「梶井基次郎」おすすめ作品一覧

「梶井基次郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

無料
桜の樹の下には(旧仮名)
無料
筧の話
0円(税込)
無料
檸檬
0円(税込)
無料
奎吉
0円(税込)
無料
路上
0円(税込)

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/07/13更新

無料あり
檸檬
  • ブラウザ試し読み

無料あり
桜の樹の下には
  • ブラウザ試し読み

無料あり
Kの昇天
  • ブラウザ試し読み

無料あり
城のある町にて
  • ブラウザ試し読み

無料あり
檸檬
  • ブラウザ試し読み

無料あり
愛撫
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「青空語」に寄せて(昭和二年一月号)
  • ブラウザ試し読み

無料あり
青空同人印象記(大正十五年六月号)
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「青空」のことなど
  • ブラウザ試し読み

無料あり
浅見淵君に就いて
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「亜」の回想
  • ブラウザ試し読み

無料あり
ある崖上の感情
  • ブラウザ試し読み

無料あり
筧の話
  • ブラウザ試し読み

無料あり
過古
  • ブラウザ試し読み

無料あり
器楽的幻覚
  • ブラウザ試し読み

無料あり
奎吉
  • ブラウザ試し読み

無料あり
講演会 其他(大正十五年二月号)
  • ブラウザ試し読み

無料あり
交尾
  • ブラウザ試し読み

無料あり
桜の樹の下には(旧仮名)
  • ブラウザ試し読み

無料あり
詩集「戦争」
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 檸檬
    こういう文章を書きたいんだよな、とさながら檸檬の皮にほど近い部分を齧ったような想いで読んでいた。嫉妬するのがおこがましいほどに美しい。
  • 梶井基次郎全集 全一巻
    うつ病で一人部屋の隅にいた時にこの本を繰り返し読んでいた。この作者の作品群に共通して垣間見える孤独な感じが自分の心を癒してくれるような気がした。でも、少し幸せになった今は本棚から取り出す事がめっきり減った。
    そんな作品。
  • 乙女の本棚2 猫町
    異世界に行って、帰って来たような気がする。
    おもしろかった。
    いけないお薬はいけないと思います。
    散歩しよって思いました。

    以前仕事帰りのいつもの道で大きな山に見える雲が正面にあって方向感覚がおかしくなったり知らない場所に来たみたいな心細さと焦りを感じたことを思い出した。

    初めて読んだ乙女の本棚...続きを読む
  • 乙女の本棚4 檸檬
    一目惚れして購入した、乙女の本棚の「檸檬」。暗闇に浮かぶ清冽なレモンイエローと温かみのあるオレンジ色を基調とした絵が、梶井基次郎の作品の世界観ととても合っていて素敵。ただ、ラストの爆破シーンの得意げな表情と飛び散る本にはどうしても笑ってしまう。
  • 乙女の本棚 女生徒
    ゾクゾクしていた。
    あんまり素晴らしいから。

    視覚の効果が大きいと思う。
    よくこんな文句のつけられないようなものが出来上がったなって。

    が、
    原作を知らないまま読んだため、
    今から原作読んでも、この絵を知らなかったときには戻れない。
    たぶんイメージは先行してしまうだろうなって。
    先に読んでおきた...続きを読む

特集