贖い : 上

贖い : 上

作者名 :
通常価格 627円 (570円+税)
紙の本 [参考] 774円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

7月1日東京・杉並。小学校の校門に男児の切断された頭部が置かれていた。2日埼玉・和光。林で、中学生の少女の刺殺死体が発見された。3日愛知・名古屋。ス-パーで幼児が行方不明になる。これらの事件を追う捜査員の姿を丹念に描き、事件の背景、犯人の動機を重層的に炙り出す五十嵐ミステリーの新たな金字塔。ベストセラー『誘拐』で活躍した星野警部が、新たな相棒とともに難事件に挑む。

ジャンル
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2018年09月22日
紙の本の発売
2018年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

贖い : 上 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年08月13日

    五十嵐貴久『贖い(上)』双葉文庫。

    『誘拐』にも登場した一風変わった刑事の星野警部補が再び難事件に挑む警察小説。

    一言で感想を述べるなら何も見えて来ないという面白さというのが妥当だろう。上巻に描かれる同時期に発生した三つの殺人事件。怪しい人物は冒頭から提示されているのに犯行動機が全く解らないので...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月04日

    場面が次々と変わっていくので、テンポが良い。
    ドラマを見ているような感じ。
    そしてストーリー自体も面白い。バラバラに起きている殺人。これらに関連性はあるのか?ないのか?ここからどう進んでいくのか…。
    読みながら推理している。
    早く下巻も読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月18日

    東京、埼玉、愛知で立て続けに殺人事件が起きる。
    被害者は、それぞれ小六、中二、一歳の子供。
    当初から、犯人らしき者が登場し、「WHAT」よりも「WHY」を主眼に置いた作品のようだ。
    物語は、犯人を追及する警視庁や各県警の刑事たちの地道な捜査活動が、交互に詳述される(誰がどこの警察の所属なのかを確認す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月28日

    複数の場所での事象が並行して話が進んで行く。そのため、かなりの登場人物が出てくるのだが、多過ぎて把握が大変なことこの上ない…
    読むのに時間がかかりました(ーー;)
    巻末か目次の後に登場人物のラインナップがあるとありがたかったなぁと。
    ただ、ぜひ根気強く読んでいただきたいです。
    下巻は面白い展開に。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年08月30日

    上巻、一気読みでした。東京、埼玉、愛知で起きた殺人事件。犯人は誰なのか?連続殺人なの?別々の事件なの?わからない糸が絡み合ってどんどん頁をめくっちゃいました。東京の星野警部と里奈、埼玉の神崎と由紀、愛知の坪川。それぞれの刑事を応援しながら下巻へ。掴み所が無いようでいてどしっと構えている星野警部が気に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年10月26日

    『エヴァ・ライカーの記憶』に続いて、面白かった……
    …のは面白かったんだけど、でも、これも、なぁ~んか惜しい話w

    そういう感想になってしまうのは、たんなるエンタメ小説なのか、警察(の捜査)小説なのか、どっちつかずになっているからだと思う。
    たんなるエンタメ小説なら、星野警部vs犯人の頭脳戦やらスリ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

贖い のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 贖い : 上
    627円(税込)
    7月1日東京・杉並。小学校の校門に男児の切断された頭部が置かれていた。2日埼玉・和光。林で、中学生の少女の刺殺死体が発見された。3日愛知・名古屋。ス-パーで幼児が行方不明になる。これらの事件を追う捜査員の姿を丹念に描き、事件の背景、犯人の動機を重層的に炙り出す五十嵐ミステリーの新たな金字塔。ベストセラー『誘拐』で活躍した星野警部が、新たな相棒とともに難事件に挑む。
  • 贖い : 下
    627円(税込)
    7月1日東京・杉並。小学校の校門に男児の切断された頭部が置かれていた。2日埼玉・和光。林で、中学生の少女の刺殺死体が発見された。3日愛知・名古屋。ス-パーで幼児が行方不明になる。これらの事件を追う捜査員の姿を丹念に描き、事件の背景、犯人の動機を重層的に炙り出す五十嵐ミステリーの新たな金字塔。ベストセラー『誘拐』で活躍した星野警部が、新たな相棒とともに難事件に挑む。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています