井伏鱒二全詩集

井伏鱒二全詩集

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「ハナニアラシノタトエモアルゾ/〈サヨナラ〉ダケガ人生ダ」(訳詩「勧酒」)。諧謔と哀愁に満ちた言葉を自在に駆使し、独自の詩世界を切りひらいた井伏鱒二(1898―1993)。「散文が書きたくなくなるとき、厄除けのつもりで」書いたという詩を集めた『厄除け詩集』に、初期の作品を加えた決定版全詩集。解説=東郷克己/穂村弘。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 医学
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波文庫
ページ数
216ページ
電子版発売日
2018年02月15日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

井伏鱒二全詩集 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年11月10日

    無骨で老獪な小説の印象の強い井伏鱒二の詩集はどのようなものかしら、と手にした。
    無知で恥ずかしいが、あまりにも有名な「サヨナラダケガ人生ダ」の「勧酒」は井伏の訳だったか。
    吐き出されるように書かれた詩は情緒的ではないが、不思議と「詩的」である。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月31日

    有名な「勧酒」と、他の詩も読んでみたくて購入。
    のどかでありながら、どこか醒めた感じも受ける詩が多かった。
    高校時代に教科書で読んで印象に残っていた「秋夜寄丘二十二員外」が収録されていて、懐かしい気持ちになった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月20日

    1937年(昭和12年)。
    訳詩が素晴らしい。孟浩然『春暁』を直訳と井伏訳で比較すると(カッコ内が井伏訳)、

    春眠暁を覚えず
    (ハルノネザメノウツツデ聞ケバ)
    処々啼鳥を聞く
    (トリノナクネデ目ガサメマシタ)
    夜来風雨の声
    (ヨルノアラシニ雨マジリ)
    花落つること知んぬ多少ぞ
    (散ッタ木ノ花イカホ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    死んだ後で何といってもらいたいかという石川淳の質問に「詩人」と答えたという逸話を記憶してます。これを読むと詩の方が寿命が長そうな気がします。いいです。岡山出身の内田百間は中世が現代に顔を突き出したという評言(種村季弘の言葉だったか)がありますが広島出身の井伏も同じ気配があります。中国地方の文学風土は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月13日

    かの有名な「勧酒」目当てで購入した1冊。
    前半から漢詩の訳のあたりまではわくわくしながら読めたけれど
    後半は少しだれてしまったような印象。
    あまりリズムとか韻にはこだわらずに書かれていたからかな。
    散文を書きたくなったときに、厄除けのつもりで書いたとは、よく言ったものです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

岩波文庫 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング