相棒

相棒

作者名 :
通常価格 699円 (636円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

時は幕末、京の都――。大政奉還を目前に控え、徳川慶喜暗殺未遂事件が起こった。幕閣から犯人探索の密命を受けたのは、坂本龍馬と新選組副長の土方歳三。しかし二人に与えられた時間は、わずか二日間だった。いがみ合い、衝突しながら捜査を続ける二人が最後に行きついた人物とは?そして龍馬暗殺の真相を知った土方は?幕末維新のオールキャストでおくる、傑作エンタテインメント長篇小説。

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文芸文庫
ページ数
602ページ
電子版発売日
2014年12月19日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

    Posted by ブクログ 2018年01月06日

    なんとも楽しい小説。少し評価は甘いが星五つ。
    まず設定が面白い。ありえない設定なのだが、本当にあったかのような錯覚をおこさせるのは作者の筆力か。

    ネタバレになるのであまり書けないが、犯人捜査の過程も面白いし、終盤にはドッキリもありなかなか楽しめました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月29日

    坂本龍馬と土方歳三が手を組んだ、まさかの大河エンターテイメント。

    龍馬の土佐弁を思う存分楽しめます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月24日

    絶対にありえない組み合わせを持ってくるところが作者らしい。土方の冷徹かつ厳格さ、龍馬の人たらしの見事さかつ行動力を見事に描ききってラストまで飽きさせない。一気に楽しめます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月25日

    あの坂本龍馬と土方歳三がバディを組みました。何が嘘で何が本当のことなのかわからない食えない坂本さんと冗談なんて言わない、いつも神経尖らせている土方さんですよ。S極とN極みたいな人達なのに、いつの間にやら信頼するんですね、互いのこと。
    もう毎度新選組の話になると新選組の最後がもうつらくて胸が苦しくなる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月01日

    将軍狙撃未遂事件の捜査のために普段は敵同士の2人が最強のタッグを組む。
    例えるならナメック星で悟空とベジータが共に戦うあのワクワク感。
    珍しいのは、それが坂本龍馬と土方歳三ってこと。
    これまた王道ではあるが、ズボラで人たらしな龍馬と神経質で粗野な歳三の正反対っぷりが面白く共通点は2人とも現実主義者で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月01日

    読みやすく、五十嵐貴久さんの緻密なタッチが、情景をわたしの目の奥に鮮やかに見せてくれた。悲しい場面もあったが、より情緒のある雰囲気でよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月24日

    幕末好きに討幕派と佐幕派がいるとすれば、それぞれの大物である坂本龍馬と土方歳三がある事情で組み、謎解きをすることになる本書は何でも入りといったところか。

    割と当たり前の友情ものとなってしまうのだが、そういう仮想現実もあるなあと十分に楽しめる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月07日

    設定が突拍子がなく面白かったです。
    そして、土方さん、かっこいい。
    龍馬の性格も憎めなくてよかったです

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月23日

    ありえない設定だと思うけどおもしろかった!
    土方さん坂本さんコンビが、だんだんお互いにわかりあえてくるのがいい。
    ラストも本当にあんな風だったらいいなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月28日

    土方歳三と坂本龍馬が手を組んで将軍・徳川慶喜襲撃事件の犯人を探すというまさかのストーリー。
    幕末好きにはたまらないお話でした(笑)
    暗殺されたと思ってた龍馬が実は生きていた、というのも良かった!
    ただ、私は伊東甲子太郎が好きなので、襲撃事件も龍馬暗殺の犯人も全て伊東のせいっていうのが納得いかず(笑)...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています