人間失格

人間失格

作者名 :
通常価格 308円 (280円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「恥の多い生涯を送って来ました」。そんな身もふたもない告白から男の手記は始まる。男は自分を偽り、ひとを欺き、取り返しようのない過ちを犯し、「失格」の判定を自らにくだす。でも、男が不在になると、彼を懐かしんで、ある女性は語るのだ。「とても素直で、よく気がきいて(中略)神様みたいないい子でした」と。だれもが自分のことだと思わせられる、太宰治、捨て身の問題作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内文学
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
ページ数
185ページ
電子版発売日
2011年10月21日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

人間失格 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月17日

    YouTube大学見てきました。
     
    何を信じればいいですか。
    日本人は特定の宗教を信じる文化がない。それゆえに行き詰まった時には、自殺という選択をしてしまうことがある。これはいじめにもつながることがあって、いじめはその時々の空気によって支配されてしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月06日

    一読しただけではこの作品をつらつらと語れるほどの読解力と語彙力と感性とやらが私には備わっていないのでまだ何も言うことはできないが、感じたことは、沢山あった。 (他の本に対しても言えることだが歴史的名著というものを学校の授業以外では初めて読んだし、何よりいつも読書をして感じるものより遥かに大きいものを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月03日

    じぶんで、したことは、そのように、はっきり言わなければ、かくめいも何も、おこなわれません。じぶんで、そうしても、他におこないをしたく思って、にんげんは、こうしなければならぬ、などとおっしゃっているうちは、にんげんの底からの革命が、いつまでも、できないのです。

    Ther...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月03日

    読み進めるにつれて、太宰治という人間を知れた
    会話や態度から伝わる人間の
    薄っぺらさが嫌いなんだろうなと
    あとすごく繊細な人なんだろうなと思った 
    所々笑ってしまった 

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月28日

    「良い衣類用スチーマー調べといて」と夫。なんで私がと思いつつ、夕方までにイチオシの1台を調べてプレゼンする私。太宰は「女は男に用事をたのまれると喜ぶものだ」と言う。津軽の男達は女を上手く使うようだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月21日

    主人公の男、堕ちるところまで堕ちていくけれど、
    周りにはいつも気にかけてくれる人がいて、
    何かあれば駆けつけてくれる人がいて、
    愛してくれる人がいる。

    人を惹きつける生まれ持った魅力もあるのだろうけど、人の温かさをちゃんと受け入れているあたり、
    ものすごく人間できてるな、と思う。

    こんな堕ちてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月18日

    太宰の自意識過剰なねちねち感が自分に似ていて、太宰作品をほんとは読みたくないんだけど、事あるごとに繰り返して読んでしまっているのがこれで、なんかくやしい。『人間失格』を手離せる人間に私はなりたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月07日

    小栗旬主演の映画を観る前に予習として太宰治に手を出す。


    母親の言っていた、「太宰は病むぞ」と言う言葉の意味がなんとなくわかった。

    堕ちるところまで堕ちるのはどんな気分なのか、興味が湧いてしまう。


    恥の多い人生だと思うかは自分次第。
    僕は自由奔放な彼に少し憧れもした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月03日

    太宰治は読んだことがなかったし興味もなかったけれど、2020年プレミアムカバーに惹かれて購入。暫く積ん読になってた。ある日、急に思い立って読み始めた。そして読み始めたら止まらなくなった。

    物語そのものよりも筆致に魅力を感じる。
    たとえば
    「人間は、こぶしを固く握りながら笑えるものでは無いのである。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月31日

    人間を信じられない男の人生観
    幸福に対する欲求と罪の意識でどうにもならない苦悩が描かれていて共感ができるような気がした。「神様みたいにいい子でした」がとても皮肉が効いてて印象的だった。罪に対しての問答がとても考えさせられる内容で、善悪とは何かということなどを改めて考える必要があるなと感じた。
    文豪の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

太宰治 のこれもおすすめ

人間失格 に関連する特集・キャンペーン