梶井基次郎の一覧

「梶井基次郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料作品コーナー

無料
桜の樹の下には(旧仮名)
無料
筧の話
0円(税込)
無料
檸檬
0円(税込)
無料
奎吉
0円(税込)
無料
路上
0円(税込)

作品一覧

2019/08/24更新

無料あり
檸檬
  • ブラウザ試し読み

無料あり
桜の樹の下には
  • ブラウザ試し読み

無料あり
愛撫
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「青空語」に寄せて(昭和二年一月号)
  • ブラウザ試し読み

無料あり
青空同人印象記(大正十五年六月号)
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「青空」のことなど
  • ブラウザ試し読み

無料あり
浅見淵君に就いて
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「亜」の回想
  • ブラウザ試し読み

無料あり
ある崖上の感情
  • ブラウザ試し読み

無料あり
ある心の風景
  • ブラウザ試し読み

無料あり
海
  • ブラウザ試し読み

無料あり
温泉
  • ブラウザ試し読み

無料あり
筧の話
  • ブラウザ試し読み

無料あり
過古
  • ブラウザ試し読み

無料あり
器楽的幻覚
  • ブラウザ試し読み

無料あり
奎吉
  • ブラウザ試し読み

無料あり
Kの昇天
  • ブラウザ試し読み

無料あり
講演会 其他(大正十五年二月号)
  • ブラウザ試し読み

無料あり
交尾
  • ブラウザ試し読み

無料あり
桜の樹の下には(旧仮名)
  • ブラウザ試し読み

無料あり
詩集「戦争」
  • ブラウザ試し読み

無料あり
城のある町にて
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「親近」と「拒絶」
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「新潮」十月新人号小説評
  • ブラウザ試し読み

無料あり
雪後
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「戦旗」「文芸戦線」七月号創作評
  • ブラウザ試し読み

無料あり
蒼穹
  • ブラウザ試し読み

無料あり
太郎と街
  • ブラウザ試し読み

無料あり
泥濘
  • ブラウザ試し読み

無料あり
のんきな患者
  • ブラウザ試し読み

無料あり
冬の蠅
  • ブラウザ試し読み

無料あり
冬の日
  • ブラウザ試し読み

無料あり
編輯後記(昭和二年一月号)
  • ブラウザ試し読み

無料あり
編輯後記(大正十五年九月号)
  • ブラウザ試し読み

無料あり
編輯後記(大正十五年三月号)
  • ブラウザ試し読み

無料あり
編輯後記(大正十五年四月号)
  • ブラウザ試し読み

無料あり
矛盾の様な真実
  • ブラウザ試し読み

無料あり
闇の絵巻
  • ブラウザ試し読み

無料あり
闇の書
  • ブラウザ試し読み

無料あり
闇への書
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 檸檬
    有名な『檸檬』を実際に読んでみたくて挑戦しました。あまり近代文学というものに慣れていないのもあり、最初の方がウンウン唸りながら読んでいたのですが、途中から読み方みたいなものが分かってきました。ひとつひとつの描写が詩的で、彼が世界をどのように見てくるかが如実に伝わってきました。特に『冬の日』なんかは胸...続きを読む
  • 乙女の本棚6 瓶詰地獄
    過不足の無かったはずの楽園が、時を経て性徴という魔力を前にじわじわと崩壊していく様の、うつくしさと残酷さ。
    そして、神の目から逃れるように、救いを投げ出すように目印を倒し聖書を焼いたのに、瓶の中に残されていた手紙に綴られていたのはひたすらに懺悔だった。
    そういう歪さに、ただただ感服させられたというか...続きを読む
  • 檸檬
    何故か文体やその雰囲気に共鳴して、この本を持ち歩いていたら何か安心すると思い、一時期ずっと鞄に入れておくという奇行に走ったことを思い出した..。あれは就活が終わりかけの時かなぁ、(今もだけど)心がぐちゃぐちゃになってたんだね。

    ある崖上の感情、泥濘、Kの昇天、あと特に過古が好き。今はこんなあほぽん...続きを読む
  • 檸檬
    一文一文が予定調和を拒んでいるような、安易な理解やモデル化を許さない文章が並んでいる。文章が様々な示唆を含んでいて奥行きを感じるということかもしれない。それゆえじっくりじっくり読まないと物語の世界に入っていけないように書かれているように感じた。そして、その抵抗のようなものが物語の強度を生み出している...続きを読む
  • 檸檬
    この中の『檸檬』が一番好きです。
    「得体の知れない不吉な塊」
    この表現にとても救われました。私がずっと言葉にできず、求めあぐねていたものでした。
    その衝撃もさることながら、花火だとかビイドロだとかいった、主人公が心惹かれたものたちの描写は非常に鮮やかで美しい。頭の中がとても彩どりになります!檸檬で丸...続きを読む