井伏鱒二の一覧

「井伏鱒二」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/12/24更新

ユーザーレビュー

  • 太宰治
    井伏鱒二と太宰治
    お互いの
    人間性や関係性、
    距離感、空気感が
    垣間見える
    太宰治が自殺してしまった
    という事実が悲しい
    三省堂名古屋本店の
    中公文庫在庫僅少フェアにて購入
  • ドリトル先生航海記
    動物語が話せる獣医(もとは医者)のドリトル先生。彼は沼のほとりのパドルビーに1人で住み、庭には動物たち自身が秩序をもって生活する動物園があります。これはドリトル先生シリーズの第2巻で、ドリトル先生の助手になったトミー・スタビンズの語りで物語は進みます。
    知ってはいたけれど、読んだことはなかった児童書...続きを読む
  • 黒い雨
    ドキュメントのように淡々と綴られ、原爆の現実が静かに見えてくる。とっつきにくそうだが、読み始めたらぐいぐいひきこまれる。
    昔の文学人の力の力がよくわかる。
    誰にでもぜひ読んでもらいたい。
  • ドリトル先生アフリカゆき
    難しい小説を読もうとして、最後まで読みきれず終わる事がよくあります。
    それならむしろ、こういうやさしい本から読書するのがよいと思いました。
    短い時間で夢中になって読みおえました。

    ドリトル先生の力で、世界中に蔓延する疫病なくしね欲しいです。
  • 厄除け詩集
    はじめの「なだれ」からノックアウトされた。井伏さんといえばわたしにとって、ドリトル先生に出てきた前後どちらにも顔がある生き物を「オシツオサレツ」って名訳した人。詩もこんなにすばらしかったなんて。そしてこのタイトルのセンス。おまもりにします。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!