雨降る森の犬

雨降る森の犬

作者名 :
通常価格 913円 (830円+税)
紙の本 [参考] 990円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

父親を病でうしない、母親との確執を抱えた女子中学生の雨音(あまね)は不登校になり、山岳写真家の伯父・道夫のもとに身を寄せた。道夫はバーニーズ・マウンテン・ドッグのワルテルとともに自前のログハウスに住んでいた。ログハウスの近くには大きな別荘があり、雨音はそこの持ち主の長男で高校生の正樹と知り合う。正樹は再婚した父親と若い母親に対して、複雑な感情を抱えていた。雨音と正樹は道夫の影響で登山の魅力を知るようになり、道夫の愛犬ワルテルと自然との触れ合いが、二人の心を少しずつ癒していく。家族の問題を抱えた中学生と高校生が、道夫とワルテルと過ごすなかで自らの生きる方向性を見出していく、心に響く長編小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
504ページ
電子版発売日
2020年11月06日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
1MB

雨降る森の犬 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年01月14日

    あらすじ
    父親を病でうしない、母親との確執を抱えた女子中学生の雨音(あまね)は不登校になり、山岳写真家の伯父・道夫のもとに身を寄せた。道夫はバーニーズ・マウンテン・ドッグのワルテルとともに自前のログハウスに住んでいた。ログハウスの近くには大きな別荘があり、雨音はそこの持ち主の長男で高校生の正樹と知り...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月26日

    『少年と犬』を読んだ流れでこちらも読んでみました。犬への愛がたっぷり感じられました。

    ワルテルという雄のバーニーズと自然の山々が、飼い主の中学生の姪、隣に住む高校生の心のかさかさした部分に温かさを注ぎ、確執のある親と逃げずに向き合い、前を向いて生きる力をくれます。

    ※「(犬は)見返りを求めず、愛...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月04日

    馳星周さんの作品は初めて。
    物語の冒頭、舞台は三月下旬の蓼科高原。
    数ページ読んだだけで、体がふわっと気温マイナス5度の信州の山に空間移動した感覚を覚えた。

    主人公は中学三年の女の子、雨音。
    母親との関係に問題を抱え、伯父で山岳写真家の道夫の暮らす立科へやって来た。
    そこで道夫と暮らす犬のワルテル...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月25日

    読みはじめてから再読に気づきました。一緒に生活している動物(軽々しくペットと呼びたくない)が居なくなることの激しい悲しみに、自分に降るいずれ来る別れを感じさせられて号泣。初読の時にはしていなかった登山という共通項も加わり、同じ作品でも読む時期で味わいがまた違うものになるのかと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月08日

    全てを受け止めてくれる他者がいる尊さ。分かり合うために必要なことと必ずしも分かり合えないこともある現実。大切なことを犬から教わった。ありのままの自分を大切に。そんな強さがあれば。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月01日

    道夫の言葉「動物が幸せなのは、今を生きているからだ。不幸な人間が多いのは、過去と未来に囚われて生きているからだ。おれは、こいつらみたいに生きたい」というセリフが印象的だった。
    ワルテルみたいに今を、一瞬一瞬を、一生懸命生きられたら素敵だなと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月16日

    久しぶりに、本を読んで泣いた。うちにもワルテルと同じバーニーズがいるから。性格は違うけど、私達家族も、犬からたくさんの幸せをもらって暮らしてるんだなと改めて思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月08日

    馳星周『雨降る森の犬』集英社文庫。

    信州の自然を舞台に心に傷を持つ女子中学生の成長と自立とそれを見守る犬を描いた、暖かい長編小説。

    大人のエゴでいつも傷付くのは子供。それでも子供は自らの意思で道を切り開き、新しい世界に向かい、自分の足で歩き始める。主人公の雨音が初めの頃の弱々しい壊れそうな少女か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月29日

    ワルテルが可愛くて賢くて人っぽい昔飼ってた犬みたいで、最期に号泣。雨音たちがワルテルを思い出して号泣。道夫さんとワルテルに育ててもらった兄弟のような正樹と雨音の関係もよい。会話や心の声が多くテンポよく読み進められるのでページ数の割にさくさく読める。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月24日

    父を亡くし、母は恋人とアメリカに行ってしまい、不登校になっていた中学生の雨音は、立科に住む山の写真家の伯父道夫の家で同居することになる。
    最初は馴染まなかった彼の犬バーニーズ・マウンテン・ドッグのワルテルとも心を通わすようになり、さらに隣に住む高校生の正樹とも仲が深まる。
    雨音にとっては、道夫が父で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング