ドリトル先生の動物園

ドリトル先生の動物園

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
紙の本 [参考] 858円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ドリトル先生の動物園は世界でたった1つのオリのない動物園です。そこはネズミ・クラブにリス・ホテル、雑種犬ホームやウサギ・アパートなどのある、不思議で楽しい動物の町なのです。先生とトミー少年は、毎晩ネズミたちから面白い話を聞いたり、探偵の犬といっしょに大金持の遺書をめぐる大騒動にまきこまれたりします。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
児童書 / 児童文学
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波少年文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2016年03月17日
紙の本の発売
2000年06月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
10MB

ドリトル先生の動物園 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年08月02日

    子供への読み聞かせシリーズ。僕が読み聞かせ終わった後、畑正憲の解説はもう自分で読んでいたので、「だったら最初からもう全部自分で読めるじゃん」とも思うのだが、まあ貴重な父子の時間なのでいいことにする。

    ネズミの挿話やミステリー仕掛けの後半など、小説としての完成度も高く、ドリトル先生シリーズ中興の佳作...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月13日

    ドリトル先生が作る動物園は、人間が動物たちを見るためのものではなく、動物たちが幸せに暮らす楽園のこと。
    「ネズミ・クラブ」「ウサギ・アパート」「雑種犬ホーム」「アナグマ宿屋」「キツネ集会所」「リス・ホテル」
    ドリトル先生の家の敷地の奥に、動物たちのために作られた動物園。

    治療に研究に執筆にと多忙を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    「動物園」といっても、人間に見せるための動物園ではなく、ネズミや雑種の犬、ウサギたちが平和に暮らせる楽園-ドリトル先生はそんな「動物の町」を作ることにします。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年04月24日

    オウムのポリネシアに何を書こうか相談するトミー。
    肉を買ってきてと頼むアヒルのダブダブ。
    犬のジップの道案内。
    ネコ肉屋のマシューマグ。
    食べ物の詩を暗唱する豚のガブガブ。

    新しい動物園が始まります。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年07月09日

    ドリトル先生物語の第5作目。
    ドリトル先生とその仲間たちが動物の国でくりひろげる話。トミーがみんなの仲間として認められているのがうらやましかった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

岩波少年文庫 の最新刊

無料で読める 児童書

児童書 ランキング