美しい表紙で読む日本の名作集1

美しい表紙で読む日本の名作集1

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

内容紹介
■みだれ髪/与謝野晶子
女性の恋愛感情を素直に詠んだ斬新な作風が時代を経てもその魅力が失われない名作『みだれ髪』。
歌人・与謝野晶子の処女歌集です。その歌のほとんどは、後の夫であり、編者であった与謝野鉄幹への恋慕の情が描かれています。

■たけくらべ/樋口一葉
吉原の廓に住む14歳の少女、美登利と運命の少年、藤本信如との恋を中心に東京の子どもたちの生活を描いた樋口一葉の名作です。子供から大人に移り変わる少年少女の心理を小説することは当時前例のない試みであり、一葉の名を有名にした代表作品でもあります。

■梶井基次郎/桜の樹の下には
『檸檬』に並ぶ、梶井基次郎の代表的作品。

「桜の樹の下には屍体が埋まっている!」という有名な冒頭文に始まる本作は、散文詩的・幻想的なモチーフが特徴。
また、話者である「俺」が、聞き手の「お前」に向けて話す台詞を、そのまま小説にする手法を用いた、著者にしては特異な形態がとられています。

表題作のほか、 白昼に闇を見るという青年の憂鬱、絶望を描く『蒼穹』、
見るもの全てを自分の意識の中に取り込んでしまう男の悲劇を描いた『泥濘』を収録。


※「美しい表紙でよみたい」シリーズは、不朽の名作を美麗な表紙イラストともにじっくりと味わえます。

本作の表紙イラストは、現在イラストレーターとして国内外で活動中の安那(Anna)氏によるものです。
和風・ノスタルジックテイスト漂う作風が特徴で、叙情的な表情、季節感の表現を得意とする美しいイラストが、
時代を経ても色あせない名作文学の魅力をアップさせてくれます。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
ゴマブックス
電子版発売日
2014年08月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

美しい表紙で読む日本の名作集1 のユーザーレビュー

レビューがありません。

美しい表紙で読む日本の名作集 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 美しい表紙で読む日本の名作集1
    内容紹介 ■みだれ髪/与謝野晶子 女性の恋愛感情を素直に詠んだ斬新な作風が時代を経てもその魅力が失われない名作『みだれ髪』。 歌人・与謝野晶子の処女歌集です。その歌のほとんどは、後の夫であり、編者であった与謝野鉄幹への恋慕の情が描かれています。 ■たけくらべ/樋口一葉 吉原の廓に住む14歳の少女、美登利と運命の少年、藤本信如との恋を中心に東京の子どもたちの生活を描いた樋口一葉の名作で...
  • 美しい表紙で読む日本の名作集2 夏目漱石『三四郎』、高村光太郎『知恵子抄』、太宰治『ヴィヨンの妻』
    内容紹介 ■三四郎/夏目漱石 明治41年「朝日新聞」に9月1日から12月29日にかけて連載され、翌年5月に春陽堂から刊行された夏目漱石の代表作で、『それから』『門』へと続く前期三部作の一つ。 九州の田舎から出てきた主人公・小川三四郎が、都会の様々な人との交流から得るさまざまな経験、恋愛模様が描かれています。 三人称小説ですが、視点は三四郎に寄り添い、ときに三四郎の内面を鋭く描き出されていま...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

作者のこれもおすすめ