姫野カオルコの一覧

「姫野カオルコ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:姫野カオルコ(ヒメノカオルコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1958年08月27日
  • 出身地:日本 / 滋賀県
  • 職業:作家

青山学院大学文学部日本文学科卒。1990年『ひと呼んでミツコ』で単行本デビュー。『受難』、『ツ、イ、ラ、ク』、『ハルカ・エイティ』、『リアル・シンデレラ』など多くの作品を手がける。2014年『昭和の犬』で第150回直木賞を受賞した。姫野 嘉兵衛と表記することもある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/07/19更新

ユーザーレビュー

  • 彼女は頭が悪いから
    これは、すごい!
    彼らは被害者をどう思っていたか、その答えは
    「偏差値の低い大学に通う生き物を大嗤いすることだった。彼らにあったのは、ただ、《東大ではない人間をバ馬鹿にしたい欲》だけだった。」
    東大に限った話ではなく、男に限った話でもない。
    被害者以上に、加害者がリアル。この残酷さは、自分の心の底...続きを読む
  • 謎の毒親(新潮文庫)
    幼い頃の両親の謎な行動について、主人公が相談投稿し、返信をもらう、という構成の作品です。

    私はモラハラな父親と過保護な母親という「毒親」育ちなのですが、読んでいてツライ部分もあり、読み飛ばしてしまったところもあるのですが、回答の文章に救われて泣けました。

    タイトルに「毒親」とつけるところに作者は...続きを読む
  • 彼女は頭が悪いから
    2016年に都内で起きた、有名大学生による強制わいせつ事件に着想を得た書籍。
    恋人だと思っていたつばさから、集団による性暴力の標的にされた美咲。その後彼女が加害者たちに提示した要求とは。
    性暴力の加害者が、相手とどのように関係を構築し、暴力行為に及ぶか。加害者と被害者の認識の相違を丁寧にあぶりだした...続きを読む
  • 彼女は頭が悪いから
    「東大生強制わいせつ事件」を元にして被害者側と加害者側の視点でそこに至るまで、そして事件発覚後の経緯を書いたあくまでもフィクション。しかし真実そうなのでは?と思わせる筆致に圧倒される。自罰傾向がやや強いだけの普通の女の子である美咲が何故そこまで虐げられてしまったのか。心の動きが想像出来過ぎるので先が...続きを読む
  • 彼女は頭が悪いから
    小説というよりは中島岳志の秋葉原事件の本を読んでるような気分でした。文体が小説としては少し癖があることと途中途中で未来のことが差し込まれるので読みにくいところもありましたが、最後まで夢中で読みました。

    読み終わってから見る表紙の絵が、本当に、なんとも言えない気持ちにさせます。作中最後の方に加害者側...続きを読む

特集