山田シロのレビュー一覧

  • 妖魔なオレ様と下僕な僕9
    久々の新刊!カギロイさんとの対決に向けて、2人が離れ離れになってどうなってしまうんだろうとハラハラでした。正路を想って敢えてひどいことをしたり、今回は司野の不器用な優しさが沢山垣間見えた感じ。正路も司野の為に奮闘してて、なんか逞しくなったな~と感慨深い(笑)お互いの絆もより深くなったし甘々っぷりも増...続きを読む
  • レンタルキャットに首輪

    猫サイコーに可愛い。

    主人公のユキナリ君が岸田さんにドタキャンされたときの反応が面白かった。普通はドタキャンされて怒るか、悲しんで不安になるかだと思うけど、違った。きちんと気持ちが繋がってるなぁと感じる上手い描写で、読んでいて和んでしまった。
  • 年上マスターを落とすためのいくつかのマナー
    地の文の視点があっちいったりこっちいったりで……これでいいんですか、今時のプロ作家は。
    三人称にだって視点はあるんですよ…統一してください。
    それがしっかりしていれば、お話としては良かったです。
    プロットに☆4。
  • 青に沈む庭 特別版
    朝丘作品は時々途中で投げ出したくなる。つまらないからではなく、さりげない風を装った濃密な心情の描写に読みながら痛手を負うからで、木原作品とは違った痛みにあふれている気がする。だから新しい本を読む時は覚悟して読む。
  • 華恋
    基本的にやくざ物は苦手なのだが、表紙につられてあらすじも読まずに買ってしまって、中味を見てから「アレ?」と思ったわけだが。
    でも、苦手だけど、これは結構いける。絵が好みというのもあるけど、ツンデレ美人受けはいいよねー。
  • 青に沈む庭 特別版
    全体を通して、恋愛というよりは家族愛がテーマ。
    家庭に恵まれなかった逸人さんと、家庭に恵まれてる一。
    対照的なふたりですが、この家族愛がたまらなく切ないです。
    なんといっても、脇キャラの女性陣が素敵。
    朝丘さんはノーマルも書かれる方なので、その辺の描写も秀逸です。
    桃色部分はきわめて少ないですが、激...続きを読む
  • 青に沈む庭 特別版
    浅丘さんの作品は、劇的なシーンでなくても、ふとしたセリフや文のたった一行で涙がでます
    夏の朝顔が咲いた庭や、海辺のカフェといった、作中の舞台がとても素敵でした
  • 青に沈む庭 特別版
    朝丘さんの文章が凄く好きです。
    出来ればこの作品は一の目線だけで読みたかった。
    それだけでも逸人の葛藤は手に取るように分かる。
    一冊で終わるのは勿体無いお話だと思います。
    まだこの二人には沢山の試練が待ち受けています。
    是非続編を書いてほしいです。
  • お届けにあがりました!
    安心して読める作品。
    最後入り口で都合良く捕まらなかったら、もっとぐるぐる深みに落ちてったんだろうね
    でも、そんな都合いいタイミングで出会うからほっとする
  • 妖魔なオレ様と下僕な僕6
    現役法医学者によるBL小説!…この作品が最初でした。後で知ってびっくりしました。ちなみに法医学かんけいないです。妖怪による妖怪退治の話です。
  • 妖魔なオレ様と下僕な僕
    奇談シリーズに登場されていたので買ってみました。こんなご主人様なら欲しい。なんてったって料理がうまい!
  • 妖魔なオレ様と下僕な僕5
    妖僕シリーズ第5弾!
    今回は何と正路が5歳前後のお子チャマにされちゃいます。
    表紙からしてショタな雰囲気ですが、司野はショタには興味がないご様子(笑)。苦手な方も安心して読めます。
    チビ正路が可愛くて、ショタに興味の無い私ですら可愛さにクラクラしてしまいました(笑)。大きい正路よりこっちの方が好きか...続きを読む
  • 駆け引きラヴァーズ
    隣の住人によって壊されてしまった眼鏡。
    そして紹介された、フェロモンの多い男性の正体は…。

    じわじわ~っと王道です。
    隣の人の紹介で、その正体は実は、というものから
    くっついて疑問ができて明かされてどうする? まで。
    読みやすく、展開も面白かったですが
    謎行動の人が多かったです。
    だからこそ、主人...続きを読む
  • 死神執事のカーテンコール 時限爆弾の少年
    人生最後の瞬間。怖いイメージがあるけれど、こんなやり直しができるならちょっと覗いてみたいかも。執事と「迷」探偵のやり取りも、噛み合ってるのかいないのか分からなくて面白くなってくる。他の人の「やり直し」も見てみたくなった。
  • 年上マスターを落とすためのいくつかのマナー
    待鳥は、神楽坂にあるBird’s Barで雇われマスターをしている。
    待鳥は妻とうまくいかず、離婚をし、資産も全て失って、行き倒れ寸前のところを、大学の先輩だった並木に拾われ、並木の経営するバーのマスターを任せられたのだった。

    そんな待鳥に秋波を送るのが、店の常連である橘川。
    エリート
    ...続きを読む
  • 死神執事のカーテンコール
    評価が低かったのであまり期待してなかったけどキャラ文庫としてなら面白かった。主人公のしっかりしているようで変なところがこの話の見どころだと思う。何も考えたくない時に読む本としては最適。プロローグが小っ恥ずかしい以外は会話も文章も違和感なく入ってきました。
  • 死神執事のカーテンコール
    最初、登場人物が総じて濃くて設定盛っていて仰々しいなあと思っていたのですが、読み終わってみると成程、誰もが「演じて」たんだなと。
    そう考えると、全てに納得、すとんと心の中の落ちるべきところに物語が落ちてきました。
    やっと安心できたと言うか。
    タイトルに「カーテンコール」とある通り(実際は別設定で出て...続きを読む
  • 僕と子連れ若社長の事情

    サラッと読む

    シチュエーションを楽しむお話です。え?それあり?え?無理だよね?え?いきなり?と数々のはてながありますが、ちびっ子可愛いからいいか!色々てんこ盛りで笑ってしまいました。
  • 僕と子連れ若社長の事情

    ほのぼの。ツッコミどころ有。

    初めての作者さん。
    子供や家族ものは好きなので、表紙・タイトル買いです。
    主人公がすごく良い子ですね!
    兄弟いないのに、ずいぶん子供の面倒見も良いし、おばあちゃん大事にしてるし、家事もよくこなすし!
    嫁にはうってつけのキャラ(笑)。
    小さいユウタくんも可愛いく、家族愛がほのぼのでした。
    ...続きを読む
  • あまく溺れる恋の魔法
    Twitterのお試し読みで良さげだったので買ってみた。

    攻め・化粧品会社社長:鷹条まさき
    受け・性別不明なモデル:透

    目も重たい一重でお世辞にも美しいといえない顔立ちの透は内面を分かってくれてると思っていた親友に自分の恋心を伝え一時は付き合ったものの顔立ちが、という理由で振られた事がトラウマ...続きを読む