暗手

暗手

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

『不夜城』『夜光虫』の衝撃から20年
究極のクライムノベル誕生!

台湾のプロ野球で八百長に手を染め、罪から逃れるために次々と殺しを重ねた加倉昭彦。居場所を失い、顔も名前も変えて過去を抹消、逃れ着いたのはサッカーの地イタリアだった――。イタリアの黒社会では、殺し以外の仕事なら何でも請け負い、いつしか「暗手」――暗闇から伸びてくる手――と呼ばれるようになっていた。そんなある日、サッカー賭博の帝王・王天から、ロッコに所属する日本人ゴールキーパー・大森怜央に八百長をさせろとの依頼が舞い込む。計画実行に向けて着実に準備を進めていく加倉だったが、大森の姉の写真を目にしてから過去の記憶がよみがえり、計画の歯車が狂い始める……。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2020年04月24日
紙の本の発売
2020年04月
サイズ(目安)
2MB

    Posted by ブクログ 2020年08月20日

    いゃ〜。あの馳君のノワール小説やんか。
    今後も原点復帰してくんないかなぁ。
    映画化もしてや。頼むわ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月29日

    刮目せよ!
    これこそが馳星周だ。
    暴力と嘘に塗れただけのノワール小説ではない。
    嘘に嘘を重ねて築き上げた人間関係、愛を求める男と女の恋情。
    心を深く抉られる。
    決して気持ちの良い読後感では無いが、それがかえって気持ちを揺さぶる。
    デビュー当時のような作品だが、流石に年月を重ねて表現も重さを増した。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月01日

    馳星周『暗手』角川文庫。

    最近は歴史小説や山岳小説、動物小説などを多く刊行していた馳星周が、原点である『不夜城』に回帰したかのようなノワール小説。『夜光虫』の続編。面白い。

    台湾プロ野球界で八百長に手を染め、殺人の罪まで犯した主人公の加倉はイタリアに渡り、顔を変えて『暗手』と呼ばれながら殺人以外...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月17日

    あの女を手に入れろ、とささやく頭の中のもうひとりの自分自身。これもまた「夜光虫」でおなじみのシークエンス。最高だ。
    どんどん逃げ場がなくなり愛するものからも憎悪の目で追い詰められる暗手に、感情移入しつつ、最後のページまであっという間に読んでしまった。
    まさに馳ワールド、素晴らしい。
    やはり馳先生はノ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています