やけど物知りな迷亭、真面目にふざけてる寒月くん、芸術肌の東風くん、我を貫き通す独仙、それから頑固で胃弱で少年のような苦沙弥先生。
    奥さんもおさんも子供達もかわいいし、車屋の黒も三毛子もかわいい。
    吾輩の物言いももちろん面白い。
    前半は気軽に読めるけど、後半になっ...続きを読む
  • こころ
    物語の序盤から「先生」が自殺してしまうことが結論として語られている。
    昔、教科書で読んだことがある経験からあらかたの筋道は見えているものの「先生」からの手紙の終盤では鳥肌が止まらなかった。


    金 恋愛 は場合によって特にここぞという時に人を悪くする
    最も嫌っていたものが自分も例外でなかったことに失...続きを読む

特集