思い出す事など 私の個人主義 硝子戸の中

思い出す事など 私の個人主義 硝子戸の中

作者名 :
通常価格 1,242円 (税込)
紙の本 [参考] 1,512円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

三十七歳から初小説『吾輩は猫である』を執筆、以降、満四十九歳で逝去するまでのわずか十余年間に、日本近代文学の礎となる数多の傑作を著した漱石夏目金之助。「修善寺の大患」で垣間見た「死」の後に綴った二随筆は、小説やいわゆる身辺雑記とは別種の妙味を持ち、漱石文学のひとつの極点として異彩を放ち続けている。同時期の著名な演説一篇を併録した、散文芸術の真髄。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文芸文庫
電子版発売日
2016年08月12日
紙の本の発売
2016年07月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年12月20日

漱石の有名な大量吐血事件後に、漱石が感じた死生観などのエッセイでかなり深刻な内容かなーと思っていたら洒落がきいた漱石節の方が印象的でした。

純文学ならではの少しムツカシイ言い回しの表現ですが、「俺の悩みなんてこの広い宇宙に比べたら…( ´-` )」なんて事を綴っていたので少しクスッとできました(笑...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「夏目漱石」のこれもおすすめ

BOCCHAN 坊っちゃん 1巻

BOCCHAN 坊っちゃん 1巻

完結
草枕

草枕

こころ

こころ

彼岸過迄

彼岸過迄

  • ブラウザ試し読み

三四郎

三四郎

  • ブラウザ試し読み

坊っちゃん

坊っちゃん

  • ブラウザ試し読み

こころ

こころ

  • ブラウザ試し読み

無料あり
夢十夜

夢十夜

  • ブラウザ試し読み