山田シロのレビュー一覧

  • 御堂学院の神使官 劫火の聖域
    某シリーズと設定がほぼ同じなのに、比較するとキャラクターに魅力がない。
    どうせなら別シリーズのよううにまったく違う設定にすればよかったのにと思うのですが、出版社の都合でそうはいかなかったんですかね?
  • 狼憑きと夜の帝王

    重〜い

    ホスト設定にウハウハして読み出したら予想以上にホラーでした(笑)。狗神とか怨念とか響きだけならミステリアスで好奇心そそられますが夜光さんかっつーくらいの結構な世界観、読みながら力んじゃうくらいには(笑)。コウはちょっと生真面目ったらしすぎましたね、御門に惹かれるのもアッとゆー間だったし。でも御門はま...続きを読む
  • 妖魔なオレ様と下僕な僕3
    今回の舞台はイギリス!

    3作目は一言。
    司野のヤキモチ(自覚なし)

    途中、司野の態度につれなすぎる…と思ったりもしたけど、最後の看病のところでちゃんと下僕くんに気持ちが傾いてるのがわかってよかった。
  • 御堂学院の神使官 導きの炎
    同作者の別シリーズに設定が似すぎ、の割りに人物のキャラが全部前述のシリーズより弱い。出版者さんの意向でこうなったんだろうけど、もったいねぇなぁという感じ。
  • スクランブル☆スター(1)
    表紙のデザインはかわいらしいイメージでまとめられていて好感が持てました。

    内容はオーソドックスなアイドルものでしたが、男性キャラが多いなか主人公の神崎かなでの女性らしさをどれだけ表現できるのか注目したいです。
  • 神解きのレジスト 1巻
    キャラクターに美男子が多くて女性ファンにはこたえられないと思いますが、表情が乏しいのが気になりましたね。
  • 御堂学院の神使官 十五の神隠し
    親の都合により、全寮制の男子校に入れられてしまった主人公。
    そこには、通うためにコネにした、母方の従兄弟がいた。

    妙な夢、そこに出てきたもの出現。
    分かりやすく王道です。
    そして全寮制男子校に、見目麗しい男子高校生。
    別の方向からきゃっきゃ言えそうな感じでもあります。

    ひたすらに人物が怪しい。
    ...続きを読む
  • 青に沈む庭 特別版

    良くも悪くも

    朝丘さんらしーって感想。何つーか一進一退?牛歩戦術?てな具合のスローな進み具合に途中投げそうになりつつも読んでくとジワリと何かクる、みたいな(笑)逸人の心情が語られるまでは、進展あり得んの?ってくらい退屈だったんですが(笑)いざそーなるならない件の焦れ焦れ感はさすが〜って感じです。お布団シーンも通常...続きを読む
  • 御堂学院の神使官 十五の神隠し
    ひとまずこれからという話なんだと思います。
    設定は英国シリーズと似ていますが、主人公の性格はまったく違う感じですね。ひとまず続刊待ちですが、絵師がキャラの描き分けが出来ていないので見てて疲れる。
  • 狼憑きと夜の帝王
    面白い設定でした。御門が全てにおいて最強ならよくある話だけどそうでないところがいい。受けもデレでかっこかわいいし、楽しめました。なかなか美味しいところをかっさらったのは銀だったかもw
  • お届けにあがりました!
    もう、さ・・・そんなにグルグルするならちゃんと声に出して言おうよ?(ま、そうしたら話は終わっちゃうんだけどw。 
    ギュッと一気に読めて楽しかったです。
    んでもってオイラもあとがきの後日談が非常に気になる
  • SKY LINK-スカイリンク-
    いかにも BL漫画という 感じの キャラクターデザインではなく、セックスシーンも どぎつくないので 結構 よみやすいと おもいました。同時収録の 「万華鏡の君」は カズ(和)と ユキ(幸)の 関係が なかなか いい 感じでした。
  • 青に沈む庭 特別版
     これは絶対しっとり系のいい話だ! と思って読んだら、やっぱりしっとり系のいい話でした。
     こういうので当たりを引くとワクワクしますよね!

     物語の主人公は岩瀬一。
     一って書いて「いち」。

     一には真という姉が一人いて、その姉は一度、二十歳の時に結婚し、その三年後に離婚した。
     一は、その姉の...続きを読む
  • うそつきエンゲージ
    表紙はかわいらしいイメージですが、中身は激しい権力闘争が行なわれる宮廷のようすを結構本格的に描いていると思いました。
  • 竜神の花嫁は蜜戯の褥で乱されて
    一棒一穴を信条にしている方は若干注意かもしれない。
    それよりなにより、このお話、主カプより脇カプをメインで書いたほうが良かったんじゃないかと…
  • 竜神の花嫁は蜜戯の褥で乱されて
    神さまの奥と人の感覚の妻ではかなりのギャップがあります。そこをなかなか埋められなくてどんどんドツボにはまっていく祥にもどかしく思いながらも、夫婦対等に見せながらも実は対等ではないお山さんにももどかしい思いをしながら読みました。
    もう一カップルもどうしてこれで仲良くなれるかどうしても理解できない展開に...続きを読む
  • 依頼人は証言する
    高校時代の友人との再会モノで、高校卒業から10年後、連絡を経っていたかつての友人(広瀬)から受けた依頼により帰郷。

    高校時代は広瀬の告白を拒絶したような形で上京した堂島だったが、深層心理は…といった内容。

    事件性もあり、読み応えはなかなかあると思う。

    ただ、いくら、広瀬と都築の関係が嘘だったと...続きを読む
  • 青に沈む庭 特別版
    元義兄と元義弟の話。
    逸人さんの葛藤に胸打たれました。自分の家庭環境や”病気”によって、だからこそ家族をつくりたかった、結婚したかったっていう思いに。
    読んでいる途中で一瞬、逸人さんが受けかと思うくらいにヘタレてました。そんなはずはなくてホッとしました。
  • 華恋
    岩本薫原作コミックス。
    山田シロ先生のコミックは初買い。


    兄の事が好き過ぎてどうしようもなくなり家を飛び出した柾は父が亡くなったとの知らせに7年ぶりに故郷へ帰る。
    組長だった父の跡を継げと兄に言われ…。


    マンガだからね、こんなものよね。
    山田先生の絵は独特な色っぽさがあると思いますが、同じカ...続きを読む
  • 青に沈む庭 特別版
    ゆっくりと時間をかけて、お互いの気持ちを受け入れていくお話。その根底に流れているのは家族への愛ですね。生い立ちが不幸で家族の愛を知らずに育った逸人は高校生の時に自覚した自分の性癖を恥じている。一度は『幸せな家庭が欲しい』『この性癖を捨てたい』と願って結婚するけれど、いつしか妻の弟に好きになってしまい...続きを読む