「井伏鱒二」おすすめ作品一覧

「井伏鱒二」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/02/15更新

ドリトル先生航海記
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生月から帰る
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生月へゆく
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生と月からの使い
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生と秘密の湖
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生と緑のカナリア
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 山椒魚
    今更ですが…。若い時読んだことなかったので。初期作品12作の短編集。個人的に「夜ふけと梅の花」が一番好きです。このユーモアとヒヤリ感が…。
  • 黒い雨
    戦争の悲惨さを訴えた作品は多い。
    その数ある作品の中で、一番印象的だったものが「黒い雨」
    中学生の時に初めて読み、その後映画化されて再び物語を
    聞くことに。
    原爆の恐ろしさと凄惨さは、唯一の被爆国である日本にしかわからないこと。
    この作品を通じて、忘れてはいけない日本の歴史を後世に伝えていくことがで...続きを読む
  • 黒い雨
    原爆投下された地に生きる人々は本当に辛かったろうと思う。
    同じ女性としてたくさんの苦労があったと思う。
    ナイチンゲールと呼ばれていた一般女性を尊敬する。
    来年は広島を訪ねたいと思う。
  • ドリトル先生と緑のカナリア
    冒険小説でありミステリでもあるこの作品は、最後まで先が気になって目が離せなかった。
    まあ、最後の最後はちょっと肩すかしではあったけれど、犯人の謎を解き明かすのが本筋ではないのでしょうがないか。

    ドリトル先生がその歌声にほれ込み、彼女のためのオペラをつくった、緑のカナリアのピピネラ。
    普通カナリアで...続きを読む
  • ドリトル先生月へゆく
    ドリトル先生シリーズ8作目。
    実はドリトル先生で唯一読んだのがこれです。1作目ではなく、『月からの使い』でもなく、なぜかこれ。ですが不思議な世界観にはまって一気に読んだのを覚えています。

    初っ端でいきなり巨大な蛾に連れられて月へと渡るドリトル先生一行。なぜいきなり蛾……とここまでのくだりを知らずに...続きを読む

特集