「馳星周」おすすめ作品一覧

「馳星周」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:馳星周(ハセセイシュウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1965年02月18日
  • 出身地:日本 / 北海道
  • 職業:作家

横浜市立大学文理学部卒。1996年『不夜城』でデビュー。『夜光虫』、『M』、『生誕祭』など数多くの作品を手がける。『不夜城』で第15回日本冒険小説協会大賞日本部門大賞、第18回吉川英治文学新人賞を受賞。映画化もされている。『漂流街』、『M』も映画化されている。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/09/22更新

ユーザーレビュー

  • 暗手
    【4.5点】3.11以来すっかりヌルくなってしまった馳星周の面目躍如ともいうべき作品は、初期の暗黒ノワールである「夜光虫」の続編であった。勿論前作を読んでいるに越したことは無いが、読んでいなくとも十分に楽しめる作品に仕上がっている。前作は台湾での野球賭博を巡る話だったが、今度は舞台もイタリアに移した...続きを読む
  • 暗手
    馳ノワール炸裂!暗黒小説の真髄ここにあり!ただ綾にはガッカリした。自分で万が一人殺しでも構わないと言い、高中にも後悔するぞと言われた時に後悔しないと言ったのにあの憎しみようったらないね。まぁ気持ちが逆転するほどの仕打ちは受けているが、、、
    しかし夜光虫の続編とは巻末の既刊紹介読むまで全く気がつかなか...続きを読む
  • 比ぶ者なき
    一介の役人であった藤原不比等は持統天皇に気に入られ頭角を表す。頭脳明晰な道代を娶り二人で政権の高みを目指す事を誓う。軽、続いて首を帝位につけさらには藤原一族の恒久的な繁栄の礎を築こうと権謀術策を巡らす。合戦のような派手なシーンは無いが行き詰まる会話の駆け引きに手に汗をにぎる。馳星周はそのあたりがじつ...続きを読む
  • 殉狂者 下
    もう、壮絶としか言い様のないラスト。きっと戦争とかテロとかってこういう悲惨な人生を次々生み出してるんだと思う。世界を変えることは悪いことではないと思うけど、その手段に暴力を使うことだけは絶対にいけない。
  • 比ぶ者なき
    大まかな歴史概説の中では、藤原不比等は中臣鎌足や藤原道長に挟まれて、あっさりと記載されていることが多い。しかしながら、現在まで連綿とと続く皇室と藤原氏の家系を思うとき、不比等の成した様々な事案はまさにこの国の形を造り上げたといえる。ここまでの人物がそれほど歴史の表舞台に出てこないのは何故か?皇室の祖...続きを読む

特集