「梶井基次郎」おすすめ作品一覧

「梶井基次郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

無料
桜の樹の下には(旧仮名)
無料
筧の話
0円(税込)
無料
檸檬
0円(税込)
無料
奎吉
0円(税込)

作品一覧

2017/07/28更新

無料あり
檸檬
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「亜」の回想
  • ブラウザ試し読み

無料あり
海
  • ブラウザ試し読み

無料あり
Kの昇天
  • ブラウザ試し読み

無料あり
講演会 其他(大正十五年二月号)
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「親近」と「拒絶」
  • ブラウザ試し読み

無料あり
檸檬
  • ブラウザ試し読み

無料あり
愛撫
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「青空語」に寄せて(昭和二年一月号)
  • ブラウザ試し読み

無料あり
青空同人印象記(大正十五年六月号)
  • ブラウザ試し読み

無料あり
「青空」のことなど
  • ブラウザ試し読み

無料あり
温泉
  • ブラウザ試し読み

無料あり
筧の話
  • ブラウザ試し読み

無料あり
過古
  • ブラウザ試し読み

無料あり
器楽的幻覚
  • ブラウザ試し読み

無料あり
奎吉
  • ブラウザ試し読み

無料あり
交尾
  • ブラウザ試し読み

無料あり
桜の樹の下には
  • ブラウザ試し読み

無料あり
桜の樹の下には(旧仮名)
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 梶井基次郎全集 全一巻
    自分の影と対話するような面と、母親や友人との、やりきれなさや苛立ちを抱えつつ、それでもどこか縋るような透明な関係性に共感して引きつけられる。
    「檸檬」(角川文庫)になかった初読の作品では「路上」、習作の「卑怯者」「彷徨」が特に印象的だった。

    「路上」では崖の道をあえて滑ってみたり、「冬の蝿」では病...続きを読む
  • 檸檬
    病んで歪んだ世界。そこに突き刺さる孤独と、瀬戸際の美しさ。そして、彼岸に踏み入れた片足――。

    病んでいる人のみが見ることのできる世界、自分の中にある普通は他人に見せないような薄暗い感情を形にしたらこんな作品になるのかと思う。「冬の日」「冬の蠅」が特に良かった。気づけば梶井ワールドにはまって全作品を...続きを読む
  • 檸檬
    なんとなく暗い店内やカラダも心もちょっと病んでどんよりした作者とキリッと綺麗な黄色の檸檬の情景が浮かんできます。
    学生の頃この本を読んで丸善に憧れました。
  • 梶井基次郎全集 全一巻
    「檸檬」「桜の樹の下には」が収録。夜桜を観に行く前に「桜の樹の下には」を読んでいくと風情?がでていいかもしれません。
  • 檸檬
    ・檸檬
    あんなに熱中していたのに突然嫌悪感を抱くようになること。
    気持ちの居場所を探して現実逃避し、頭の中でぐるぐる徘徊すること。
    その刹那ぴたりと私の心に当てはまるもの。
    不安、不快感、焦燥感を軽くしてくれるもの。
    普段思いもつかない不真面目なことをやった自分に愉快になってしまうこと。
    檸檬という...続きを読む

特集