「五十嵐貴久」おすすめ作品一覧

「五十嵐貴久」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:五十嵐貴久(イガラシタカヒサ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1961年12月14日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

成蹊大学文学部卒。2002年『リカ』で第2回ホラーサスペンス大賞で大賞を受賞しデビュー。TVドラマ化もされた。『TVJ』で第18回サントリーミステリー大賞優秀作品賞受賞。その他作品に『交渉人』シリーズ、『パパとムスメの7日間』、『相棒』などがある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/01/12更新

ユーザーレビュー

  • 相棒
    なんとも楽しい小説。少し評価は甘いが星五つ。
    まず設定が面白い。ありえない設定なのだが、本当にあったかのような錯覚をおこさせるのは作者の筆力か。

    ネタバレになるのであまり書けないが、犯人捜査の過程も面白いし、終盤にはドッキリもありなかなか楽しめました。
  • 贖い
    これまた会社の方からお借りした一冊。

    犯人は最初の最初から分かっているタイプのハードボイルド刑事小説かと単純に思ったら大間違い。

    全然ハードボイルド感は無く、どことなく温和、柔和なイメージの刑事が、じわじわと迫ってくる。

    その刑事の味も良いのだか、相棒の女性刑事もまた、私には堪らなく魅力的に映...続きを読む
  • 贖い
    東京、埼玉、愛知で、3人の子供が殺される事件が起こった。
    各警察署が犯人探しに明け暮れるも、手掛かりは一向に出てこない。
    何故、殺人事件は起こったのか。
    犯人の目的は?

    3つの事件の操作状況が、小刻みに並行して語られます。
    多分この人、という犯人も、最初から登場していますが、何故?の部分が知りたく...続きを読む
  • リバース
    怖かったあ!人間の多面性満載のミステリー。幸子さんの神父さまへの手紙形式で進んでいくが、幸子さん天然というか素直というか、、、。登場人物みんな面白かった。作者の別の作品も読みたい。
  • リターン
    何せ前作「リカ」の内容があまりにも衝撃だったので「よしっ、読むぞ」と気合を入れて読み始める。

    山中で発見されたトランクに入った死体は本間だった
    リカは本間の手足、目、鼻、下を切り取り殺さず生かしたまま10年間を一緒に過ごしていた。

    警察で昔の未解決の犯罪を洗い直す部署にいてずっとリカの行方を追っ...続きを読む

特集