山田シロのレビュー一覧

  • いじわる狐とハートの猫又

    作者様買い

    作者様買いですが、
    期待以上によかったです。
    タイトルからして軽く穏やかな内容を予想していましたが、意外と深い。
    いい意味で誤算でした。
  • 蜜月契約 ~ラスベガスの恋人~

    ハーレクイン好きにはオススメ

    舞台がラスベガスとあって、現実離れした人やもの、場所が描かれていて読んでいてきらびやかな世界につかれました。セレブとの恋愛なので、受けは格差に悩んだりと、ハーレクインのような玉の輿ストーリーで、楽しく読めました。
  • 山田BL【電子限定かきおろし漫画付】

    やはりユギ先生が別格

    ユギ先生の作品はすべて読みたいので購入しました。先生の描くイケメンは眼福。お話もひねりが効いていてナイスでした。まりお先生の作品も楽しかったです。
  • 死神執事のカーテンコール 時限爆弾の少年
    カーテンコールと時限爆弾の話がよかった。
    同じようなことに悩んでいる人もいると思うし、
    悲しい結末にならないでよかったと思う。

    今作も執事とお嬢様、探偵の絡みが面白かった。
  • 山田BL【電子限定かきおろし漫画付】
    こう見てみると「山田」って名前の作家さん好きな人多いなあ。ユギさん筆頭に。あと、パピコさんの話の続き読みたい。ロックさんの話、リバ好きとしてはがっつりリバH描いて欲しかったなあ。
  • 山田BL【電子限定かきおろし漫画付】
    「主人公の名前が山田」ではなく、「作家の名前が山田」の斬新なアンソロジー。

    中身の統一感はまったくないので、むしろいろいろな作家さんのいろいろな話に触れられていい。
    さらっと読めて楽しいです。
  • 山田BL【電子限定かきおろし漫画付】
    アンソロジーのテーマもマンネリ化となり、以前はせっせと読んでいたのがちょっと遠ざかっていましたが…
    すごいよね?執筆陣がオール「山田」って。
    企画が面白かったせいで、思わず購入してしまいました。
    山田ユギセンセをはじめとする10人の山田姓BL作家さん大集合。
    …確かに、BL作家さんに山田が多いなとは...続きを読む
  • 青に沈む庭 特別版
    相手を思う気持ちが切なかったです。最後にはハッピーエンドだと分かっていても切なくなりました。朝丘戻さんの作品は日本語が丁寧で読みやすくて面白いですね。
  • 狼憑きと夜の帝王
    毎回よくも色んな設定を思いつくなと思う犬飼のの先生ですが、狗神つきという設定は面白かった。使役する主人と狗神との関係がけして良好な仲間関係じゃないっていうのが気に入った。それでいて、お互いの寂しさを埋めあってる感じが良い…って、主役カップルとは違うところで萌えた。良い設定なので、せっかくなら1冊じゃ...続きを読む
  • 硝子の双つ葉【イラスト入り】
    双子ものって色んな方向からアプローチできるからどんなお話になっても面白く感じる。最後ちょっと無理やりだったけど、双子のキャラがあるから面白かったということで。
  • 鑑賞倶楽部
    まず2人が出会う舞台の一ノ瀬の通っていた風俗について初めて知ったのでそこにびっくりしました。レーベルとして大人を意識しているのか、お酒、煙草、葉巻を嗜好品として嗜む2人が主人公でした。23歳の真崎はいろいろ事情があり大人になっちゃったんだと思いますが、早いなぁと感心…。そして大事なことだからか、何度...続きを読む
  • 神解きのレジスト 1巻

    もう少し

    しがらみの中で深まっていく関係、もう少しその後まで読みたい感じでした。その後のシリーズとかで読めると良いなと思います。話の展開が早くあっという間に3巻読み終わってしまいました。代々妖気を封印してきた一族の話、家を継ぐためのちょっとした苦悩と、妖気との対決のなかでみせる仲間との信頼がよかったです。ただ...続きを読む
  • 妖魔なオレ様と下僕な僕4
    カギロイの今後の登場が不穏だぁぁぁぁぁ。
    どんどん司野が正路に歩み寄る感じが堪らない!早く正路を本当に幸せな好きで包んであげて!!!
  • 年上マスターを落とすためのいくつかのマナー
    エリート銀行員・橘川×雇われマスター・待鳥

    離婚、失業でただ生きてるだけの待鳥に、仕事を与えてくれたのは、先輩・並木。
    では、生きることを思い出させてくれるのは?


    アプローチしまくりの年下橘川がいい。ふわふわ頼りない待鳥の雰囲気とよくお似合い。


    視点が唐突に変わるので、若干読みづらかった。...続きを読む
  • 妖魔なオレ様と下僕な僕
    筋書きはベタだけど、俺様と下僕くんが可愛いので一気に読んでしまう。話とは別のところだけど、交通事故にあったときの身体の壊れ方のすごい臨場感。さすがですわ。
  • 御堂学院の神使官 十五の神隠し
    ちょっとオカルト的で私的には微妙な部分は無きにしも非ずだが、まあ、その辺りは何とか。
    英国妖異譚の日本版、という感じです。
    とりあえず導入編、なのはいいんだけど、イラストが全て同じ顔に見えるので誰が誰だよ! という気になります……。もうちょっと書き分けできる方にして欲しかったである。
  • 年上マスターを落とすためのいくつかのマナー
    シャレード文庫のフェアに呼ばれて購入。正解!
    外資系銀行のエリート×ダメな感じの雇われマスター

    甘々です。
    も〜砂糖だって蜂蜜だってこんなに甘くないだろうと思うくらい攻めの橘川が受けの待鳥さんを甘やかすわけですよ
    で、それにちょっとずつ懐いてくる野良猫みたいに甘やかされる待鳥。
    そりゃあ、もう可愛...続きを読む
  • 青に沈む庭 特別版
    朝丘さんの作品を初めて読んだのが「坂道のソラ」だったためか、今朝丘さんの作品を集めて年代の古いのを読むとどうしても文章の拙さが目についてしまう。
    このお話もテーマの選び方はいいと思うのだけど、話の進め方が各所強引で、1本の綺麗な道が見えて来ない。

    とはいえ、個人的に好きなキャラクターが動いてくれた...続きを読む
  • 御堂学院の神使官 十五の神隠し
    まだまだ序盤って雰囲気!まだまだそれぞれのキャラクターとのやりとりとか世界観とか深まるところはいっぱいある感じで楽しみですー
  • 狼憑きと夜の帝王
    面白かったです。 あらすじ買で買ったんだけれど、良かったですね。 ただ恋愛の始まり方にはちょっと好みではないけれど、どちらのキャラも一本筋が通っていて好きですね。 煌と銀の関係もすごく悲しい感じだけれど最後は御門の存在のお陰でとてもいい感じになりそうで良かったです。