黄金時代

黄金時代

作者名 :
通常価格 471円 (429円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

60年代の後半、全共闘運動はなやかなりしころ、世情は騒然とし、著者が親交をあたためていた作家三島由紀夫は、一見その流れに歩調を合わせるかのように死の予行演習をくり返し、自決へと至った。そして70年代が幕を開け、政治の季節は終った。時代に対して超然としながら、なおかつ時代の空気を鋭敏に察知していた著者はこの時期何を考えていたのだろうか? 本書はその思索の跡を示す。

ジャンル
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
河出文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2011年09月02日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

黄金時代 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    440
    六〇年代の後半、全共闘運動はなやかなりしころ、世情は騒然とし、著者が親交をあたためていた作家三島由紀夫は、一見その流れに歩調を合わせるかのように死の予行演習をくり返し、自決と至った。そして七〇年代が幕を開け、政治の季節は終わった。時代に対して超然としながら、なおかつ時代の空気を鋭敏に察知して...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月19日

    [ 内容 ]
    60年代の後半、全共闘運動はなやかなりしころ、世情は騒然とし、著者が親交をあたためていた作家三島由紀夫は、一見その流れに歩調を合わせるかのように死の予行演習をくり返し、自決へと至った。
    そして70年代が幕を開け、政治の季節は終った。
    時代に対して超然としながら、なおかつ時代の空気を鋭敏...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

澁澤龍彦 のこれもおすすめ