鶏肋集/半生記
  • 値引き

鶏肋集/半生記

作者名 :
値引き価格 605円 (550円+税) 9月1日まで
通常価格 1,210円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

子守り男に背負われて見た、花の下での葬式の光景。保養先の鞆ノ津で、初めて海を見た瞬間の驚きと感動。福山中学卒業と、京都の画家橋本関雪への入門志願。早稲田大学中退前後の、文学修業と恋の懊悩。陸軍徴用の地マレー半島で知った苛酷な戦争の実態。明治31年福山に生れ、円熟の作家が心込めて綴った若き日々・故郷肉親への回想の記。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内文学
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文芸文庫
シリーズ
現代日本のエッセイシリーズ
ページ数
394ページ
電子版発売日
2011年11月04日
サイズ(目安)
1MB

鶏肋集/半生記 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年12月03日

    鶏肋って言葉を知らなかった。鳥の肋骨で、食べるところは少ないけれど味わい深い。いつまでも持ってるのは気恥ずかしいが、捨てるに惜しい。
    生きていると記憶にこびりついているのは、そんなものばかりなような気もする。おそらく誰に話すこともないけれど、ずっと忘れられずに自分の中にだけそっとある。

    このレビューは参考になりましたか?

鶏肋集/半生記 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文芸文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング