梶井基次郎の一覧

「梶井基次郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料作品コーナー

作品一覧

2021/10/15更新

檸檬
無料あり
愛撫
無料あり
桜の樹の下には
無料あり
城のある町にて
無料あり
冬の蠅
無料あり
闇の絵巻
無料あり
闇の書
無料あり
闇への書
無料あり
檸檬
檸檬
檸檬
無料あり
檸檬
路上
無料あり

ユーザーレビュー

  • 乙女の本棚8 夢十夜
    「乙女の本棚」シリーズ。夏目漱石『夢十夜』とイラストレーター・しきみ、編。
    もともと『夢十夜』が好きなのだけど、改めて、この企画には、ピッタリの作品だと思った。
    しきみさんの絵も素敵で、小説の雰囲気と合っているな、と。
  • 梶井基次郎全集 全一巻
    梶井基次郎という人は、結核という病を得て死について考え考え、考えぬいて生きたんだなというのがよくわかる。
    世間と隔絶されてしまったかのような焦燥感、絶望感、最後は諦念と恐怖のなかにかすかに達観も見られ、どこか救われるような気持ちになったりもした。どれを読んでも胸にせまるものがある。

    読みながら、自...続きを読む
  • 乙女の本棚9 外科室
    今風の言葉で感想を述べるならば「エモい」の一言に尽きますが、とてもそんな言葉では語り切れないものがこの物語にはあります。
    挿絵がまた大変に美しいのですが、それが更に物語の良さを引き立てています。
    昔の文体で書かれているので、現代語訳をネットで調べながら読むのがおすすめ……。
  • 乙女の本棚7 蜜柑
    黒色の景色がラストで一気に橙色に変わる、色の変化が美しい作品でした。読後感が心地よく、蜜柑のいい匂いまでしそうな気がした。
    著者である、芥川龍之介さん曰く「文章の中にある言葉は、辞書の中にある時よりも美しくなければならない」
    文章の中に、その人がいる。
  • 檸檬
    「課せられているのは永遠の退屈だ。生の幻影は絶望と重なっている」(筧の話)

    言葉として表されるのを待っていたかのような、そんな文章があります。

    思索として無稽でありながら、
    根拠のない確信でありながら、
    人間らしい心情でありながら、
    日常めいた風景でありながら、

    それ自体は実際で、
    その存在は...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!