「太宰治」おすすめ作品一覧

「太宰治」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/04/20更新

無料あり
走れメロス
  • ブラウザ試し読み

無料あり
喝采
  • ブラウザ試し読み

無料あり
葉桜と魔笛
  • ブラウザ試し読み

無料あり
富嶽百景
  • ブラウザ試し読み

無料あり
青森
  • ブラウザ試し読み

無料あり
嘘
  • ブラウザ試し読み

無料あり
桜桃
  • ブラウザ試し読み

無料あり
お伽草紙
  • ブラウザ試し読み

無料あり
帰去来
  • ブラウザ試し読み

無料あり
女生徒
  • ブラウザ試し読み

無料あり
津軽
  • ブラウザ試し読み

無料あり
道化の華
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「晩年」と「女生徒」
  • ブラウザ試し読み

無料あり
火の鳥
  • ブラウザ試し読み

無料あり
ア、秋
  • ブラウザ試し読み

無料あり
あさましきもの
  • ブラウザ試し読み

無料あり
兄たち
  • ブラウザ試し読み

無料あり
老ハイデルベルヒ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
一日の労苦
  • ブラウザ試し読み

無料あり
一問一答
  • ブラウザ試し読み

無料あり
一灯
  • ブラウザ試し読み

無料あり
一歩前進二歩退却
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 乙女の本棚2 猫町
    異世界に行って、帰って来たような気がする。
    おもしろかった。
    いけないお薬はいけないと思います。
    散歩しよって思いました。

    以前仕事帰りのいつもの道で大きな山に見える雲が正面にあって方向感覚がおかしくなったり知らない場所に来たみたいな心細さと焦りを感じたことを思い出した。

    初めて読んだ乙女の本棚...続きを読む
  • 人間失格
    最近***に食傷気味で、水を欲するように純文学を手に取った。
    太宰治の自伝小説とも言われる本作。内面を口に出さない葛藤を仮面で隠して振る舞う不器用さが心に響く。酒にクスリに溺れ、行き着いた先が精神病棟。狂人・癈人、人間、失格と自分で刻印を打つ。
    太宰の年譜を見るに「人間失格」に当たらずも遠からずの人...続きを読む
  • パンドラの匣
    今日6月19日が桜桃忌だと気付き、急遽太宰の作品を読む。

    戦後間もない時代、結核療養所「健康道場」を舞台に書簡形式で生き生きと綴られた物語。
    主人公の二十歳の男性「ひばり」と、互いに渾名で呼び合う仲間達や看護婦達との日々のやり取りは実に微笑ましい。
    特にひばりの恋にはキュンとなった。
    時代の違いを...続きを読む
  • ヴィヨンの妻
    太宰治の、晩年の8つの短編集。
    又吉さんのオススメ本。
    全体的に暗いトーンの作品が多いが、所々でクスリと笑える場面もあり、読みやすい作品が多かったように思う。

    「親友交歓」は単純に面白く、ユーモアたっぷりの作品。
    それ以外の「ヴィヨンの妻」他は、金や女にルーズなどうしようもない夫と、それを支えるし...続きを読む
  • 斜陽
    「日本で最後の貴婦人だった美しい」母親と、「人間は恋と革命のために生まれて来た」と確信し実行する娘。
    太宰治の物語に出てくる女性達は賢くたくましい。
    それに引き換え男性達は……。
    それにしても、上原が笑いながらかず子に言った「しくじった。惚れちゃった」には参った。
    太宰もこう言って女性に言い寄ったの...続きを読む

特集