「夏目漱石」おすすめ作品一覧

  • 作者名:夏目漱石(ナツメソウセキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1867年2月9日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

帝国大学(後の東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒。代表作は『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『倫敦塔』などがある。

作品一覧

2017/01/26更新

無料
こころ
0円(税込)
無料
坊っちゃん
0円(税込)
無料
三四郎
0円(税込)
無料
吾輩は猫である
0円(税込)
無料
草枕
0円(税込)
無料
それから
0円(税込)
無料
道草
0円(税込)
無料
夢十夜
0円(税込)
無料
坑夫
0円(税込)
無料
門
0円(税込)
無料
虞美人草
0円(税込)
無料
ケーベル先生
0円(税込)
無料
行人
0円(税込)
無料
初秋の一日
0円(税込)
無料
野分
0円(税込)
無料
彼岸過迄
0円(税込)
無料
正岡子規
0円(税込)
無料
無題
0円(税込)
無料
明暗
0円(税込)
無料
倫敦塔
0円(税込)
無料
「吾輩は猫である」下篇自序
無料
「吾輩は猫である」上篇自序
無料
「吾輩は猫である」中篇自序

ユーザーレビュー

  • こころ

    ふと教科書にのっていたところを思い出し
    なぜKの自殺部分を載せたのかを疑問に思って
    読み直しました。

    改めて読むと先生もKも小難しい
    明治時代の男性はこんな感じだったのか
    それともやはり当時でも小難しい登場人物だったのか

    名作は名作
    高校時代とは違った目線で楽しめました。

    Posted by ブクログ

  • こゝろ

    初読から●十年・・・不朽の名作と言われる訳が、この歳になってやっとわかった気がします。時代背景は変われど、人のこころの根底にある複雑に絡み合う感情に、今も昔もない。それなのに、この作品に対する見方や感じ方は、その時々の自分によって変化する。初読時は単純にKが哀れと思ったけれど、今は、友を欺いてまで手...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • こころ

    先生は本当に死んでしまったのか?

    第2章の終わりに先生の手紙を読んだ『私』は先生の自殺を止めようと(手遅れかもしれないが)汽車に乗る。第3章は『先生と遺書』という題名の如く先生から『私』に宛てられた手紙だけで実際の先生の生死は語られずに終わる。
    先生は本当に死んでしまったのか?
    遺書を読む限り先生...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集