「井伏鱒二」おすすめ作品一覧

「井伏鱒二」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/08/31更新

ドリトル先生アフリカゆき
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生航海記
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生月から帰る
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生月へゆく
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生と月からの使い
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生と秘密の湖
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生と緑のカナリア
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生のキャラバン
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生のサーカス
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生の楽しい家
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生の動物園
  • ブラウザ試し読み

ドリトル先生の郵便局
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • ドリトル先生アフリカゆき
    ドリトル先生1作目。まだあのスタビンズ少年はいない…。先生自身もなかなかチートな方ですが、一緒にいる動物たちもすごい有能な子達。個人的にはジップが好きです。ドリトル先生は最近多くの方が訳されて次々と新訳が出てますが、やはり井伏鱒二のものが1番しっくり来ます。オシツオサレツとか名訳だと思う。
  • 黒い雨
    タイトル*黒い雨
    著者*井伏鱒二
    出版社*新潮社

    一瞬の閃光に街は焼けくずれ、放射能の雨のなかを人々はさまよい歩く。原爆の広島--罪なき市民が負わねばならなかった未曾有の惨事を直視し、一被爆者と”黒い雨”にうたれただけで原爆病に蝕まれてゆく姪との忍苦と不安の日常を、無言のいたわりで包みながら、悲劇...続きを読む
  • 駅前旅館
    やっぱり井伏鱒二ですね。番頭の身の回りに起こったこと、訪れた客のこと、お色気な展開に発展しそうで特に何もなかったこと。感情の起伏は乏しく、一歩引いたところから見た光景をただただ書き記したもの。落ち着いて読めます。最高でした。
  • 山椒魚
    今更ですが…。若い時読んだことなかったので。初期作品12作の短編集。個人的に「夜ふけと梅の花」が一番好きです。このユーモアとヒヤリ感が…。
  • 黒い雨
    戦争の悲惨さを訴えた作品は多い。
    その数ある作品の中で、一番印象的だったものが「黒い雨」
    中学生の時に初めて読み、その後映画化されて再び物語を
    聞くことに。
    原爆の恐ろしさと凄惨さは、唯一の被爆国である日本にしかわからないこと。
    この作品を通じて、忘れてはいけない日本の歴史を後世に伝えていくことがで...続きを読む

特集