「太宰治」おすすめ作品一覧

【太宰治】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/07/20更新

無料
走れメロス
0円(税込)
無料
葉桜と魔笛
0円(税込)
無料
桜桃
0円(税込)
無料
お伽草紙
0円(税込)
無料
「晩年」と「女生徒」
無料
地図
0円(税込)
無料
父
0円(税込)
無料
津軽
0円(税込)
無料
花火
0円(税込)
無料
律子と貞子
0円(税込)
無料
ア、秋
0円(税込)
無料
青森
0円(税込)
無料
あさましきもの
0円(税込)
無料
兄たち
0円(税込)
無料
老ハイデルベルヒ
無料
一日の労苦
0円(税込)
無料
一問一答
0円(税込)
無料
一灯
0円(税込)
無料
一歩前進二歩退却
無料
陰火
0円(税込)
無料
嘘
0円(税込)
無料
右大臣実朝
0円(税込)

ユーザーレビュー

  • 女性作家が選ぶ太宰治

    読んだことのある作品もそうでない作品もあったけれど全体を通して楽しかった。
    やっぱり太宰治が好きだなぁと。

    女生徒、恥は読んだことのあった作品。好きな作品は何度読んでも楽しめるし、何度だって読みたくなる。
    そのうちまた読みたい。

    古典風、秋風記。今回初めて読んだ作品の中ではこの2篇が私の中でベス...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 人間失格

    ことごとく自分を卑下しているが、人間誰しもがどこか共感できる、もしくは葉蔵のようになり得る可能性があるのではないかと考えさせられる。
    物語の構成も、葉蔵の手記を紹介するという手法のため、いやに現実性が高く、ノンフィクションなのではないかと錯覚する。
    私が一番心打たれたのは、あとがきのバーのママの一言...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 人間失格

     ずいぶん昔に読んだときは、暗い話だな〜という漠然とした感想しか持たなかったけれど、いまこの歳になって読むと深く考え込まずにはおれない。大庭葉蔵の強すぎる自意識や人間への不信を自分と重ねてしまう人が多いというが、私もそのクチだった。徹底した一人称の語り口が自分にだけ打ち明けてくれているような感覚にな...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集