姫野カオルコの一覧

「姫野カオルコ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:姫野カオルコ(ヒメノカオルコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1958年08月27日
  • 出身地:日本 / 滋賀県
  • 職業:作家

青山学院大学文学部日本文学科卒。1990年『ひと呼んでミツコ』で単行本デビュー。『受難』、『ツ、イ、ラ、ク』、『ハルカ・エイティ』、『リアル・シンデレラ』など多くの作品を手がける。2014年『昭和の犬』で第150回直木賞を受賞した。姫野 嘉兵衛と表記することもある。

作品一覧

2021/04/06更新

ユーザーレビュー

  • 彼女は頭が悪いから
    「彼女は頭が悪いから 姫野カオルコ 文春文庫 2021年 870円」
    ものすごく気持ち悪いけど、リアル感がすごい小説。東大、権威に対するやっつかみも凄いし、学歴差別や男尊女卑、ジェンダー問題からも読める小説。書評だったか、podcastだったか忘れたけど、読めて良かった一冊。
  • 彼女は頭が悪いから
    胸糞悪い。この世の中がとても胸糞悪いと改めて思い知らされた。早くこんな男尊女卑や頭良いから、馬鹿だからなんてことでレベル分けされる世の中なくなれば良いと思う。日本の学生みんなに読ませたい。そしてこんな人が増えないようにしてほしい。
  • 彼女は頭が悪いから
    モヤモヤした嫌な感情に終始振り回された。
    選評を読んで「それが言いたかったんです!」さすが審査員。

    何も知らずにニュースを見たら、学歴を聞いて期待してホイホイついて行ったおバカな女子大生と思っただろう。

    三浦教授の寄りそいが救いだった。

    竹内くんの東大はリケジョリカのおっぱい。
    山岸遥とつばさ...続きを読む
  • 彼女は頭が悪いから
    東大生のつばさと女子大生の美咲2人の出会いが強制わいせつ事件に

    読み進めるたびに苛立ちと嫌悪で震えながらも一気読み
    勘違い女、ネタ枠、自覚なく滲み出る選民、差別意識、勝手に勘違いされる下着
    全部の描写が鮮烈に描かれていて身に覚えも心当たりもあり過ぎて苦しかった
    勝手に評価されかってに搾取される社会...続きを読む
  • 彼女は頭が悪いから
    大学生の輪姦事件を、被害者と加害者の両方から追った話。衝撃的な内容だけど、客観的な文章にどんどんひきこまれた。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!