煉獄の使徒(上)(新潮文庫)

煉獄の使徒(上)(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 1,034円 (940円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

“カリスマ教祖”十文字源皇率いる、〈真言(マントラ)の法〉。弁護士・幸田は侍従長の高位にあり、外界との交渉を担っている。組織に罪を背負わされ失脚した児玉警部補は、この新興教団に目をつけた。ここは金のなる木だ、と。両者の間に奇怪な盟約が結ばれる。教祖が敵対する弁護士の殺害を命じたとき、黙示録の扉は静かに開かれた――。欲望と狂気に憑かれた男たちを描き切る、群像サスペンス。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2020年09月11日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

煉獄の使徒(上)(新潮文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年01月08日

    クソ面白い。800ページもあるのに一気に読んだ。オウムをモデルにしてるわけだけど群像劇としてしっかり読ませてくれる。特に児玉がクソ野郎で良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月03日

    オウム真理教の一連の事件にインスパイアを受けた小説。

    ちょっと古いがキャッチーすぎる。

    また、話が無駄に下品で暴力的な感じではなく、墜ちていく人の葛藤と、加速する堕落感がたまらなく面白いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月08日

     只今、下巻も読みすすめている真っ最中、上下巻で1600ページとはいい加減にしてほしい(読む先は絶望しかない)このクソの様な展開が現実なんだから恐ろしい、政治家、警察と教団の癒着があったとしたら世も末だ。TVを賑わす暴言・暴力の豊田真由子議員しかり、映画『日本で一番悪い奴ら』を観ても亡国の危機である...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月25日

    だれもが楽に生きたい
    世界が狭く、目標を押し付けられるきとがいかに楽か
    そして、どんな世界、社会においても、自分が身につけた技術能力は役に立つ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月12日

    1600頁という分量の割には、読みやすかったと思う。
    馳星周は10年ぶり位に読んだのだか、依然と全然変わっておらず、単に作品の舞台と出演者が変わっただけ。つくづくこの作家は、表現ではなくシチュエーションの作家だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月12日

    『不夜城』から、気がつくと新刊をチェックしていて、最近は社会問題も絡めた話も多く、それをぎりぎりでなぞらえている感じがたまらなく好きである。今回の話しは某宗教団体になぞらえたものであり、とても描写が緻密であり、こうだったのかもと想像力をかきたてられるが、なんだかんだでいつもの馳星周に還っていくという...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月12日

    馳ノワールはもう読まないと決めていたのだが(だって誰も幸せにならないんだもん)、オウムに興味ありの私に勧めてくれる人があり読んでみた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月22日

    「小説で学ぶオウム真理教」みたいな感じ。
    読んでると非常に憂鬱な気持ちになる。
    カイジっぽい体言止めがどうも合わない気がしたけど、ごく一部の描写のみで終わってくれたのでよかった。(それはそれで統一感としてどうなのかと思うけど)

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年01月05日

    オウム真理教の一連の事件をモチーフとした作品。
    登場人物を実在の信者だった人達に置き換えて読むと面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

煉獄の使徒(新潮文庫) のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 煉獄の使徒(上)(新潮文庫)
    “カリスマ教祖”十文字源皇率いる、〈真言(マントラ)の法〉。弁護士・幸田は侍従長の高位にあり、外界との交渉を担っている。組織に罪を背負わされ失脚した児玉警部補は、この新興教団に目をつけた。ここは金のなる木だ、と。両者の間に奇怪な盟約が結ばれる。教祖が敵対する弁護士の殺害を命じたとき、黙示録の扉は静かに開かれた――。欲望と狂気に憑かれた男たちを描き切る、群像サスペンス。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 煉獄の使徒(下)(新潮文庫)
    「ハルマゲドンがついに勃発するんだ」。十文字源皇は吼える。青年幹部・太田慎平に非合法活動を委ね、銃の製造やサリン生成にも突き進んでゆく〈真言(マントラ)の法〉。一方、幸田侍従長は四面楚歌に陥り、児玉警部は権力者たちの暗闘に翻弄されはじめた。そして、サリン撒布計画が発動する――。騙し合い。裏切り。空虚な死の連鎖。男たちが見た甘美な夢の結末は。呪詛と慟哭の完結篇。(解説・村上貴史)
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています