羊太郎のレビュー一覧

  • ロクでなし魔術講師と追想日誌 3
  • ロクでなし魔術講師と追想日誌

    セリカ良い奴だな

    この作品見たら泣きますグレンとセリカがどうやってあったかそしてグレンはとっくに死んでいた事とかが書かれています(本物の方が死んだ)
  • ロクでなし魔術講師と禁忌教典18

    スピード感があるので

    楽しく読めました。さすがに忘れてることも多いのですが。ギャグ少なめ。
  • 古き掟の魔法騎士I
    ロクアカの作者ということで購入。
    強すぎる主人公がひよっこ騎士たちを鍛え、導きながら王位継承争いや外敵に立ち向かっていくストーリー。
    個人的に王道ファンタジーは大好物です。
    続刊に期待。
  • ロクでなし魔術講師と禁忌教典16

    楽しみ


    いろいろと広がりまくった伏線とか回収されていってます。まとまりそうでなんだか安心しました。次が楽しみ。
  • ロクでなし魔術講師と禁忌教典15

    成長する仲間、それぞれの野望

    魔術祭典が開会し、それぞれの思い、野望、目標、思惑を胸に白熱の戦いが開幕します。表舞台では、システィーナ率いる帝国代表と各国代表との競争が始まります。自らの目標を掲げる代表同士の譲れない戦いは、少年漫画の様に熱く、胸が躍る展開でした。改めて、システィーナは、技能、精神共に成長し、学生として規格外の強...続きを読む
  • ロクでなし魔術講師と禁忌教典14

    前哨戦

    今回は、国の代表選手を決定する魔術祭典選考の物語です。学院を舞台にほのぼのした内容だと思っていました。むしろ、選考の際に、システィーナが選ばれ、彼女の実力を誇示する退屈な回だと思っていました。しかし、早速、良い意味で期待を裏切られました。各章のタイトルが異様で、物語もどこか違和感がある書き回し、気づ...続きを読む
  • ロクでなし魔術講師と追想日誌 4

    心温まる箸休め

    今回は、学院を舞台にした笑えるコメディというより、心温まる物語が多く詰まっています。本編で言うと13巻までの出来事でしょうか。今作では、謎に包まれたリィエルの私生活、セシリアの決意が明らかになります。セシリアの尊い目標と外見はルミアに匹敵するヒロイン力ですが、前巻の登場内容と同じく、最後の最後で締ま...続きを読む
  • ロクでなし魔術講師と禁忌教典11

    第三部開幕

    今回は、他校との決闘の際に起こった事件で、学院を舞台にしています。巻き込まれた事件の末、本作の中枢に関わるものが語られました。また、帝国内部の不穏な動きや隣国レザリアとの関係など、徐々にきな臭くなっている様な気がします。第三部の出だしとしては、良いスタートでしょう。
    基本的な内容として、前半は学院...続きを読む
  • ロクでなし魔術講師と禁忌教典9

    平和な日常から一転

    突如終わりを告げた日常、今までの学院コメディから一変、熾烈な戦いに転じます。そして、今まで散りばめられた出来事から、帝国の現状、天の智慧研究会の実態について、少しずつ浮き彫りになってきました。
    今回は、恐らく次巻、そのまた次巻に続く長編なのでしょう。旧敵との戦闘、起こり得る予想外の出来事など、常に...続きを読む
  • ロクでなし魔術講師と追想日誌 3

    二人の歩む道

    今回の前半は、魔術学院とその都市フェジテを舞台にしたものです。本編でいうと、特務分室のメンバーの殆どが登場した6巻まででしょう。
    魔術学院では、前回登場した教授陣が大暴れです。オーウェル教授やセリカといったラインナップを体験学習の講師にするのは流石に人選ミスでしょう。恐らく、この面子が短編での学院...続きを読む
  • ロクでなし魔術講師と禁忌教典8

    ヒロイン達の色んな顔

    今回は、女学院に留学することになった主人公一行の学園ドラマです。そして、主役は3、4巻以来、久々にリィエルです。学院の問題児を更生し、人望を得るという、ひと昔前の学園ドラマの様で、終始、コメディに振った回です。まさか、グレンが女性になるとは、、さすが魔法の世界、なんでもありですね。
    今回は、過去や...続きを読む
  • ロクでなし魔術講師と禁忌教典7

    ヒロインの立ち位置や如何に

    今回は社交舞踏会を舞台に暗殺計画を企てる敵との攻防です。ラブコメの定番、文化祭にも似た華やかな舞踏会で、前半は舞踏会での優勝を目指す学園ラブコメ、後半はその裏で暗躍する敵との戦闘に分かれます。コメディとシリアスの展開はもちろん、これに暗殺の手口をミステリー風に描く手法は見事でした。
    そして、今回、...続きを読む
  • ロクでなし魔術講師と追想日誌 2

    愚者の世界の所以

    リィエルガ加わった本編4話までの内容です。前作よりもコメディに振っており、空回りするアルベルト、真のヒロイン(笑)となったシスティーナなど、普段見られないキャラの意外な場面が多いです。そして、今回は本作のサブキャラの出番が割と多いです。特に、魔術学院に意外な伏兵がいたとは驚きです。とんでも発明をする...続きを読む
  • ロクでなし魔術講師と禁忌教典6

    新章突入

    短編で語られたセリカとグレンの物語が今作で佳境を迎えます。
    今回は遺跡探索編ということで、いつもの突拍子もないことから、大事件へ発展していきます。今まで謎に満ちたメルガリウスとルミア、セリカ、彼らの素性が少しずつ明らかになってきました。少しずつ、パズルの様にまばらだったものが、繋がっていき、今後、...続きを読む
  • ロクでなし魔術講師と追想日誌

    グレン達の日常とセリカの物語

    グレンを中心とした日常が本編よりも描かれています。キャラ達の意外な一面を知ることができ、コメディ多めで楽しめます。前半はルミア、システィーナを中心とした日常コメディで、後半はグレンとセリカの出会いが描かれます。コメディの気軽さとシリアスな過去が非常バランスよく現れていました。
    今作における一番の主...続きを読む
  • ロクでなし魔術講師と禁忌教典5

    第一幕、ここに完結

    ここまでがアニメ化された物語です。今回は、そこそこの活躍をしていた臆病なシスティーナの回です。五巻にして、ヒロインの役割や立ち位置が固まりました。教師と生徒、今まで守られる立場の生徒がついに立ち上がり、成長していきます。そこに至るに、グレンもまた過去を少しだけ超えて新たな一歩を踏み出したのかも知れま...続きを読む
  • ロクでなし魔術講師と禁忌教典4

    リィエル回、ここに完結

    白熱の展開と衝撃の事実でした。前作に続くリィエル回の完結です。主人公とリィエルの過去が明らかになります。魔術だけでなく、錬金術にも触れられており、ハガレンを彷彿します。リィエルと錬金術は切り離せない関係であり、その事実には涙を流しました。しかしながら、良い話でもあり、物語に深みを与えています。
    ...続きを読む
  • ロクでなし魔術講師と禁忌教典3

    クラスの日常

    今回は新キャラの登場とクラスの日常に重きを置いています。なので、今まで登場の少なかったキャラの意外な一面を知ることができます。一方で、今作は前編なので、これといった展開はありません。あくまで、次作への伏線です。ですが、終盤に行くに連れて華々しい日常に雲行きをさしていきます。次第にシリアスな展開に持っ...続きを読む
  • ロクでなし魔術講師と禁忌教典2

    今回は生徒とルミアに脚光を

    今回は、魔術競技祭とルミアの物語です。グレンが率いるクラスは、学年の中でも優秀な方ではありません。そんな中、グレンの助言と生徒の努力によって健闘していきます。ありがちですが、実に胸のすく展開でした。また、ルミアとシスティーナ以外の生徒に出番があったのが嬉しい限りです。もう少し活躍を見たかったですが、...続きを読む