「井伏鱒二」おすすめ作品一覧

「井伏鱒二」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/06/16更新

黒い雨
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生アフリカゆき
  • ブラウザ試し読み

駅前旅館
  • ブラウザ試し読み

荻窪風土記
  • ブラウザ試し読み

かきつばた・無心状
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生月から帰る
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生月へゆく
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生と月からの使い
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生と秘密の湖
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生と緑のカナリア
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生のキャラバン
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 黒い雨
    原爆投下された地に生きる人々は本当に辛かったろうと思う。
    同じ女性としてたくさんの苦労があったと思う。
    ナイチンゲールと呼ばれていた一般女性を尊敬する。
    来年は広島を訪ねたいと思う。
  • ドリトル先生と緑のカナリア
    冒険小説でありミステリでもあるこの作品は、最後まで先が気になって目が離せなかった。
    まあ、最後の最後はちょっと肩すかしではあったけれど、犯人の謎を解き明かすのが本筋ではないのでしょうがないか。

    ドリトル先生がその歌声にほれ込み、彼女のためのオペラをつくった、緑のカナリアのピピネラ。
    普通カナリアで...続きを読む
  • ドリトル先生月へゆく
    ドリトル先生シリーズ8作目。
    実はドリトル先生で唯一読んだのがこれです。1作目ではなく、『月からの使い』でもなく、なぜかこれ。ですが不思議な世界観にはまって一気に読んだのを覚えています。

    初っ端でいきなり巨大な蛾に連れられて月へと渡るドリトル先生一行。なぜいきなり蛾……とここまでのくだりを知らずに...続きを読む
  • 黒い雨
    丁寧で克明な描写で“日常性のうちに原爆の雨を降らせた(p397)”原爆小説です。原爆により死傷した人たちの状況など、残虐で痛くて目をおおいたくなる描写も多く、読むのがつらかったです。

    物語中で牛罐を食べる場面があるのですが、牛肉の描写を読んでいると私まで唾液が出てきそうでした。罐詰の牛肉を食べてい...続きを読む
  • 山椒魚
    理由はうまく説明できないが今まで読んだ短編の中では一番好きかもしれない。山椒魚と蛙の関係、何を意味してるのか今一不明ですが....

特集