【感想・ネタバレ】ロクでなし魔術講師と追想日誌 5のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

互いの正義

カシ 2020年05月26日

今回も学院コメディで、オーウェルとツェストの二大変人が大暴れです。所構わず、引っ掻き回す二人は短編の重要人ですね。そして、いつもと違うのが、特務分室の面々もコメディに加わってます。優秀な彼らの優秀すぎてポンコツな様子が垣間見え、それをまとめる室長のイヴの苦労が知れます。思えば、イヴが初登場した7巻で...続きを読むは、活躍できず散々で、嫌な印象でした。しかし、11巻や今回の短編でも不器用ながらも面倒見の良い一面が描かれており、彼女の印象が大分変わりましたね。完璧に見える彼女も、結局、父親や上層部の人間によって、判断を誤り、結果的に冷酷なポンコツになってしまうのでしょう。学院に通い始めてから彼女本来の良さが現れ、生徒、あるいは読者に人気となったのでしょう。彼女のヒロインとしての目覚めは近いのかも知れません。
そして、今回のメインはグレンとジャスティスです。とある任務で彼らの正反対な正義が衝突する様が描かれてます。ジャスティスの正義も大概ですが、グレンの正義もまた真っ直ぐ過ぎて、格好良いですが逆にイカレてますね。過酷な任務の中で全てを救う、確かに特務分室のメンバーが彼を否定するのも納得です。直接の戦闘ではないですが、己の正義を真っ向からぶつけ合った宣戦布告という感じです。恐らく、彼らの最初の戦闘の詳細は、最後の決着の場面で語られるのでしょう。

このレビューは参考になりましたか?