上遠野浩平のレビュー一覧

  • 酸素は鏡に映らない No Oxygen,Not To Be Mirrored
    読んだんですけれども、どんな話だか忘れました…なんだか中二病というのか、青年期の不安みたいなものが表現されていたんじゃないかと…思うんですけれども、思えば著者の「ブギポシリーズ」だってアレですよね、青年期というか、思春期の悩みが主なテーマだったり? するんじゃないかと個人的には思っているんですけれど...続きを読む
  • ブギーポップ・ウィズイン さびまみれのバビロン
    さて、相変わらず、登場人物が覚えられない…。別に覚えてなくてもそれなりに面白くて、そういうもんだと割り切って読めばよいのだと思うのだけれど、でも、覚えてればもっと楽しめるはず、とストレスにも感じる。シリーズが終わったらまとめて読んだほうがいいので、一旦読むの止めようかなと思いつつ、つい先が読みたくな...続きを読む
  • ブギーポップは笑わない

    期待よりは

    西尾維新の作品をよく読み、この作品に影響を受けたとのことで、いつかは読みたいと古本屋巡りをすれど、なかなか最初から見つけれないのが印象です。ついには電子書籍での購入と相成りました。さて、内容に関してはもう10年以上前の作品なためどこか古くささがあります。場面展開が行ったり来たりするため、捉えどころが...続きを読む
  • 螺旋のエンペロイダー Spin2.
    作者的絶句。

    いろいろなシリーズを集約して〆るシリーズかもしれないという感じが。
    それだけいろいろ出てきている。

    そろそろ全シリーズの年表と人物相関図、誰かつくらねぇかなぁ(他力本願・・・前にも言ったような気が)
  • ブギーポップ・チェンジリング 溶暗のデカダント・ブラック
    そろそろ何が書きたいのか見えなくなってきてたり。

    いろいろな自作品とクロスしてるせいか、読むこっちの視点が定まってない、というのがあるのだろうなぁと。
  • 戦車のような彼女たち Like Toy Soldiers
    やけに戦車の話が出てくるお話。
    あまり戦車には詳しくないからなー。

    ヒロイン位置は3人か?
    皆恋する乙女であるw
    個人的には舞惟が好きだが。

    取立て他のシリーズに出てくる主役級が
    華やかな活躍をするわけでもないサイドストーリー。
    こう言う話で、世界が積み上げられて行くのかな?

    相変わらず上遠野...続きを読む
  • ブギーポップ・チェンジリング 溶暗のデカダント・ブラック
    ちっちゃいブギーポップが出てくるよ!

    人の心には黒い部分が誰しもあってそれは周囲に影響していくものだ。憎まれっ子世に憚るというやつかな(多分違う)
    もっといえば清楚な眼鏡女子が夏休みに夜遊びを覚えてガン黒ビッチギャルに変貌するような感じか(違う)
  • 酸素は鏡に映らない No Oxygen,Not To Be Mirrored
    三人の少年少女が希少価値があるといわれるコインを探して頑張る話。
    この人の作品まだ二作目ですが、女子がみんな素敵キャラだなぁと思いつつ読んでる。
    弟君はなんかもぅ将来大物になってそうな鋭さがある。
    何かすごそうなキャラとかは他シリーズからの出張?うーん、長いシリーズを今のところ読む気はないけど、気が...続きを読む
  • 酸素は鏡に映らない No Oxygen,Not To Be Mirrored
    児童書と捉えていいのかライトノベルと捉えていいのか。
    主人公は少年。ボーイミーツガールもあって成長物語もあるけど、でもそれは少年の話じゃなくて。
    少年は少年で「世界を支配する力」を手に入れて、これからを過ごしていくのだろうけど。

    捉えどころのないもやもやとした何かのような、それでいて荒削りなごつご...続きを読む
  • ドラゴンフライの空 ギニョールアイの城 【復☆電書】

    読みやすい

    サラサラと読みやすいです。特段盛り上がる事はないですが、つまらないと思う事もありません。気軽に小説を読みたい時にオススメです😙
  • 私と悪魔の100の問答 Questions & Answers of Me & Devil in 100
    「悪魔」の問いに少女が答える、問うのがメインで答えはない問いなのは前書きのとおり。
    この作家さんの作品は多分読んだことがない。楽しく読めました。
    ほぼ会話ですけど、それが悪くない。紅葉ちゃん良い子。
  • 禁涙境事件 some tragedies of no-tear land
    今までの事件より全体的に分かりにくい。事件や謎解きそのものも分かりにくいし、EDの過去の描かれ方もなんか中途半端な感じ。最後の方は特に意味が分からないところが多かった。次の作品を読めば少しは分かるのかな?あとエグい描写が多かった…。
  • 螺旋のエンペロイダー Spin2.
    統和機構とか宇宙の牙っぽいアレとか枢機王とか。
    そしてブギーさんのあの人とかあの人とかあの人とか出てくるし。スーパー上遠野大戦かな?いや全シリーズそんな感じか…。
    上遠野さんの作品としては最近のラノベぽさが強いこのシリーズ、わりと大好きです。
  • メイズプリズンの迷宮回帰/ソウルドロップ虜囚録
    惰性で読んでしまったためか、またしても世界に入りきれず。どうもこの世界観を理解しきれないので、どうしても深みが感じられない。
  • メモリアノイズの流転現象/ソウルドロップ奇音録
    ソウルドロップを読んでから随分間が空いてしまい世界観に入りきれず消化不良気味です。雰囲気がブギーポップに近づいた?
  • ブギーポップ・ウィズイン さびまみれのバビロン
    ブギーポップといキャラは好きなのだが、主軸から派生した閑話的物語はそろそろお腹いっぱい><
    投げまくった布石を拾って、いい加減広げ過ぎた風呂敷を畳んで欲しいのだが…(-ω-;)ウーン

    ユージンとか、水乃星透子とか、懐かしいキャラが出てきても、最早記憶の中で相関図を辿れない(汗)。
  • アウトギャップの無限試算/ソウルドロップ幻戯録
    ネットに流れた手品の動画に映っていたペイパーカットの予告状は本物なのか。サーカム保険の二人は調査を開始するが、その手品師は不敵な言葉を残して姿を消す。彼の狙いはなにか。ペイパーカットは果たして来るのか、そして静観してあまり動かない伊佐の思惑は…
    今回トリート先生という新キャラが登場。これも謎めいた人...続きを読む
  • コギトピノキオの遠隔思考/ソウルドロップ孤影録
    伊佐がペイパーカットと出会ったあと、サーカムの秘密研究施設に連れて来られた時のエピソード・ゼロ的な話。千条との出会いもあるし、ミステリ仕立てなのでシリーズの中ではわかりやすい面白さ。
    まだこなれていないロボットの千条が楽しい。
  • 戦車のような彼女たち Like Toy Soldiers
    合成人間の恋の話。
    ひたすら真っ直ぐで、読後感も良かった。

    ブギーポップシリーズと事件シリーズがリンクしていて、全体の世界観をつかんでみたいがために著者のシリーズを読んでいるのだと思う。
  • 螺旋のエンペロイダー Spin1.
    『螺旋のエンペロイダー』
    上遠野浩平

     ブギーポップシリーズではお馴染みの「MPLS」に中心を書かれている。いわゆるスピンオフの学園モノ。
     主人公はなんとなく「ペルソナ4」の主人公を彷彿とさせる容姿で、なんとなくやる気がなく、しかしその能力はすごいというなんともありがちな設定。
     ブギーポップシ...続きを読む