馳星周の一覧

「馳星周」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:馳星周(ハセセイシュウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1965年02月18日
  • 出身地:日本 / 北海道
  • 職業:作家

横浜市立大学文理学部卒。1996年『不夜城』でデビュー。『夜光虫』、『M』、『生誕祭』など数多くの作品を手がける。『不夜城』で第15回日本冒険小説協会大賞日本部門大賞、第18回吉川英治文学新人賞を受賞。映画化もされている。『漂流街』、『M』も映画化されている。

無料作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/12/03更新

ユーザーレビュー

  • 少年と犬
    よかったよ。
    犬の話って泣ける。
    健気にがんばるから。飼い主探してひたむきだから。
    言葉が喋れない分、いろいろ想像しちゃう。

    章に分かれていて、いろんな飼い主との出会いも面白かった。
    その、飼い主がバタバタ死んで行ったけど。
    最後の少年の話は心温まった
  • 少年と犬
    2011年 仙台 震災後
    一匹の犬(多聞)が大好きな少年に再開するために
    仙台から熊本まで5年間放浪するお話。
    その間にいろいろな人に関わりながら、
    関わったその人に寄り添い、その時の飼い主とのエピソード短編集。
    残念ながら、飼い主はほぼほぼ亡くなってしまうことが多いのだけれど、
    みんな多聞の本当の...続きを読む
  • 少年と犬
    前から気になっていた馳星周さんの「少年と犬」を一気読み。
    いろんなエピソードが繋がった、ある種、ロードムービー的な小説。
    そして、ひとつひとつのエピソードがいいし、何より主人公がすごくいい。
    ワンコをいつも以上に可愛がりたくなる。
  • 少年と犬
    本を読んで泣けたのはいつぶりだろうか、記憶にない。

    読みやすい筆致、文体ですらすら一気読み。
    作者の作品は初読みだったが、ストーリーテラーとしては一級品。
  • 不夜城
    暴力と金と化かし合いと口車と嘘しかない。
    最高。

    全員相手を信じることができない悪人だらけのバッドエンドカタルシスは唯一無二だと思う。
    この手の裏社会ものはハードボイルドに寄せて美学とか矜持とか、そういうのが物語の核になるんだけどそんなものは一切ない。
    ただ全員殺し合ってるだけ。
    面白かった。
    ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!