アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極

アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極

作者名 :
通常価格 1,571円 (1,429円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

デビュー作『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』で2010年第8回開高健ノンフィクション賞、2011年第42回大宅壮一ノンフィクション賞、2011年第1回梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞し、『雪男は向こうからやって来た』で2012年第31回新田次郎文学賞を受賞した若き冒険作家の最新作! 今なお命の瀬戸際まで人間を追いつめる酷寒の北極圏。19世紀、地図なき世界と戦い、還らなかった人々を追う、壮絶な1600キロ徒歩行! 人間の生と死をめぐる力強い物語!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社学芸単行本
ページ数
408ページ
電子版発売日
2013年12月20日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年06月12日

    北西航路を開拓することに全力を注いでいた19世紀の英国、フランクリン船長率いる探検隊が北極で失踪します。
    彼らに何があってどこへ消えたのか、今でも謎のままなのです。
    著者と同伴者による実際の探索・探検、文献等による検証・研究によって構成されています。
    後者の検証・研究も大変興味深いのですが、前者の探...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月04日

    極北で、かつて姿を消した大英帝国海軍探検隊の軌跡を追ったルポルタージュ。
    生きていることの意味が生々しく表れる、筆者がジャコウウシを仕留めるシーンは、この本のハイライト。私は思わず一旦キンドルからめをそむけてしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月25日

    探検家としてとんでもないことを成し遂げていることに加えて、ライターとして非常に優秀。

    フランクリン隊はなぜ全滅したのか、アグルーカたちはどこへ行ったのか、それを自分たちの冒険とパラレルに見せていく演出はすごく上手い。
    ただ歴史を順に語っていくのではなく、自分の足で実際に足跡を辿っているだけに、その...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月19日

    1840年代、英国のフランクリン隊が北極圏の北西航路を開拓するために、129人、2隻の軍艦で旅立つが、行方不明となり出発後10年近く経ったのちに全滅したことがわかる。その後の調査や隊員に遭遇したイヌイットの言質より、隊員の無数の白骨や墓、遺品などが発見された。しかし、最後の隊員が、どこまで辿り着き、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月03日

    壮絶な北極探検記。なにより筆者が同年代というところに驚く。精神力、行動力、大胆さ、計画性、洞察力、感受性、すべてが羨望の対象。ジャコウウシを撃って食料にするところは、読んでいて辛くなるような記述だったが、極限状態では人も動物も弱肉強食の序列に組み入れられる現実があるのだと突き付けられた。リアリズムに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月27日

     19世紀半ばに「北西航路」発見を目指してイギリスを出発し、北米大陸の北部、北極圏で全員が死亡したとされるフランクリン隊。本書は、このフランクリン隊がたどったルートとほぼ同じルートを徒歩で踏破する冒険の記録となっている。

     北極圏のとんでもなく厳しい自然環境の描写に加え、フランクリン隊の生き残りの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月15日

    『もし私が今度の旅で何か分かったことがひとつだけあったとすれば、それはあの時に感じた、ある種の生きることに対する罪悪感であった』
    北西航路発見の探検で死んでいったフランクリン隊の足跡をたどりながら1600kmの道のりを歩き続けた冒険・旅
    とても面白かった

    ”自分の体から出る水分の多さにうんざりした...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月05日

    身体が芯から凍えるような気分になったり、
    心の内から熱い想いがわき上がったり、
    喜怒哀楽をともに。読み応えのある作品。

    かつて北極探検で全滅したフランクリン隊を追って、
    北極を歩いて旅する冒険家。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月21日

    タイトルで中身の想像が大体ついてしまう本ですが、とは言え面白いのは、著者が同じようなルートを実際に旅すること。説得力は物凄くあるし、ルポは引き込まれるような面白さがあります。

    しかし、著者の探検はフランクリン隊のそれとは違って、大義は無いのではないか。国の威信をかけて新たな貿易路である北西航路を開...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月01日

    探検、冒険、未踏の地といった派手な惹句にとどまらない記憶に刻まれる記録と著者の生々しい感情の動きがある。過去の探検隊の足跡を追いながら、現代社会における「冒険」の意味やあり方を考えさせる。ひとたび読み始めると、日々の細々した仕事からの疲れやこだわりが吹っ飛び極北の地で白い息を吐きながらひたすら歩き続...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています