澁澤龍彦の一覧

「澁澤龍彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:澁澤龍彦(シブサワタツヒコ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1928年05月08日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

東京大学文学部卒。『唐草物語』で第9回泉鏡花文学賞、『高丘親王航海記』(遺作)で 第39回読売文学賞(没後受賞)。その他作品に『東西不思議物語』、『サド侯爵の生涯』、『快楽主義の哲学』などがある。「澁川龍兒」、「蘭京太郎」、「Tasso S」などの名義でも活動。1987年逝去、享年59歳。

値引き作品コーナー

作品一覧

2019/04/26更新

悪徳の栄え
  • ブラウザ試し読み

悪魔の中世
  • ブラウザ試し読み

異端の肖像
  • ブラウザ試し読み

うつろ舟
  • ブラウザ試し読み

唐草物語
  • ブラウザ試し読み

記憶の遠近法
  • ブラウザ試し読み

機械仕掛のエロス [新装版]
  • ブラウザ試し読み

胡桃の中の世界
  • ブラウザ試し読み

胡桃の中の世界
  • ブラウザ試し読み

黒魔術の手帖
  • ブラウザ試し読み

閨房哲学
  • ブラウザ試し読み

幻想の彼方へ
  • ブラウザ試し読み

幻想の画廊から
  • ブラウザ試し読み

さかしま
  • ブラウザ試し読み

サド侯爵 あるいは城と牢獄
  • ブラウザ試し読み

思考の紋章学
  • ブラウザ試し読み

澁澤龍彦 映画論集成
  • ブラウザ試し読み

澁澤龍彦 初期小説集
  • ブラウザ試し読み

澁澤龍彦 書評集成
  • ブラウザ試し読み

食人国旅行記
  • ブラウザ試し読み

城
  • ブラウザ試し読み

城と牢獄
  • ブラウザ試し読み

新ジュスティーヌ
  • ブラウザ試し読み

世紀末画廊
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 澁澤龍彦 西欧作家論集成 下
    あっという間の面白さでした。
    下巻は、マンディアルグ、ジュネ、コクトーなど知っている文学作家ばかりなのですが、まだ読んだことがないので予習に良かったです。
    横文字が盛り沢山、フランス語も盛り沢山で、ややペダンティック観は否めないですが、この本で

    シュルレアリスム

    という言葉の意味が解り、また個人...続きを読む
  • 澁澤龍彦 西欧作家論集成 上
    大変面白く読みました。
    西欧文学をもっと読みたくて手にしましたが、何という情報量!!
    気になる作家を検索しても、ほぼ絶版状態で残念でした
    が、それでも三冊は入手出来たのでまあまあです。
    サドの「悪徳の栄え」やレアージュ「O嬢の物語」などのエロノトピアの意味が、マーカスの文章引用でよく分かりました。
    ...続きを読む
  • 快楽主義の哲学
    これは意外と面白い本だった。
    題名に『哲学』とあるので少々お堅い本かと思って手に取るも、なんの著者のざっくばらんかつ、筋の通った内容である。
    快楽主義とは、一貫し『人間の本能、人間の欲望に忠実である』ことであり、ヘンな常識や風習に惑わされることなく、自然体であることを説く。
    ・進歩や発展のない生活に...続きを読む
  • 高丘親王航海記
    面白くて一気呵成に読んでしまいました。
    みここと高丘親王が、天竺に憧れて博学で信心深い供を連れて旅立つ、その旅路を追うストーリーですが、読むにつれてみこの旅の目的は天竺に赴いて仏の道を極めることよりも、藤原薬子への想いであったり、師である空海上人に再会するためではないかなどと思ったりします。
    また、...続きを読む
  • 悪徳の栄え 上
    サドとニーチェは高校生のときに読んで、自分の道徳観がぶち壊された感覚がありました。
    その最たるものが本書です。

    ちなみに、澁澤龍彦が『美徳の不幸』(ジュスティーヌっていう清純な女の子がめちゃくちゃ酷いめにあう話)の前書きの部分を、「ジュスティーヌになりたがらない女はいない」って訳してたんだけど、本...続きを読む