死神執事のカーテンコール 時限爆弾の少年
  • 値引き
  • 最新刊

死神執事のカーテンコール 時限爆弾の少年

作者名 :
値引き価格 462円 (420円+税) 6月30日まで
通常価格 660円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

雰囲気探偵と死神執事の不可思議なぞとき!

 雰囲気重視で推理などろくにしない探偵・猪目空我は、古めかしい屋敷の一角で探偵事務所を開いている。まるで繁盛していないが、家賃が格安なのでなんとか操業できているのだが、くだんの屋敷の住人はワケアリお嬢様と、その側に近くに仕える自称・エリート死神の執事のみ。肝心の猪目は推理力に乏しいので、この怪しい探偵事務所でなぞときをするのは、主に美形執事の役割だ。執事は死神らしく、死者の霊を見る特殊能力がある。中でも特筆すべきは「カーテンコール」という力で、死にゆく人に願われると三回だけ延命に応じることができるというもの。この能力による不思議な出来事や、猪目のもとに舞い込んだ依頼を、彼らは力を合わせたり合わせなかったりしながら、解決しようとするのだが……。
 静かな屋敷に唐突に現れる押しの強い押しかけメイド、爆弾をほしがる制服姿の少年、少女たちの避暑地でのひと夏の思い出、外国からホームステイにやってきた死者。死神執事の「カーテンコール」で現れる謎めいた人物たちは、やがて真実の路を通って彼方へ還ってゆく。エリート死神執事×ハリボテ探偵が贈る、人生最後の謎とき「やりなおし」ファンタジー、第2弾!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / その他女性向けラノベ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫キャラブン!
ページ数
256ページ
電子版発売日
2019年10月04日
紙の本の発売
2019年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

死神執事のカーテンコール 時限爆弾の少年 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年04月27日

    小気味よく、センスがある台詞回しのたのしさと共に、持ち込まれる謎の深さと押し付けがましくない結末が好き。思春期の気持ちの繊細さと青臭さのバランスが心地よくて好みだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月31日

    カーテンコールと時限爆弾の話がよかった。
    同じようなことに悩んでいる人もいると思うし、
    悲しい結末にならないでよかったと思う。

    今作も執事とお嬢様、探偵の絡みが面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月26日

    前回で終了かと思っていた人物が再び、だったり
    爆弾の作り方なのか恋愛相談なのかわからなかったり
    避暑地で怪しげなバイトをしてみたり
    びっくりな存在が登場してみたり。

    収集が付いたのは、3話目まで、かと。
    まさかメイドとして戻ってくるとは思いませんし
    爆発ターゲットは、ものすごい純情捧げてるし
    避暑...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月20日

    人生最後の瞬間。怖いイメージがあるけれど、こんなやり直しができるならちょっと覗いてみたいかも。執事と「迷」探偵のやり取りも、噛み合ってるのかいないのか分からなくて面白くなってくる。他の人の「やり直し」も見てみたくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

死神執事のカーテンコール のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 死神執事のカーテンコール
    値引き
    死神執事と顔だけ探偵の謎ときファンタジー。 役者くずれの猪目空我は、かつてスタイリッシュな探偵役で人気を博した美形男子。とくに探偵としての能力があるわけではないが、とある事情で俳優業を廃業した今、ほかにやれることもないので、見た目重視の雰囲気探偵事務所を開業することにした。そこで格安賃料で借りたのは、とある古い屋敷の一角。ちなみにこの屋敷の住人は謎めいた年若いお嬢様と、彼女のお世話をする美しい執事のみ。ここに怪しさ爆発の大家と店子が誕生した。  一方、お屋敷のお嬢様に仕える執事にも秘密があった。それは彼の正体が死神だということ。その特殊能力としては、まずはひとの寿命が見え、さらに幽霊の姿を見ることもでき、たとえば死にゆく人に願われた場合、三回だけ「カーテンコール」と呼ばれる延命に応じることができる。彼は仕事だけが生きがいの自称エリート死神なのだが、過去の仕事での唯一の汚点を払拭するため、執事姿で人間界に留まっているらしい。  三者三様、それぞれの利害が一致して、なし崩し的に空我と死神は心霊がらみの依頼を解決することになるのだが……。
  • 死神執事のカーテンコール 時限爆弾の少年
    値引き
    雰囲気探偵と死神執事の不可思議なぞとき!  雰囲気重視で推理などろくにしない探偵・猪目空我は、古めかしい屋敷の一角で探偵事務所を開いている。まるで繁盛していないが、家賃が格安なのでなんとか操業できているのだが、くだんの屋敷の住人はワケアリお嬢様と、その側に近くに仕える自称・エリート死神の執事のみ。肝心の猪目は推理力に乏しいので、この怪しい探偵事務所でなぞときをするのは、主に美形執事の役割だ。執事は死神らしく、死者の霊を見る特殊能力がある。中でも特筆すべきは「カーテンコール」という力で、死にゆく人に願われると三回だけ延命に応じることができるというもの。この能力による不思議な出来事や、猪目のもとに舞い込んだ依頼を、彼らは力を合わせたり合わせなかったりしながら、解決しようとするのだが……。  静かな屋敷に唐突に現れる押しの強い押しかけメイド、爆弾をほしがる制服姿の少年、少女たちの避暑地でのひと夏の思い出、外国からホームステイにやってきた死者。死神執事の「カーテンコール」で現れる謎めいた人物たちは、やがて真実の路を通って彼方へ還ってゆく。エリート死神執事×ハリボテ探偵が贈る、人生最後の謎とき「やりなおし」ファンタジー、第2弾!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

小学館文庫キャラブン! の最新刊

無料で読める 女性向けライトノベル

女性向けライトノベル ランキング