贖い : 上

贖い : 上

作者名 :
通常価格 627円 (570円+税)
紙の本 [参考] 774円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

7月1日東京・杉並。小学校の校門に男児の切断された頭部が置かれていた。2日埼玉・和光。林で、中学生の少女の刺殺死体が発見された。3日愛知・名古屋。ス-パーで幼児が行方不明になる。これらの事件を追う捜査員の姿を丹念に描き、事件の背景、犯人の動機を重層的に炙り出す五十嵐ミステリーの新たな金字塔。ベストセラー『誘拐』で活躍した星野警部が、新たな相棒とともに難事件に挑む。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2018年09月22日
紙の本の発売
2018年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

贖い : 上 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年08月13日

    五十嵐貴久『贖い(上)』双葉文庫。

    『誘拐』にも登場した一風変わった刑事の星野警部補が再び難事件に挑む警察小説。

    一言で感想を述べるなら何も見えて来ないという面白さというのが妥当だろう。上巻に描かれる同時期に発生した三つの殺人事件。怪しい人物は冒頭から提示されているのに犯行動機が全く解らないので...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月10日

    7月1日2日3日別々の場所で子供が行方不明になり遺体で発見された

    それぞれの話が交互に進んでいく

    この巻では事件の真相よりそれぞれの担当刑事の人間性や人間関係の難しさが伝わってきた

    星野さんの粘り強さはすごい

    小分けに進むので続きが気になり止まらない

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月14日

    3つの殺人事件の話が交錯するので、最初はついていくのが大変やったけど、真相が知りたくて一気読み。
    下巻ですべてが繋がるのかと思うと、もう早く読みたいしかない!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月18日

    東京・埼玉・愛知、この3箇所で起きた殺人事件 この3つの事件はそれぞれ手口も違えば互いの関連性もありません。

    犯人は途中から読者にも見えて来ますがその動機には過去の辛く悲しい事実が隠されていて切なくなりました。

    手に掛けられた何の罪もない3人の子供達を思うとこの復讐は絶対あってはならないもの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月27日

    県を跨いで発生した3件の殺人事件。
    いずれも子供が殺害されており、それぞれの捜査の様子が並行して綴られていくが、いずれもなかなか手掛かりが見つからない。
    一方で何故か稲葉という非常に真面目なサラリーマンの様子が追いかけられているが、思わせ振りではあるものの事件との関係は全く謎のまま上巻が終わった。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月08日

    面白かった!
    「贖い」は「あがない」と読みます
    タイトル通りの物語です

    上巻のストーリとしては
    東京、埼玉、愛知で子供が殺される事件が発生

    7月1日 東京の杉並で小学校の校門に男児の切断された頭部が置かれる事件
    2日には、埼玉の和光で林の中で中学生の少女の刺殺死体
    3日には、愛知のスーパーで1歳...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月05日

    どう考えても犯人らしき人物が早めに出てくるのだけど、先の展開が全然読めず、でもテンポがよくて面白かった。

    怪しさしか感じないけど、動悸はなんなのだろう?
    もしかして実は犯人じゃないとか…?
    などなど考えながら読み進めていました。

    3つの事件が並行して進むので、いまどの事件の話だっけ?と混乱するこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月04日

    場面が次々と変わっていくので、テンポが良い。
    ドラマを見ているような感じ。
    そしてストーリー自体も面白い。バラバラに起きている殺人。これらに関連性はあるのか?ないのか?ここからどう進んでいくのか…。
    読みながら推理している。
    早く下巻も読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月18日

    東京、埼玉、愛知で立て続けに殺人事件が起きる。
    被害者は、それぞれ小六、中二、一歳の子供。
    当初から、犯人らしき者が登場し、「WHAT」よりも「WHY」を主眼に置いた作品のようだ。
    物語は、犯人を追及する警視庁や各県警の刑事たちの地道な捜査活動が、交互に詳述される(誰がどこの警察の所属なのかを確認す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月31日

    3つの事件の繋がりを、推理とゆうか想像しながら読み進めていく。何が共通しているのだろうか?動機は?
    冒頭から登場する稲葉とゆう人物は、予想どうり犯人なのだろうか?
    星野さんを軸に、3件の捜査が同時進行していくので、しっかり把握しながら読まないといけませんな。

    このレビューは参考になりましたか?

贖い のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 贖い : 上
    627円(税込)
    7月1日東京・杉並。小学校の校門に男児の切断された頭部が置かれていた。2日埼玉・和光。林で、中学生の少女の刺殺死体が発見された。3日愛知・名古屋。ス-パーで幼児が行方不明になる。これらの事件を追う捜査員の姿を丹念に描き、事件の背景、犯人の動機を重層的に炙り出す五十嵐ミステリーの新たな金字塔。ベストセラー『誘拐』で活躍した星野警部が、新たな相棒とともに難事件に挑む。
  • 贖い : 下
    627円(税込)
    7月1日東京・杉並。小学校の校門に男児の切断された頭部が置かれていた。2日埼玉・和光。林で、中学生の少女の刺殺死体が発見された。3日愛知・名古屋。ス-パーで幼児が行方不明になる。これらの事件を追う捜査員の姿を丹念に描き、事件の背景、犯人の動機を重層的に炙り出す五十嵐ミステリーの新たな金字塔。ベストセラー『誘拐』で活躍した星野警部が、新たな相棒とともに難事件に挑む。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

双葉文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング