「太宰治」おすすめ作品一覧

「太宰治」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

無料
父
0円(税込)
無料
貨幣
0円(税込)
無料
無題
0円(税込)
無料
母
0円(税込)

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/07/13更新

晩年
  • ブラウザ試し読み

人間失格
  • ブラウザ試し読み

無料あり
グッド・バイ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
走れメロス
  • ブラウザ試し読み

無料あり
恥
  • ブラウザ試し読み

無料あり
津軽
  • ブラウザ試し読み

無料あり
火の鳥
  • ブラウザ試し読み

無料あり
青森
  • ブラウザ試し読み

無料あり
右大臣実朝
  • ブラウザ試し読み

無料あり
桜桃
  • ブラウザ試し読み

無料あり
お伽草紙
  • ブラウザ試し読み

無料あり
貨幣
  • ブラウザ試し読み

無料あり
饗応夫人
  • ブラウザ試し読み

無料あり
女生徒
  • ブラウザ試し読み

無料あり
雀こ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
ダス・ゲマイネ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
父
  • ブラウザ試し読み

無料あり
春の枯葉
  • ブラウザ試し読み

無料あり
ア、秋
  • ブラウザ試し読み

無料あり
あさましきもの
  • ブラウザ試し読み

無料あり
兄たち
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 斜陽
    2017年夏に文春文庫の短編集にて拝読。そちらの欄にレビュー記載済み。新潮文庫の100冊、限定プレミアムカバーに惹かれて、こちらも購入。
  • 太宰治の手紙 返事は必ず必ず要りません
    桜桃忌から読み始めた。太宰の32歳までの書簡集。面白かった〜!この情けなさとダメさがたまりません。若い頃から見ていくと手紙もだんだん落ち着いて行く感じがわかる。でも晩年の書簡集も持ってるけどまた荒廃してゆくんだよなあ…そこがカットされているおかげかユーモラスな読後感だった。死してなお毎年関連書籍が出...続きを読む
  • 人間失格
    読まず嫌いだった太宰治。

    やっぱり名作には理由がありました。

    主人公は特殊な人間と思わせといて、人間みんなにある根底の弱さをこれでもかというくらい描いている。

    「世間とは個人じゃないか」や「白痴か狂人の淫売婦たちに、マリヤの円光を現実に見た夜もあったのです」など感じ入ることも多かった。

    何回...続きを読む
  • 乙女の本棚2 猫町
    異世界に行って、帰って来たような気がする。
    おもしろかった。
    いけないお薬はいけないと思います。
    散歩しよって思いました。

    以前仕事帰りのいつもの道で大きな山に見える雲が正面にあって方向感覚がおかしくなったり知らない場所に来たみたいな心細さと焦りを感じたことを思い出した。

    初めて読んだ乙女の本棚...続きを読む
  • 人間失格
    最近***に食傷気味で、水を欲するように純文学を手に取った。
    太宰治の自伝小説とも言われる本作。内面を口に出さない葛藤を仮面で隠して振る舞う不器用さが心に響く。酒にクスリに溺れ、行き着いた先が精神病棟。狂人・癈人、人間、失格と自分で刻印を打つ。
    太宰の年譜を見るに「人間失格」に当たらずも遠からずの人...続きを読む

特集