上遠野浩平のレビュー一覧

  • メモリアノイズの流転現象/ソウルドロップ奇音録
    何となく続きが気になる終わり方でした……。
    一巻でも思うけど、奈緒瀬が可愛い!
    彼女が普通の女の子って分かる所を微笑ましく見てました。
    それにしても伊佐さんかっこいいわぁ。
  • ソウルドロップの幽体研究
    伊佐さんのかっこよさに撃沈した。何かああいうタイプ好きなんだよなぁと思いつつ、死と幸いを思い思いに振りまくペイパーカットが気になりました。
    それにしても此の話で一番いい奴に見えるのは偕ちゃんですね!
  • ソウルドロップの幽体研究
    友人から借りたものです。よくよく考えたら一度読んだ気もするけどもう一度読みなおしました。

    面白かったです。ですがとても続きが気になります。
    シリーズ物らしいので読んでみたい気もしますが、多分読まないだろうなぁと思っている。

    確かに、人には生命と同じように大切なものがあるんじゃないかと思いました。...続きを読む
  • ブギーポップ・ダークリー 化け猫とめまいのスキャット
    久しぶりにブギーポップの本流に戻った本。
    ちょっと悲しい話ではありますが、化け猫ぶぎぃがかわいい。
  • ブギーポップ・ダークリー 化け猫とめまいのスキャット
    「単純な行動を繰り返すだけなのに、決して突破できない敵に超人達が迫っていくが、その正体は」というブギーポップシリーズの新刊。

    そういえば今回は世界の敵の推理が当たりました。
    もともと選択肢少なかったですけどね。
    今回は割とはっきりと世界の敵で、結構人も殺しているらしく、分かりやすかったのかなあとも...続きを読む
  • メモリアノイズの流転現象/ソウルドロップ奇音録
    冒頭が前作と雰囲気が全く違ったので戸惑った。でもきちんと飴屋さんが出てきて安心。ミステリー色が前作以上で、満足した気がする。
  • クリプトマスクの擬死工作/ソウルドロップ巡礼録
    あー…また騙されました。。
    最近推理小説系に騙されてばっかりです。とほほ。

    今回は完全に舟曳沙遊里嬢にしてやられました。
    恐ろしく老成した少女。小気味いいペースでした。

    とはいえ。いつものコトながら。
    「生命と同じ価値」ってどういうものなんでしょう。
    自分が生きていく時に、それがなければ生きてい...続きを読む
  • ビートのディシプリン SIDE1
    自分はブギーポップシリーズでなぜかこれから読みました。

    わからない部分が多々ありましたがそれでもぐいぐい引き込まれ楽しみながら読めました。

    ストーリーもテンポ良く進みストレスなく読めてよいと思います。
  • ビートのディシプリン SIDE2
    3巻に伏線を残すような終りかたでとても続きが気になります。

    内容的には主人公の過去の回想部分が多く、1巻でわからなかったことがわかります。

    あと例の死神が出てきます。
  • ビートのディシプリン SIDE3
    シリーズでかなり好きなキャラのオキシジェンが出てきて、それだけで楽しめました。

    もちろん内容もとても面白いです。
  • 機械仕掛けの蛇奇使い
    千年の封印に繋がれた戦鬼ルルド・バイパー。
    かつて全世界を相手に戦ったと伝えられるもの。
    一国の皇帝が彼に頂いた憧れが世界を混乱のへと発展しようとは誰が予想できただろう。

    夢物語の中に迷い込んだもの達の顛末。
  • ヴァルプルギスの後悔 Fire2.
     伏線が多く、きちんと読み返さないと誰がどうなっているのかわかりにくくなっている。
     読み返せばやはり面白い。

     最大の疑問は、作者が物語を終わらせるために書いているのか、膨らませているために書いているのか。ということ。
     後者に見えるんだけど、さてどうしようかな。
  • 冥王と獣のダンス
    奇跡軍と枢機軍が果てなく戦争を続ける世界。

    奇跡使いの少女と枢機軍の少年兵が出会った時、運命の歯車がまわり出す。
  • ブギーポップ・ダークリー 化け猫とめまいのスキャット
    なんとも不思議な話でした。しかしまあ久しぶりに面白いブギーポップでした。けどなにが面白かったのかというと、これがまた説明しにくい。
    なんだかよくわからなかったのですが、そのなんだかよくわからない曖昧なところが程よく進行していて、まさに<スキャッターブレイン>の攻撃を受けている真っ最中な気分というか…...続きを読む
  • ヴァルプルギスの後悔 Fire2.
    ちょっと懐かしい人やかなり懐かしい人が出てきたり名前が呼ばれたり。
    エンブリオとビートのディシプリン読み返したくなる。
    「ご子息の正樹さんにも、ひとかたならぬ御恩を受けております」
    このサムライめ。
  • ヴァルプルギスの後悔 Fire2.
    少女が自らの力に目覚め、絶望する時、歯車がまわり出す。

    世界を巻き込む魔女戦争が。

    炎の魔女の宿敵と運命。
    彼女はどう戦うのか。
  • ヴァルプルギスの後悔 Fire2.
    前の話を読んだ後、次の巻が出るまでに時間がかかるから昔に読んだはずの伏線を忘れてしまうわ・・・。
    この巻でも次が気になる終わり方だし・・・。
    果たして綺と凪は救われるのか?
  • ヴァルプルギスの後悔 Fire2.
    九連内朱巳が!とうとう大っぴらに凪の協力者に!レイン大好きの私としては、もうそれだけでご飯3杯いけますです。
    しかし、やっぱり上遠野先生は凄い。ストーリィに感心できる小説家って貴重。
  • 冥王と獣のダンス
    久々に上遠野浩平が読みたくなって買った本。
    ブギーポップ以外が読みたくて。
    結構おもしろくてあっという間に読んでしまった。
    なんとも言い難い読後感が募った。

    メモ
    ぼくらは虚空に夜を視る
    わたしは虚夢を月に聴く
    あなたは虚人と星に舞う
  • ヴァルプルギスの後悔 Fire1.
    ああ……このシリーズはどこに行くんだろう。
    そしてどういうオチになるんだろう。

    終わるんだろうか、と毎回どきどきしてしまう。