太宰治の作品一覧

「太宰治」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2024/04/19更新

一日の労苦
無料あり
一問一答
無料あり
一灯
無料あり
一歩前進二歩退却
無料あり
陰火
無料あり
嘘
無料あり
女の決闘
無料あり
かくめい
無料あり
花燭
無料あり
佳日
無料あり
かすかな声
無料あり
風の便り
無料あり
喝采
無料あり
貨幣
無料あり
鴎
無料あり
彼は昔の彼ならず
無料あり
玩具
無料あり
帰去来
無料あり
饗応夫人
無料あり
狂言の神
無料あり
虚構の春
無料あり
心の王者
無料あり
乞食学生
無料あり
古典風
無料あり
古典竜頭蛇尾
無料あり
困惑の弁
無料あり
五所川原
無料あり
五所川原
無料あり
酒ぎらい
無料あり
酒の追憶
無料あり
作家の像
無料あり
作家の手帖
無料あり
佐渡
無料あり
猿ヶ島
無料あり
猿面冠者
無料あり
三月三十日
無料あり
散華
無料あり

ユーザーレビュー

  • 誰

    サタンとは何か

    太宰治が、作中にしばしば比喩とする『サタン』
    太宰がサタンについて調べる契機?となった逸話、教え子や先輩との和やかさが伝わるやり取り、きれいにオチもついた佳作
  • 津軽

    青森愛

    太宰治は津軽生まれ、津軽のみならず
    青森県について、念入りにつまびらかに著述し続ける
    末尾まで笑えて楽しめる青森紹介文
  • 葉桜と魔笛

    松江が舞台

    松江が舞台ながら
    病床に伏せる娘とその家族の悲劇であり
    郷愁は誘われない
    恋を知らず旅立つのは女にとって悔恨なのだな
  • 女の決闘

    森鴎外を引く

    森鴎外全集を何度も引用し
    森鴎外が訳したオイレンベルクの『女の決闘』をひもとく筆者
    これは太宰流文学講義だな
  • 女生徒 mt×角川文庫 specialカバー版
    どの話も、だから何?っていう、捉えどころのない話、たわいもない日常の一コマなんだけど、女性の心理描写がなんでこんなにリアルに書けるの?って思う。すごい細かい心情まで言語化されてて、太宰治の心には乙女がいるのだなぁって。そして、太宰なんじゃないのこれ?って思えたりする人物多々あり。
    卑下したり、欲情し...続きを読む

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!