おはよう、愚か者。おやすみ、ボクの世界

おはよう、愚か者。おやすみ、ボクの世界

作者名 :
通常価格 627円 (570円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

あるSNSの書き込みが話題になっている。一人の高校生・大村音彦が何人もの中学生を支配し、恐喝した。その額、累計3000万円――。そして今晩、ついに三人の中学生を半殺しにしたという。「けれど、それは最悪な嘘だと知っている。だって、大村音彦は俺の名前なのだから」最悪な一夜の逃走劇の中で、唯一掴んだ手がかり。それは、榎田陽人という女子中学生の存在。壊れた世界に生きる少年と少女が出会う時――。デビュー作に続く、待望の衝撃作がついに!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2016年11月06日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

    Posted by ブクログ 2016年12月18日

    読んでいて、ため息をつきたくなるくらいにすばらしい物語でした。

    何度も何度も裏切られました、ここまで仕組まれていたとは...
    前作「ただ、それだけでよかったんです」にも楽しませていただきましたが、今作もすばらしい作品です。

    是非読んでみてください。
    あーあ、また騙された。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月18日

    前作と比べて感情移入しやすくて、読みやすかった。
    荒唐無稽な内容でもSNSで容易に拡散してしまうところとかがリアルっぽかった。
    音彦も陽人も逆のベクトルで同じ目的のために動いていたのが何か切ない。
    正義が悪役であり、悪役が正義であり、表層をなぞるだけでは何も分からないと思った。
    ただ、斉藤がクズ過ぎ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月10日

    うー、デビュー作で期待のハードルを上げちゃったかな。衝撃的な作品でデビュー作した作者の2作目。事件は凶悪。はじめは大村の一人称で進むため大村に共感しようかという時に恐喝が明らかになり、大村への共感がストップしてしまった。事件に裏がありそうだと気付いてから真相が気になってあまり集中できなかった。物語の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月07日

    胸糞悪い物語だ。だが、デビュー作を超えるインパクトを出そうとしたらこうなるのだろうか。

    作品の感想としては余計なお世話だが、そんなことを考えてしまったし、これを電撃文庫から出したのもすごいな、と思う(これも余計なお世話だが)。

    散らばっていた各キャラクターの物語がひとつに収束していくさまは、多少...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています