「竹岡美穂」おすすめ作品一覧

【竹岡美穂】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:竹岡美穂(タケオカミホ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:7月1日
  • 出身地:日本 / 福島県
  • 職業:イラストレーター

『黄昏色の詠使い』シリーズ、『文学少女』シリーズ、『ぴよぴよキングダム』の挿絵などを手がける。妹は小説家の竹岡葉月。

作品一覧

2017/04/18更新

ユーザーレビュー

  • 吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(1)
    吸血鬼になってしまった苦悩をだかえながら葛藤しつつ
    、劇を完成させる姿に感動。野村美月さんらしい作品でした。ちょっとエロスもあり吸血鬼っぽいツヤを帯びた作品でした。
  • ただ、それだけでよかったんです
    あぁ……幸せになってしまうのか……お前も……。   
    あんな綺麗でかっこいい美人さんに抱かれて……。   




    革命は面白かった。 よくやった。 褒めてやる。  
    せいぜい美人なお姉さんとイチャイチャしてろよ。    



    あー、ガキんちょってのはクソだし、大人はもちろんクソだし、いじめってク...続きを読む
  • 楽園への清く正しき道程 国王様と楽園の花嫁たち
    カテリナのヒロイン力が発揮されていてとても良かった。

    7番目を手に入れられないとはこういうことか。

    結末は違ってもハッピーエンドなら問題ない。

    話がきれいにまとまっていて楽しめた。

    4番目、5番目は1巻分使って書いて欲しかったなと。
  • 楽園への清く正しき道程 1番目はお嫁さんにしたい系薄幸メイド
    ミーネがとてもかわいく書かれていてとても良かった。

    1番目が手に入ったという表現があったので、7番目が手に入らないというのは7人目が手に入らないということなのだろうか。

    それとも別の何かを指すのだろうか。
  • “文学少女”と死にたがりの道化【ピエロ】
    久しぶりに再読したのですが、まさかの一度目を登録していませんでした。びっくり。何となく文学少女シリーズの表紙を眺めていたら、好きな作品なのに内容が思い出せず手に取りました。話中、様々な作家さんや作品の名前が出てきてわくわくします。遠子先輩の個性的な性格にくすりとくる場面が多いですが、今作は太宰の人間...続きを読む

特集