「東直己」おすすめ作品一覧

  • 作者名:東直己(アズマナオミ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1956年04月12日
  • 出身地:日本 / 北海道
  • 職業:作家

北海道札幌東高等学校卒、小樽商科大学中退、北海道大学文学部哲学科中退。1992年『探偵はバーにいる』でデビュー。『札幌刑務所4泊5日体験記』、『ススキノ探偵シリーズ』など数多くの作品を手がける。また『フリージア』、『バーにかかってきた電話』、『探偵はひとりぼっち』が映画化された

作品一覧

2015/09/04更新

向う端にすわった男
駆けてきた少女
720円(税込)
消えた少年
616円(税込)
逆襲
540円(税込)
待っていた女・渇き
探偵くるみ嬢の事件簿
探偵はバーにいる
616円(税込)
探偵はひとりぼっち
探偵は吹雪の果てに
バーにかかってきた電話
古傷
432円(税込)
抹殺
648円(税込)
ライダー定食
540円(税込)
ライト・グッドバイ

ユーザーレビュー

  • 探偵はバーにいる

    再読。やはり初期は伏線の回収も鮮やかだし文章も密度が高くていいなー。
    後期のようなススキノを揺るがす大事件でもなく、行政の腐敗にメスを入れる批評的な視点が強いわけでもなく、言ってしまえば、地味な事件だけど。
    1番のどんでん返しは、読者を驚かせる仕掛けではなくて、人間の多面性だろう。
    「俺」が馬鹿にし...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • ライト・グッドバイ

    著者は、ほんとに人間をよく見てるよな。。。
    「おうわっ」とか、人間が他者に媚びて取り入ろうとする姿を、すごくよく見ないと、書けないよ。
    口の中で舌がうねうねしてるとか、えげつない下ネタで罵倒して興奮するとか、母親が性的に興奮して息が臭くなるとか、ほんとに人間のみっともない部分を常日頃から観察して...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • サイドストーリーズ

    大分前に購入「積ん読」状態だったのをなぜか読みました。
    正直楽しかったです。
    作家さん達の代表作のスピンオフというか表題通り「サイドストーリー」。読んだことの無い作品もありましたが、丁寧に作者の横顔やメインのストーリーも書いてあるというサービス付。すべて「煙草」や「一服ひろば」に関連して書いてありま...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集