東雅夫の一覧

「東雅夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

怪獣文藝の逆襲
値引き
1045円(税込)
百物語の怪談史
値引き
341円(税込)
日本の伝説
値引き
253円(税込)

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/09/15更新

ユーザーレビュー

  • ふしぎな話 小池真理子怪奇譚傑作選
    律子さん連作は、あれ?これどこかで?と思いながら読んでいたが、著者自身があとがきで書いているように、『神よ憐れみたまえ』の原型と言えるね。

    どれもよく出来ていると思うけれど、『恋慕』『年始客』『やまざくら』あたりが特に◎。
  • ふしぎな話 小池真理子怪奇譚傑作選
    小説のみならずエッセイも収録された怪奇譚傑作選。小池真理子さんの短編ホラーって結構読んでる……って思っていたのですが。「律子慕情」「午後のロマネスク」って、ただの恋愛小説だと思って完全に読み逃していました。不覚。
    特に「律子慕情」に収録されている「恋慕」「花車」「慕情」が素敵。死者の霊が登場するので...続きを読む
  • 文豪怪奇コレクション 恐怖と哀愁の内田百閒
    今までいろいろ怪談モノ読んできましたが、この本が一番読んでる最中にゾワゾワとしてくると言いますか、読者のメンタルが不安定になっていくような恐怖を感じさせてくれて、とても面白かった。

    目が覚めた後に振り返ると理論の展開がおかしいことに気づく夢物語と言えばいいか……夢を見ている最中は変な展開になっても...続きを読む
  • 稲生物怪録
    面白かった!
    絵巻と、京極さんの訳と、東さんの訳の三編。

    どんな怪異にも動じないとはきいていたけど、化け物がでてきても『どうしようもないから寝た』『意味がわからないから寝た』『我慢していたら寝ていた』など、基本的にすぐ寝る。 
    怪異自体は全部実際自分が遭遇したら怖いものばかりのはずなのに、平太郎の...続きを読む
  • 文豪怪奇コレクション 猟奇と妖美の江戸川乱歩
    あー面白かった。
    乱歩のこーゆー系は河出文庫の『不気味な話1江戸川乱歩』読んでたから中身はほとんど知っとる話やったけど、なんべん読んでもおもしろーーい。
    もうこんなんばっかり読むせいで、例えば「人でなしの恋」とか、いやまあまあ変態じみとるけどまああるわいそういうこと、とか思ってしまっとる。
    読んだこ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!