「角幡唯介」おすすめ作品一覧

「角幡唯介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/06/11更新

ユーザーレビュー

  • 空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む
    世界中で誰も到達したことのない、人類未踏の地を目指す。理解できない世界だが、何度も死にそうになった自分の体験を、ここまで他人事のように書けるとは。一方、淡々と事実を記すだけでは暗く辛い話になるけれど、意識的に笑えるネタを仕込んでいるのも面白い。
  • 空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む
     冒険家、角幡唯介が学生時代に訪れたのは、チベットの奥地に残された未踏のツァンポー渓谷の五マイルだった。

     英領インド時代の150年ほど前から現代に至るまで、ツァンポー渓谷は様々な冒険家探検家により調査が進んでいた。
     しかし、一番切り立った峡谷部の五マイルだけは未踏の地として残されていた。

     ...続きを読む
  • 極夜行
    意外なる犬の好物…!
    このように遠くへ連れてってくれる本に出会うと読書の楽しさを改めてしみじみ感じられてとてもよいのです。
  • 極夜行
     読み終わって、初めて気が付いた。
     表紙の写真はよく見ると、月の灯りに照らされた橇が写り込んでいることに。
     本を手に取った時には全く気が付かなかった。

     極夜。太陽が昇らず、一日中真っ暗な土地が北極にある。
     闇の中を行く世界は、体験者でなければ絶対に分からない。
     それをあえて筆者は、相棒の...続きを読む
  • 極夜行
    【永い夜に抱かれて】24時間の間に一度も太陽が顔を出さない極夜。長いところでは半年近くにわたって続くその現象の只中に身を置いた著者は,4か月の明けない夜と極寒の底をくぐり抜け,ついに久しぶりの太陽を目の当たりにすることに。その時彼は,圧倒的な光と対面し何を思うのか......。著者は,『空白の五マイ...続きを読む

特集