「井伏鱒二」おすすめ作品一覧

「井伏鱒二」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/06/16更新

駅前旅館
  • ブラウザ試し読み

荻窪風土記
  • ブラウザ試し読み

かきつばた・無心状
  • ブラウザ試し読み

黒い雨
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生月から帰る
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生月へゆく
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生と月からの使い
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生と秘密の湖
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生と緑のカナリア
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生のキャラバン
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 黒い雨
    丁寧で克明な描写で“日常性のうちに原爆の雨を降らせた(p397)”原爆小説です。原爆により死傷した人たちの状況など、残虐で痛くて目をおおいたくなる描写も多く、読むのがつらかったです。

    物語中で牛罐を食べる場面があるのですが、牛肉の描写を読んでいると私まで唾液が出てきそうでした。罐詰の牛肉を食べてい...続きを読む
  • 黒い雨
    私はまず、黒い雨というタイトルに惹かれました。非常に短く、またインパクトのあるこのタイトルを見て読もうと思いました。当時の様子がリアルに描写してあり、容易に様子が想像できました。人々が正体不明の原爆に恐れ、戸惑う姿がとても印象的です。もし自分が当時の広島にいたら、と想像しただけでもぞっとしました。最...続きを読む
  • 山椒魚
    理由はうまく説明できないが今まで読んだ短編の中では一番好きかもしれない。山椒魚と蛙の関係、何を意味してるのか今一不明ですが....
  • 山椒魚
    言わずと知れた、超有名な作品。
    教科書にも採用されたらしいが、多分習っていないので読む機会がなかった。
    表題作『山椒魚』は、改変前のもの。
    蛙の気持ちになってみると、いよいよ自分の命が尽きようとしているとき、怒りの感情が沸いてこないのも頷ける気がする。
    ずっと二人で岩屋の中にいて、悪態ついて過ごして...続きを読む
  • 黒い雨
    日記形式で話が進んでいくので、この手のテーマが苦手な人にも読みやすいと思います。
    玉砕や天皇万歳の美談なんかじゃなくて、人間らしさが伝わります。
    戦争がもたらした悲惨な現実を後世に伝える力がある本だし、戦争を知らない私たちに惨状をイメージさせてくれます。原爆の被害はイメージなんて出来ないほど計り知れ...続きを読む

特集