プリニウスと怪物たち

プリニウスと怪物たち

作者名 :
通常価格 814円 (740円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

古代ローマの大博物学者プリニウスが書いた『博物誌』は当時の世界の見聞を収めた大事典として名高いが、なかでも火とかげサラマンドラや海坊主、大山猫など幻想的な動物たちが面白い!新アンソロジー。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
河出文庫
電子版発売日
2016年07月01日
紙の本の発売
2014年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
25MB

プリニウスと怪物たち のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年11月23日

     引用主体の『私のプリニウス』に比べ、図版が豊富な本書は楽しく読めた。
     荒俣宏に『理科系の文学誌』という著作があった。澁澤龍彦も、宮沢賢治や稲垣足穂に連なる理科系の文学者であろう。(SF作家とは微妙に違う)。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています